« 内側の男性性と女性性に気付くセミナー報告 | トップページ | 夢や目標を形にしていくオンラインZOOM講座のご案内 »

2020年3月 1日 (日)

相反する想念や感情で動けない時

数年前から内側の男女ワークというのをやっています。

内側の男性性と女性性に気付いて、現実を変えていくワークです。
まず自分自身の目標や課題、変わりたい・改善したい内容やテーマを設定します。出来たら一番困っている内容とか問題は大きい方が効果が高いです。

その目標やテーマが決まったら、それに関連している内側の男性性と女性性を探っていきます。

「内側の男性性と女性性」という名前にしていますが、大きく分けて、いくつかのパターンに分類されます。

①自分の内側の男性性と女性性
②インナーチャイルドと大人(現在)の自分
③過去の自分やトラウマが影響しているケース
④前世の自分と今生の自分
⑤親や誰かの影響やイメージと自分
⑥相反する自分

また別の機会に他の分類の説明をするとして、今回は⑥相反する自分についての説明をしたいと思います。

相反する自分

何か目標や夢があったとします。例えばですけれど、ダイエットをしたいとか、デザイナーになるために勉強をしたいとか。

運動不足なのでジョギングを始めたいとか、人と仲良く喋れる自分になりたいとか、何でも構いません。

そしてそれを実行したいと思っている自分とそうでない自分、相反する想念や感情に気づいていってもらいます。

★実行したい自分)タバコを止めたい。健康に悪いと思っている自分。
△実行したくない自分)タバコを吸うとほっとしたり安心する自分、ついタバコに手が伸びる。もう1本だけと思う自分。仕事が忙しくなったり、ストレスを感じるとタバコを吸いたくなる。意志力が弱い。タバコを吸っても、死なないと思ってる自分。喫煙所でタバコを吸っている時の雑談が楽しい・くつろげる。

顕在意識だけでなく、潜在意識や無意識の部分を含めて、実行したい自分 対 実行したくない自分の比率の高い方が勝って、それが現実化します。
実行したい自分の要素を増やさないと、タバコは止められないのですね。
これは他のどんな夢や課題や問題でも同じです。

タバコやダイエットですと関連している事柄は主に自分1人なので単純ですけれど、他の夢や目標だともっと複雑です。起業したいけれど、お金がないとか、家族が反対するとか嫌がってるとか。やりたいけど自信がないとか不安とか。

掘り下げていくと、自信がないのは子供の頃の出来事が原因で、②インナーチャイルドが関連していてインナーチャイルドワークになったり、③過去の失敗が思い出されて恐くなったりとか、失敗のイメージがこびりついていて固まってしまったり、⑤親にいつも「あんたは駄目な人間だ」と叱られたせいで成功するうまくいくイメージが出来ないとか、諦めてしまうせいだとか、色んなケースがあります。

色んなことが複雑に絡んで、夢や目標の方向に進めないかったりするのですね。
自分でだと相反する想念や感情で動けず止まってしまうのかもしれませんが、潜在意識や無意識の妨害する要素を掘り下げて、それらのことに気づけば、それらの相反する自分を調整していくことが出来ます。そしてそのバランスがとれてくれば、もしくは妨害する要素がなくなったり減っていけば、目標や夢、課題の方角へ向かっていくことが出来ます。

相反する想念や感情で動けない時、何が原因でそうなっているのかに気付くことができれば、それは解除できるのですね。

問題は大きい方がこの男女ワークの効果が高い理由は、悩みや困っている度合いが大きい程、一生懸命この内側の男女ワークをやってくれるからです。

内側の男女セミナーの後、日常生活でどれだけ自分が内側の自分に気づいて調整しようと努力してくれるかで、成果が変わるのですね。

内側の男女入門セミナーですと2日間必要なのですけれど、今度この相反する自分に特化したオンラインセミナーなら簡単に出来そうだと今日思いつきましたので、3月にでも試しに開催してみようかと思います。

今、新型コロナの騒ぎの真っ最中なので、対面でのセミナーよりオンラインセミナーの方が気軽に参加できるのではないかと思います。
また詳細は決まり次第、お知らせしますね。

|

« 内側の男性性と女性性に気付くセミナー報告 | トップページ | 夢や目標を形にしていくオンラインZOOM講座のご案内 »

内側の男女ワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内側の男性性と女性性に気付くセミナー報告 | トップページ | 夢や目標を形にしていくオンラインZOOM講座のご案内 »