« 音と風水のワークショップ | トップページ | 風水のワークショップ報告1 »

2007年2月10日 (土)

透視は面白い

お客様に透視リーディングをしていて、面白いと言われることがあります。人によって感じ方も違うのでそれぞれですが、私もスクール生の頃、同期生や先輩達に透視リーディングをしてもらい、時々面白いと思ったものでした。今は自分がするほうなので、どんな風に面白いのかよくわからなくなってますが・・・・面白いです。

透視リーディングと言っても、私の場合、透視したらその人の部屋や家族の様子がそのまま見えるわけではありません。そんなものが見えたら恐いと自分でブロックをかけているので、ぼやけた様子で、質問されたことについて、なんとなくその人の彼の様子やら勤務先での周りの様子などがボンヤリと見えたり、思っていることが感じられるという形です。質問者のお父さんの顔がはっきり見えたなんていうのは、稀にしかありません。

透視リーディングで見える映像には、2種類あります。質問があなたの奥さんについてだったら、奥さんの(かなりぼやけた)映像が見え、質問に直接関係する人や状況などが見えるのが1つ。もうひとつは、一見質問に関係ないような、象徴的な映像が見えます。

象徴的な映像の場合、その質問に何か関連していることが形となって見え、説明を加えないと本人はなんのことやらわからない場合がほとんどです。

クレアボヤンスのインターン生の頃、インターン生のある人に私の第2チャクラ=感情面に関係することを見てもらっていました。その人は、目をつぶり、何か紙のようなものが見えると言い始めました。

か、紙??なにそれ?(※私の思考を青で表示しています)

更に、紙に見えたのは、カーボン紙だと言われました。

カーボン紙??書くと下の紙に複写される、あのカーボン紙?領収書とか?不可解だ・・・。

彼女はカーボン紙の説明をしてくれました。あなたは、他人の感情や思いをカーボン紙のようにコピーして読み取り、(他人の感情や思いを)まるで自分の感情であるかのように感じる癖があります。人のことを理解する上で、それは有効な方法でしたが、今はもう必要がないので、手放しましょう。

・・・・。

思い返してみると、そうでした。私は他人の感情を自分の感情のように感じる体質だったのです。例えば近くにいる人が悲しんでいたら、突然自分が理由もなく胸が痛くなって悲しい気分になったり、肩こりの人がそばを通ると、自分も急に肩こりになったりと、他人の感情などが自分に写ってしまう体質の人間だったのです。そのスクールに通うまでは、他人の感情と自分の区別がつかなくて、大変でした。

カーボン紙って、いったいなんのことかと思ったけど、当たってる!!

カーボン紙のように他人の感情を複写して、自分の感情のように感じる・・・・。

うまい表現だ!!面白い~!!そして、今はもう人の感情をいちいち自分で感じなくても、透視などで見ることが出来るようになったので、そんな苦しい思いをしなくてもよくなったのです。もう必要がないというのも当たっていました。

カーボン紙は、私の感情の読み取り方、感じ方の象徴でした。カーボン紙は直接問題に関係ないけれど、私の状態の何かを表しているのです。

そして、もう1つ。質問の答えなどが直接透視リーディングで見える場合もあります。

同期生とお互いの透視リーディングしていた時のこと。彼女は私のオーラの中に、私の父のエネルギーが入り込んできているのを教えてくれました。

「あなたのお父さん・・・。」

そして、突然言いました。

「眉毛!!太い眉毛が見えます!!」

それを聞いて、私は思わず笑ってしまいました。顔は見えないけど、太い眉毛だけが見えてきたらしいです。私の父は眉毛の濃い人で、顔の特徴と言えば、太い眉毛と眼鏡だったからです。父のお父さん=おじいちゃんも眉毛の長い人でした。眉毛が長くて、目にかかっている位、長かったのです!!眉毛がたぶん4センチ位あったでしょうか。子供の頃、私はおじいちゃんの長い眉毛が不思議でしょうがなかったです。父の家系は、どうやら眉毛が長いか濃いみたいです(なんでそこだけ似たのか、お陰で私も眉毛は太いです・・・母のほうに似たかったです)。父の特徴である、太い眉毛が見えるなんて、透視というのはなんて面白いんだろうと思ったものです。リーディングをしてくれたのは同期生でしたが、彼女はもちろん私の父のことなんて一切知らないし、そんな話などしたこともありませんでした。誰が父は太い眉・・・なんて話をするでしょうか。父の写真を持ち歩いたことなど一度もないので、間違いなく、透視であの眉毛が見えたのでしょう。

最近、自分は透視リーディングを受ける側でないので、よくわかりませんが、透視リーディングというのは、占いとはまた違ってて面白いものです。皆さんも機会があれば、どこかで1度試してみてはどうでしょう?面白いかもしれません。

|

« 音と風水のワークショップ | トップページ | 風水のワークショップ報告1 »

オーラ、透視、チャクラリーディング」カテゴリの記事

コメント

カーボン紙という表現にうなずき、太い眉毛のお父さんに笑ってしまいました^^

投稿: びぃナス | 2007年2月11日 (日) 02:15

びぃナスさん

太い眉毛・・・この話題を昨日(あ、日付変わってしまいましたね)ブログで書いたと思うのですが、今日ワークショップで会った人に私の眉毛に関することで説教されてしまいました(説教というのは冗談です)!!話の中で、突然何を思ったのか、私の眉毛の話を始めたのです。私の眉毛について語る人間・・・そんな人はたぶん初めてでしょう。よく見たら、なんとその人も父とそっくりの三角眉毛だったのです。名前は知らなかったけど、10年以上前にインドで会ったことのある人でした。いったい何なのでしょうか!?

話題に出すと、それに関連した人が現れるってこと?人生って不思議ですね・・・。

投稿: あまりん(三角眉毛同好会) | 2007年2月12日 (月) 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 音と風水のワークショップ | トップページ | 風水のワークショップ報告1 »