« 得意な分野? | トップページ | 思い出せません »

2006年1月 9日 (月)

体外離脱体験

私は高校生の頃に1度だけ体外離脱体験をしたことがある。前世療法などをやると毎回確かに体から抜けて上に上がっていくが、これは死んだ時の記憶だから、生きている間に体を離れるのとは違います。皆睡眠中の夢を見ている時には体から抜けて、あちこちいっているらしいが、私の場合自覚症状がないので、ただの夢で終わっている。

その体外離脱をした時に何をしていてそうなったかというと・・・・

その当時、ちょうど瞑想の本を読んでいて、意識する、目覚める、何をしている時にでも自覚を持ってとか、そういう内容が頭に入っていた。夏休みでバスに乗るために走っていて(時間がなくてよく走ります・・・)、バスには乗り込めたのだが、走っていて急に止まったため、しばらくして貧血になってしまったのでした。バスの椅子の取っ手を握り締めたまま、貧血に・・・・だんだん景色が真っ白になっていく中で、何故か読んでいた瞑想の本の内容を思い出し、意識するんだ、よく見るんだ、覚醒するようにと意識しながら、貧血になっていく様子を見ていたら、バスの中で立ったまま手摺をつかみ、そのまま硬直して意識を失ってしまった。脇にかかえたバックを下に落としたらしく、誰かが落としましたよ、と声をかけてくれたが、応答なし(気を失っていたので)。何回か呼びかけてそれでも返事がないので、これは大変ということで、周りに何人か集まってきて、硬直して固まっている私の指を手摺から1本1本はがし、どなたかが私を抱きかかえて後ろの後部座席まで横になれるよう運んでくれた。意識を失っていたのに、どうして私がこれを知っているかというと・・・・・・・指を手摺からはがされるところらへんから、私はそれをなんと上から見ていたからだ。指がなかなかはがれない様子、今まで座っていた男性が突然立ち上がり、抱きかかえて私を運んでくれたこと、白っぽくなった気を失ってる私の顔をはっきりと見ることが出来た。普段鏡とか写真とかビデオなど以外で自分の顔を見ることはないので、不思議な光景だった。バスの天井あたりから自分自身を見ていたようだ。

救急車が呼ばれ、大丈夫ですかという声で、意識が体に戻り、目覚める。(ここで普段の体に意識が戻る)いつもの貧血なので大丈夫ですと答えたが、念のために検査することになり、救急車に乗る。救急車で運ばれたのも初めての経験だ。結局検査で特に悪いところもなかったようだ。

それ以来、体外離脱をしたことはない(あったとしても覚えていない)けれど、一度体験したのでそういうことはあるんだという理解が生まれた。でもあれはどうして起こったんだろうか?よくわからないけれど、瞑想とか意識に何か関係があるんでしょうね。人間とは実に不思議な生き物ですねー。エーテル体とかアストラル体とか肉体以外にもいろんなボディーを持っていて、どのように機能するかなどは、今のところ私には全然わかりません。今後何かわかったら、報告いたします。

|

« 得意な分野? | トップページ | 思い出せません »

不思議なこと」カテゴリの記事

瞑想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体外離脱体験:

« 得意な分野? | トップページ | 思い出せません »