« 個人セッション料金のお知らせ | トップページ | 分かち合い »

2005年12月20日 (火)

陰陽師

スクールのヒーリング(エナジェ)の授業の時に、パートナーになった人のヒーリングをしていて、とても不思議なものを見ました。その人はなんと!

私が初めてオーラのようなものを見たのは、中学生の時だった。当時私が気に入っておこずかいで購入したマダガルカルジャスミンの植物を、夕方ボーっと眺めていた時でした。まだ花が咲いている時期ではなく、葉っぱだけだったのだが、見ていると、葉の周りに白いエネルギーの細かい線(気?)が動いているのが見え始めたのでした。

今でもまだ肉眼では色では見えず、白い色で見えたりします。オーラの元の色というのか、全部の色が混じると(オーラは)白っぽく見えるとか聞いたことがある。たぶん私がオーラらしき物を見たのは、これが初めてだと思います。

その後は、稀になんとなくこの人赤っぽいとか、くすんでいるとか、その程度しかわからなかった。オーラや透視のスクールに通い始めてからは目をつぶればオーラリーディングもできるようになったが、肉眼では今でもほとんどまだオーラの色は見えていない。

ただ何かの拍子に稀に見えることがある。スクールのヒーリング(エナジェ)の授業の時に、パートナーになった人のヒーリングをしていて、びっくりするようなのを見たことがあった。ヒーリングといっても、もろ肉体にタッチするのではなく、体の10cm~20センチ離れたところのネガティブなエネルギーなどを取り除いていくのだが、その人の足をヒーリングしていて驚いた!な、なんと!その人の片方の足が真っ黒で、もう片方の足が真っ白だったからだ。もちろん肉体である足が黒と白(オセロ?)だったのではなく、その人のエネルギーの足が真っ黒と真っ白だったのでした。そんな妙な足は初めて見たので、驚いてしまって、相手にそれを伝えると、そうだと言うではないか。

taikyoku1 話を聞くと彼女は陰陽師の家系で、詳しくはよくわからないが修行か何かをやっている為、白と黒で合っているというのだ。白と黒は陰陽の印であるらしい。そして、なかなかよく視える人だねと言われ、なんだかよくわからなかったが、白と黒の足については納得することが出来た。陰陽師というのは安倍清明だけかと思っていたが、現代でもいるのですね。びっくりでした。

あれ以来、オセロやパンダの足をした人は見た事がありません。普段から、オーラが見えるようになると、もっともっと不思議なものを見ることができるんだろうと思います。もっと見えるようになりたいなあ~。

|

« 個人セッション料金のお知らせ | トップページ | 分かち合い »

不思議なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師:

« 個人セッション料金のお知らせ | トップページ | 分かち合い »