カテゴリー「スピリチュアル」の52件の投稿

2016年10月25日 (火)

来月、ダライ・ラマ法王の講演に行きます!!

来月、ダライ・ラマ法王の講演に行くことになりました!!

ダライラマ法王に実際に(今世で)お会いするのは初めて!!
2016年で一番の喜びの出来事になるかと思います。

私は前世でチベットで僧侶だったことがあるので、いつかお会いしたいと思いつつ、何故か講演に行ったことがなかったのですね。

ダライ・ラマ法王 横浜講演 2016 『思いやりのこころ―幸せへの鍵』

◆ 開催日程:2016年11月17日(木)

◆ 会場:パシフィコ横浜 国立大ホール

◆ 開催時間:講演 13:00~15:00 (開場 11:30)

ローソンチケット、チケットぴあで販売しています。

思いやりを育む方法はいくつもありますが、大切なのは真の意味での共感、つまり、他者の痛みを感じる能力です。他の人への温かい心を育むことが人生で成功を収める究極の秘訣です。思いやりのある人のまわりには、打ち解けた良い雰囲気が生まれます。それは、誰もが受け入られ理解されていると感じられる、とても温かい雰囲気です。温かい心があれば、見知らぬ人と接するときですら落ち着いていられます。

思いやりは人間に与えられたすばらしい能力です。思いやりという貴重な心の働きがなければ、個人の幸福も社会の調和も実現しません。愛、優しさ、親しみや思いやりといったものこそが、わたしたちに幸せをもたらしてくれるのです。

講演案内:『思いやりのこころ―幸せへの鍵』"Compassion - The Key to Happiness"より

続きを読む "来月、ダライ・ラマ法王の講演に行きます!!"

| | コメント (0)

2016年5月26日 (木)

カルマの糸

  5月はスパイダー(蜘蛛)のアニマルエッセンスを飲んでました。

  スパイダーのアニマルエッセンスを飲んだら、やたらチャンスがやってきたという話を聞き、一度試してみたいと思っていたエッセンスでした。クモの糸でいろんなものを引き寄せるのでしょうね。

  でも波動療法、エッセンスなどの効果は人によって全然違うらしく、パンフレットなどに書いてあるのは一般的なことが載っているだけなので、人によって全然違うことが起こったりします。

  私の場合は、無意識の層に残っていた、意識もしてなかった誰かとのカルマ解消に役立ったみたいです。今世で一番私に苦しみを与えることに成功した人物というのがいまして、今世で会った今までの苦手な人物、その当時の嫌いな人物、意地悪な人物、苛められた全員を足しても(百人位はいるでしょうか?)、その人、1人に敵わない位、ひどく苦しみました。

  私にとって、その人物は貧乏神か疫病神かのどちらかで、会うこともなくなった2013年以降も、半年や8か月おき位にその人ともめた内容と関連した不幸が(その出来事の結果として)降りかかり、ショックを受け、もう忘れていたのに思い出したりするのでした。

  もう会うこともないと思うのですが、もやもやして見えないところでカルマが残っていたのでしょう。無意識の層で、クモの巣のようにひっかかってカルマが残っていたらしく、たぶんそれが綺麗に消えたと思います。

続きを読む "カルマの糸"

| | コメント (0)

2014年10月25日 (土)

家を浄化する方法

家を浄化する方法について書いてみたいと思います。 プレアデス 覚醒への道  アモラ・クァン・イン(著)に書いてある方法です。

自分の住んでいる家、部屋、職場など、場のエネルギーを綺麗に浄化しておけば、嫌な人や悪い事柄を引き寄せにくくなり、居心地良く、過ごしやすくなると思います。

お掃除・片付け・整理整頓・物を捨てたりすることによっても家が綺麗になり、浄化されますけれど、エネルギー上の家の浄化も一度試してみてはどうでしょうか?

方法は下記になります。

続きを読む "家を浄化する方法"

| | コメント (0)

2013年2月13日 (水)

スピリチュアル系の変な感覚

2012年の8月にセッションを受け、私が極端に疲れたりする理由は瞬間的に高次元のところにアクセスしているせいだと言われました。数分とか数秒とかで急激に疲れ、ぐったりしたり、立ったり座っているのもしんどくなり、横になっていたのでした。

9月からはアドバイス通り体に意識していたら、もうそのように瞬間に消耗してガクッと疲れることはなくなりました。9月からもうその回路は閉じてたのだと思いますが、おとついくらいから、ほんの少しまたその時のとても軽いバージョンの感覚がしたので、あれ?と思っていました。

昨日はちょっと額や目の周辺のオーラの位置の感覚がおかしくなったり???

今日は、額の奥がちょっと(光って)痛くなったり、また例の波動というのか、高アンテナが額から上に向かって広がっていて信号を受信して(?発信して?)る様な変で奇妙な感覚がしたりしました。今はやっと止まったようです。

いったい何なんだ?あれは?

まあ、とにかく今は納まり、普段の私に戻ってきました。

また今度そんな風になったら、それは何なのか探求してみたいと思います。

今日はスピリチュアル系でよくある変な感覚について書いてみたいと思います。

続きを読む "スピリチュアル系の変な感覚"

| | コメント (2)

2012年9月19日 (水)

サイキックコード

誰かとエネルギー的につながっているのを感じたことはありませんか?

恋人同士はハートやセクシャリティと関連する、第4チャクラと第2チャクラでつながっていますし、赤ちゃんと母親もエネルギー上でつながっています。

知らないところでエネルギーではつながって、お互いのエネルギーの交換をしているのですね。

エネルギーでつながっているのにもいろいろあります。

特定の誰かといると、いつも疲れるとか、消耗するとかなら、知らない内にその人にエネルギーを吸い取られてることだってあるのですね。

このようなエネルギーのつながりのことを、エーテルコードとかサイキックコードとか、いろんな名前で呼ばれています。

誰かに依存している場合にもこういうコードでその人とつながっています。

お互いつながりあって、良い形でエネルギーの循環をしていることもあれば、悪い形でつながっている場合もあります。

続きを読む "サイキックコード"

| | コメント (0)

2011年6月 9日 (木)

額のチャクラ(第6チャクラ)

ゲリースクールのアカシック専科に通っていた頃の話です。

ゲリースクール専科の宿題で「上部のチャクラをクリアにする呼吸法」というのを2週間やった後、首から上だけが38度8分で、肩から下の体は平熱・・・という妙な現象が起きました(詳しくは2009年12月1日、チャクラの呼吸法と熱(8月)をご覧ください)

上部のチャクラは第5チャクラが首、第六チャクラが額、第7チャクラが頭のてっぺんにあるので、その呼吸法をやったら第5、6、7のチャクラの通りがよくなったのか、首から上だけ熱が出るという奇妙なことが起こってしまったのですね。

その呼吸法は効果があったようです。ちゃんと首から上も平熱に戻ったのはその3日後だったのですが、その後、続きがありました。

平熱には戻ったのですが、しばらくして今度は頭がクラクラするようになりました。

「上部のチャクラをクリアにする呼吸法」の前に「第3の目のチャクラ(額の第6チャクラ)を開く呼吸法」というのを2週間やっていました。

今度はまるで額に小型扇風機がくっついているかのように、額から額の前の空間がクルクル回るのです!!まるで額に扇風機がくっついているかのように、何かが回転するので、頭がクラクラするのです。(変な話ですみません)

回る~、回るぅ~typhoon
(お酒を飲んだり、ジェットコースターに乗ったわけではありません)

チャクラとは、サンスクリット語で、「回る車輪」を意味します。チャクラというのは回転しているのですね。「第3の目のチャクラを開く呼吸法」をやったせいで、勢いよく額のチャクラが回り始めたのか、頭がクラクラし始めました。

続きを読む "額のチャクラ(第6チャクラ)"

| | コメント (2)

2010年6月 1日 (火)

愛の源泉

世間一般で言われている愛の定義とは全然異なったことを私は仏陀フィールドで教わってきました。それを自分で実践するのは難しくても、世間で言われている愛というのが『本当の愛』ではないことだけは理解しました。

相手を束縛したり、操作すること、所有、嫉妬と愛とは何の関係もありません。仏陀フィールドで、コミューンでは、嫉妬は『自分のエゴ』だと教えられてきました。本当の愛とは、相手に何の条件も付けずに、完全な自由を与えることです。

自らの内側に愛の源泉を見いだした人々は
もはや愛されることを必要としない
だが、彼らはまさに愛される

彼らが人々を愛する理由は簡単だ
ただあり余る愛を持っているからだ
何の見返りも期待せずに
まさに雨雲が雨を降らせたいと望むように
まさに一輪の花がかぐわしい香りを放ちたいと望むように
愛の報酬は愛を得ることにあるのではなく
愛すること自体にある

愛するだけで報われている人は大勢の人に愛される
それは生の神秘だ
なぜなら、その人に接することによって
人々は少しずつ自分の内側に愛の源泉を見つけはじめるからだ
愛を降り注ぎながら
しかも、その愛がどのような必要からも生じていない人―
彼らは今、少なくともひとりは、そのような人を知っている

愛を分かち、愛を降り注げば
愛はさらに育ってゆく

 ゴールド・ナゲッツ OSHO

続きを読む "愛の源泉"

| | コメント (2)

2010年5月31日 (月)

毛布と安らぎ

スピリチュアルレッスンの27日目(5月27日木曜)にある本を読んでいました。

ゆったりとした毛布のように
世界を身にまといなさい。

 不安な時に、「大丈夫よ」と毛布をかけてくれる人がいる。
 そのやすらぎ、毛布は自信、毛布は信じる力。
 不安な人は、「大丈夫よ」と毛布をかけてくれる人を探している。
 まず自分を信じなさい。
   
ネイティブ・アメリカン 聖なる言葉
    ブラックウルフ・ジョーンズ&ジーナ・ジョーンズ(著)

   

私が眠るのが好きで、眠りすぎる癖があったのは、現実逃避したいせいもあったのですが、寝ている時に毛布や布団、タオルケットなどにくるまっていると、とても安心するからだったのですね。

その安らぎを求めて、何日も眠り込んだりしていたのです。でも寝すぎると、頭が痛くなったり、逆に体調を崩して疲れます。それでも眠り込むのをやめられなかったのは、あのぬくもりを感じたかったせいだと思います。

なるほどね~!!毛布や布団、タオルケットなしでも、自分を信じて安心できればいいんだ!!そうすれば、寝すぎて逆に体調を崩してヨレヨレにならなくてもよいかもしれない!!
※現在も寝るのは好きですけど、そこまで極端に何十時間も寝込むことはなくなりました。

なるほど、なるほど!!そんなことを考えた次の日、友人のブログを読んだら、なんと5/27(木)に「安心と包まれるエネルギーを自分に与える」というタイトルで、自分をナデナデしてあげたり、ガーゼかタオルの薄いのを体の上から掛けてあげると体が包まれた感覚になり、安心するという内容が書かれてありました。

私がネイティブ・アメリカンの本の毛布のページを読んだ日です。またシンクロでしょうか・・・・。

続きを読む "毛布と安らぎ"

| | コメント (2)

2010年5月28日 (金)

スピリチュアルレッスン最終日

本日はスピリチュアルレッスン最終日、土の週、28日目です。

5月1日からやり始めたこのレッスンは満月の今日で最終日となりました。

そう言えば、22日からの火の週になってから、全然ブログを更新していませんでしたね coldsweats01

体の浄化の火の週になってから、それまでの3週間と違い、精神的には比較的落ち着いた週でした。ただ、私にとって、体とのつながりを深めること、小さい頃から続いてきた体に対しての取り扱い方を変えるというのが結構難しいのに気が付きました。今までの体の習慣のせいで、このレッスンで癒された後も、満たされ、自信を持った様子や態度を体で表現していないままだったりすることがあるのですね。

体の癖で、今までのようにどこか自信がないような、元気がない態度や振る舞い、姿勢をしていると、心のほうも、それに従うみたいで、そのような気分になってくるのです。

今まで私は体とのつながりはあまり感じず、意識しないでずっと来ていたので、精神的には癒されていても、体のほうを意識しないでいると、気が付いたら体勢や態度が以前のままになっていて、その態度や姿勢をしていると、段々気分も落ちてきてしまうのですね。

この1週間、どうにか変容した新しい自分の意識を体で表現しようと、頑張ってきました。精神的には、今までの3週間よりずっと楽で穏やかなのに、その心情を「動作や振る舞い」にまで落として、体で表現するというのが意外と難しく、手間取っていました。

気分が晴れやかで、元気一杯!!そのような時もレッスン前よりずっと多くなってきているのですけど、体とあまりつながっていないため、気が付いたら、習慣で元気のない元の姿勢や体勢をしていて、それが続くと、だんだんそのような気分になってくるのですね。

気が付いたら、瞑想したりして、自信もついてきたを思い出し、体勢や態度もそのように振舞うようにして、元に戻ったり、気付いて修正したりというのを毎日繰り返していました。私にとってこの週の課題は結構難しかったようです。

動作や振る舞いを意識的に変えると、気分や気持ちもそのように変ってきます。

続きを読む "スピリチュアルレッスン最終日"

| | コメント (6)

2010年5月19日 (水)

恐怖と向き合う

スピリチュアル・レッスンは15日(土)からsun火の週、精神の浄化の週に入りました。

土曜は手当てかふぇに居る日だったので、レッスンを少しそこでやってました。

スピリチュアルレッスン15日目は、『恐怖と向き合い、信じる心をはぐくむ』のがテーマでした。

『自分が怖いと思っていることを列挙してください』とあったので、カフェで書いていました。

  • 私が怖いのは、人から評価されないこと
  • お客さんが少ないこと。お客さんが少なかったらどうしよう?
  • 人から相手にされないこと
  • 人から受け入れられないこと
  • お金がないこと
  • 人から非難されること
  • 人から仲間外れにされること
  • 人から認められないこと
  • 人から拒否されること

私にとって、お客さんが少ないこと=収入が減る=お金がないにつながります。

お客さんが少なくなって、お金がなくなったらどうしよう?安定して決まった金額が入ってくる会社勤めと違い、この仕事は毎日毎日、臨時収入のようなものです。そういう怖れというのはあるのですね。

お金のこと以外の項目は、人から評価されないこと、認められないこと、相手にされないこと、人から受け入れられないこと、非難されること、仲間外れにされること、拒否されること・・・・。全部同じ内容ですよね・・・・。人からどう思われるかがよっぽど怖いみたいです。

お金の怖れが1割だとすると、残りの怖れは人から拒否されたり、認められなかったり、非難されたりの項目が9割になるでしょうか。

デニス・リンさんが言っています。

恐怖にいい恐怖も悪い恐怖もありません。それはただの恐怖であって、あなた自身ではないということを覚えておいてください
 スピリチュアルレッスン デニス・リン(著) Day15

確かに!!良い恐怖というのはないかもしれません。

ちゃんとその恐怖と向き合おうと思い、どうしてそのような怖れがあるのか、少し考えてみました。

続きを読む "恐怖と向き合う"

| | コメント (4)

より以前の記事一覧