« 内側の男女ワークと今後について | トップページ

2019年5月25日 (土)

高次の存在からのアドバイス~DIY・戸車の交換~

何ヶ月も前から引き戸の閉まりが悪くなって、戸を閉めたり、開けたりするのが大変になり、引っ張ってギーギー音が鳴りながら引き戸を締めていましたが、先月からとうとうものすごく力を入れないと戸が閉まらなくなりました。しかもすごい騒音がするように・・・。

インターネットで検索すると、業者に頼む、戸を外して戸車を掃除する、引き戸の戸車が壊れているので交換する、レールを交換するなどの方法が書かれていました。

業者に修理を頼むと出張になるので、たぶんですが少なくても1~2万はかかる。5月は沖縄の離島、宮古島に行く予定で余分なお金を出せない (使うならその修理代ではなく、宮古島で使いたい)ので、仕方がないので、戸を外してみたら、戸車が壊れていて、それで戸の一部が削れていました。

ハマっていた戸車と同じサイズのものを買ってきたつもりだったのだけど、はめてみようとしてもはまらず、面倒だったので戸はそのまましばらく外したままにして、宮古島へ行ってきました。(楽しかった宮古島の記事はまた気が向いた時に書きます)

そして昨日からやっと戸車を取り付ける作業を開始しました。新しい戸車を取り付けるためには少し戸を削らなくてはならないことが判明し、100円ショップで買っていた彫刻刀で少し木の戸を削り、戸車をはめて、戸を取り付けようとしたけれど、レールにはまらず。うまくいかないので、昨日はそれで止めて、今日また再開しました。

戸を削って、戸車を取り付け、戸を取り付けてみようとする。でも駄目。また戸を外して削って、再チャレンジ。戸車2つの内、1個の方はハマるのだけど、片側がはまらない。戸が微妙に歪んでいるせいなのでしょうか。また戸をちょっと削って。。。合計10回位やったでしょうか。重い戸を持ったりしてちょっと疲れてきたので、最後の時に何故かふと思いつきました。ヒーリングの時に、ヒーリングマスターを呼ぶように、DIYの時もそれに詳しくて、超初心者にも優しく教えてくれる高次の存在に聞いてみればよいのではないかと!!

 

そして「DIYの専門の存在で、超初心者にも丁寧に教えてくれる人に来てください」と心の中でお願いし、「どうしたらよいのでしょう?」と尋ねてみました。

その後はDIY専門の高次の存在に来てくれるようにお願いしたこと、尋ねたことは忘れて作業をやってました。

引き戸を削っていると、「そこは削りすぎないように。ほんのちょっとだけ削って。」とか「ここを広めに削れ。」とか言葉が微かに浮かぶので、なんだかよくわからないままにそのようにやってました。「よし。」と聞こえたような気がして、削るのは止め、戸車をはめ、再度戸の取り付けにチャレンジしてみました。

やっぱり片側の戸車がレールに引っかかって取り付けられなかったのですけれど、「あともう少し!!もうほんの少し戸を上に持ち上げて、もう一度はめてみて。」と心に浮かんだ気がして、やってみたら、見事に戸がハマり、取り付けられました!!成功!!

なんだか狐にでも化かされたような妙な気分でした。でもうまくいった!!

私はDIYなんて過去にごく簡単なスリッパ入れと薬味入れを作ったことがあるだけ。薬味入れは、スノコをちょっとノコギリで切り、100円ショップで買ってきた木箱をボンドでくっつけただけ。その余りのスノコでスリッパ入れを作っただけ。

他に木製のもので作ったことのあるのは、学校で本棚1個(ちょっと歪んでました)を作ったことがあるだけで、見事にDIYは超入門、初心者です。9日間の宮古島滞在でお金を使ってしまい現金がないので、修理屋に頼まず、やってみただけでした。

この不器用な私が10回目位のチャレンジで最後に出来たのは、その高次の存在が教えてくれたせいだと思います。
それなら最初から聞いとけばよかった!!

とっても困ってる時とか、ヒーリングの時だけでなく、戸車の交換・引き戸の取り付けのアドバイスをしてくれる見えない存在がいることにびっくり!!

皆さんも何かの時には問いかけてみてはいかがでしょう?
誰か高次の存在が助けてくれるかもしれません。

 

|

« 内側の男女ワークと今後について | トップページ

不思議なこと」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内側の男女ワークと今後について | トップページ