« 明けましておめでとうございます | トップページ | 内なる男性性と女性性のワークのモニターセミナー »

2018年1月 6日 (土)

考えたことは現実化する

去年の秋から私は自分の内側の男性性と女性性のワークの癒しをやっています。

思い返してみると、その癒しのワークをやり始めた頃から、急に私が頭の中で考えてたことが急に現実に起こってしまったり、それと関連したことが起こるようになり、実のところ、去年の9月~12月は当惑していました。

強く考えてたこと、それを強く望んでいると思っていたこと。 確かに強く願ったり考えたりしてましたが、叶ってみるとそれは今ここで体験したいことではなかったり、現実に起こってしまうと困る部分があったりで、今後は自分の思考には注意しないといけないと反省しました。

実際に叶って欲しくないことは何度も考えると危険だということが判明しました。

秋から急に自分の考えたことが起こったり、それと関係したことが起こったりしたのは、その自分の内側の男性性と女性性のワークの癒しが順調にいっているせいだと思いました。

癒しが進むと現実化が段々速くなってくるので、今後は自分の言う言葉、考える内容には気をつけます。

そんなにひつこく考えたことではないことでも、何回か考えたら本当に起こってしまったりもしました。

例えば、あばら骨。
12月に入って急に寒くなりました。前の冬に使っていた暖房はカーボンヒーターとか足元を暖めるもので、特にすごく寒かった記憶はありませんでした。でも12月に入って寒くなったら、その体の一部だけが温まる暖房では部屋が寒くて、部屋全体を暖めるタイプの暖房が必要になってきました。ガスヒーターは持っているのですけれど、ガスヒーターやエアコンの暖房をつけると部屋が乾燥するので、加湿器が必要になります。そしてなぜか私が今まで持ってた、購入した加湿器は、2シーズン目になると必ず壊れるのですね。寒いのでガスヒーターをつけたいけど、今持ってる加湿器では加湿が足らず(前のシーズンでは途中からカーボンヒーターにしたので加湿器は使わなくなった)、新しく加湿器を買わなくてはならない。→めんどくさい。→でも寒い。

今の加湿器を使って、ガスヒーターをつけたらどうなるか?
私は喉がすごく弱くて、お香1本やタバコ1本の煙で咳が止まらなくなることがある位です。

何年か前に宿泊した施設の暖房がエアコンで、加湿器がなく乾燥していたため、ひどく咳き込んで数日過ごしていたら、咳のし過ぎであばら骨にヒビが入ってしまい、すごく痛い思いをした経験が一度ありました。

今の加湿器でガスヒーターをつけたら→また乾燥で咳が止まらなくなって、あばら骨にヒビが入って痛くなったらどうしよう!!

部屋が寒いなあ!!→ガスヒーターをつけたいけど、加湿器を買いに行くのが面倒だなあ。→今の弱い加湿器でガスヒーターをつけたら→また乾燥で咳が止まらなくなって、あばら骨にヒビが入って痛くなったらどうしよう!!

寒くなって、新しい加湿器を買おうか、とりあえず今の加湿器でガスヒーターをつけてみるか、寒いけどが我慢するかなどと何回かこれを考えました。

そうしたらですね。1週間もしない内に、椅子に座ってる時に床に落ちたものを拾ったら、椅子のひじ掛け(パイプ)にあばら骨をぶつけてしまい、その部分をちょっと伸ばしたりストレッチしたりすると痛くて、太極拳を休む羽目に。前にヒビが入った時のように、咳する度に激痛が走るわけではないけれど、左手を上げたり、その部分を伸ばすと痛むのですね。

またあばら骨が痛くなったらどうしよう!!

これを何回か考えただけで、本当にあばら骨の辺りが痛むようになってしまいました。ちなみに今世であばら骨が痛くなったことがあるのはそのヒビが入った時と先月の2回だけです。※治るまでの間。

説明すると長くなるので、この例しか書きませんけれど、こんな調子で、何気なく何回か思ったことが現実に起こってしまったり、強く考えたことが叶ってしまって、困ってしまったりが秋から頻繁に起こるようになってしまいました。

思い返してみると、もちろん考えた内容で、良いことも色々起こっています。
でも去年の9月~12月はどちらかというと、考えはしたけれど、叶っては困ることの方が多かったように思います。

アファメーションの言葉、自分が考えることには注意で、実際に叶っては困ることを何度も考えたり、積極的に考えるのは止めたほうがよさそうです。

考えたことは現実化する!

2017年はこれを実感した年でした。
今年はもっと上手く、楽しい方向でそれを使っていきたいと思ってます。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 内なる男性性と女性性のワークのモニターセミナー »

お金・現実化・豊さ・引き寄せ」カテゴリの記事

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明けましておめでとうございます | トップページ | 内なる男性性と女性性のワークのモニターセミナー »