« 天使の召喚 | トップページ | 無理せず、マイペースで »

2017年8月16日 (水)

インナーチャイルドを癒すワーク

インナーチャイルドを癒すワークを開催します。

2017年9月7日(木)、14日(木)、28日(木) 10:15~12:45(都内)

Child2_2

相手や周りの人に合わせすぎて疲れたり、自分自身が嫌になったりすることはありませんか?
自信がない項目はありませんか?
今のパターンがどうして出来たのかを理解し、より楽に自然にいられるように、自分らしさを取り戻すワークをしていきます。

[check]限定3名までの少人数制で、それぞれの課題や問題に合わせてワークの内容を構成していきます。

日時 2017年9月7日(木)、14日(木)、28日(木) 
10:15~12:45(都内)の全3回

内容
☆自分自身の性格、短所や長所、自信がない項目等の考察。
☆人に対して、きちんと自分の意見を言えますか?
☆何かいつも困ったりする事柄はありますか?
☆どんな自己イメージを持っていますか?
☆その自己イメージは現状にどんな影響を与えていますか?
☆インナーチャイルドとの対話
☆子供の頃からのトラウマや未解決の感情について
☆ありのままの自分を受けとめて、癒していく。
☆自分自身の信頼や自信を取り戻すワーク

※参加者の癒したい項目や課題に合わせますので、参加者によって内容が増えたり、若干変更になる可能性があります。

日時 2017年9月7日(木) 10:15~12:45
          9月14日(木) 10:15~12:45
          9月28日(木) 10:15~12:45

場所 JR埼京線 浮間舟渡駅より徒歩3分。
(JR埼京線 新宿駅から20分、JR東京駅から35分の場所です)
住所:東京都板橋区舟渡1丁目13番10号 アイ・タワー2F
板橋区立企業活性化センター 会議室

料金 3万円(税込み) 事前振込み。 
申し込み後、1週間以内に指定の銀行口座にお振込みいただきます。
(三菱東京UFJ銀行、楽天銀行)
※1週間前からキャンセル料金100%がかかりますのでご了承ください。

定員 3名(残り2名までの募集)

持ち物 筆記用具。

備考 インナーチャイルドを癒すのを助けるアニマルエッセンス3本付き

セミナーの申込み&問合せ http://shantishanti.info/fwd3/Seminar

|

« 天使の召喚 | トップページ | 無理せず、マイペースで »

お知らせ」カテゴリの記事

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(④を導く根拠に①②を用い、③は④を補強)、どのように思われますか。

① 『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧で、自己修復機能まで有します。

 こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。

② 『物質(原子)は誰が作ったのか』

 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

 中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

 こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

 (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。)

③ 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。

 (胎児の成長過程で一時的に見られる「尾っぽ」とか「指の水かき」は進化の記憶でしょうか。)

④ 『私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしていますが、実は、今の世界は実在しない虚構であり、実在する本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

 (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。

投稿: どう思われますか | 2017年9月11日 (月) 11:52

八は固、七は液、六は気、五はキ、四は霊の固、三は霊の液、二は霊の気、一は霊のキ、と考へてよいのぢゃ。(白銀の巻 第1帖)

今の科学は科学のことは判るが、それより上のことは判らん。今の科学はあるものがあると云ふことだけしか判らんのぢゃ。(春の巻  第33帖)

物の文明、あしざまに申す宗教は亡びる。文明も神の働きから生れたものぢゃ。(黄金の巻  第97帖)

ここまで開けたのも神が致したのぢゃ、今の文明なくせんと申してあろうが、文明残してカスだけ無(のう)にいたすのぢゃ、取違ひ慢心致すなよ。(風の巻  第5帖)

★ どう思われますか。

投稿: 7回目の終了です(その1) | 2017年9月11日 (月) 11:54

確かにカテ違いですね。初歩的ではなく、難しいことなので返事が遅くなりました。
遺伝子DNAは誰が作ったのか?
大変申し訳ございませんが、私の場合、アカシックリーディングで見れるのは、個人の今世、前世の情報位で、地球がどうやって出来たのかとか、歴史、遺伝子がどうやって作られたのかなどは現時点ではまだよめていません。

地球での進化の過程で、ある時代(時期)に宇宙人がやって来てDNA操作をして進化を速めたというのは聞いたことがあり、そうだと思います(勘です)が、遺伝DNA自体全部・物質(原子)は創造の過程の中で作られていったものではないかと思います。

昔、瞑想状態の時に自分の肉体の実体は光や波動、粒子や何かが360度飛び交っているだけ、本当は固形物ではないというのを体験したことが一度ありました。自分の肉体というのは本当は中身スカスカなのを体験しました。その時に「原子は極めてスカスカで何もない空間がほとんど」という意味がよくわかりました。 肉体や机、石なども全部そのようにできていて、固形物のように思えるけれど、ある側面から見ると、実はそうでなく、中はスカスカなのです。肉体も、いろんな身の周りの物も、宇宙も同じ物質?で出来ているのだなと理解しました。

「この世界はマーヤ、幻想である。」というのはそういう意味なのではないかと思います。自分たちが実際に知覚して、体験していると思っているものとは違うという意味なのではないかと思います。

地球外のいろんな世界のことも今の私にはまだわかりませんので答えになってないかもしれませんね。わかる範囲で書いてみました。何かほんの少しでも参考になればと思います。

投稿: あまりん | 2017年9月15日 (金) 16:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天使の召喚 | トップページ | 無理せず、マイペースで »