« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

現在と子供の頃の自己イメージ

皆さんは自分自身に対してどんなイメージを持っていますか?

現時点での自己イメージはどういうものでしょうか?リストにしてみてください。

そして、子供の頃に持っていた自己イメージはどんな内容でしょうか?これもリストにしてみてください。

なぜ現在の自己イメージと子供の頃の自己イメージの両方を書いてもらうかというと、子供の頃と現在の自己イメージが全然違っていて、今は良い自分のイメージが沢山ある人でも、幼少期や子供の頃の自己イメージというのは強烈で、現在ほとんど意識していなかったとしても、無意識下でずっとその自己イメージを持ち続け、現在に強く影響していたりするものだからです。

私が自分自身を癒す過程で、一番苦労したのは、無意識の層に残っている子供の頃の悪いイメージを癒すことでした。現在とは全く違っていて、そんなことがあったことすら忘れていても、無意識の層ではまだ人間関係で苦しんでいる自己イメージのカケラが残っていたりするのですね。そしてその子供の頃の悪い自己イメージが現在の自分に悪い影響を与え、良くない出来事を引き寄せたりするのです。

続きを読む "現在と子供の頃の自己イメージ"

| | コメント (0)

2014年11月29日 (土)

無意識の層に残っていたもの

ここ何十年かずっと癒し続け、やっと無意識の奥の層に残っていた子供の頃の思い、感情というものを癒すことが出来ました。

そのお陰で気力がなくなる癖はもうほとんど消えてしまったみたいです。たぶんこれ位ならやる気がない時でもちょっとで、普通の人のレベルなのではと思います。

これは私の問題では一番大きな根深い問題だったので、とてもしぶとかったです。
「もう大丈夫になった」と思っては、またガクッと気力がなくなって寝込んでしまい、まだ治ってなかったんだ・・・これを何十回、何百回と繰り返しました。

無意識の層にあった「無力感、脱力感、楽しいことが何もない、無気力、諦め、寂しさ、悲しみ、元気が出ない」・・・・こういった子供の頃の思いや感情もほぼ癒されたみたいです。無意識の層に残っていたこれらのものに気づいて癒さないと、無気力からは抜け出せなかったのですね。

気力がなくなる癖、無気力に陥りやすい人・・・子供の頃からそうだった場合は、癒すのにとても時間がかかるかもしれません。

その人にとって根深い問題というのは、「癒した、治った」と思っても、玉ねぎの皮をむくように、ある層での事柄は癒されても、更に深い層でその問題の元の部分が残っています。玉ねぎの皮を1枚1枚めくるように、どんどんむき続け、何もなくなるまで癒し続ける必要があるのですね。問題はちょっとずつちょっとずつ軽くなり、最後にはなくなります。

続きを読む "無意識の層に残っていたもの"

| | コメント (0)

2014年11月27日 (木)

ユニクロの極暖のインナー

段々寒くなってきましたね。先日の連休の時に、ユニクロでセールをやっていて、インナーの極暖シリーズが安くなってて1人2点までということで初めて購入しました。とても暖かいです。気に入りました。

今年の2月終わりに友人から「ユニクロの極暖がとても暖かい」と聞き、買いに行ったら、売り場は春ものに変わっていて、極暖のインナーは売れ残りでLサイズが数点残っているだけで、買えませんでした。通常のヒートテックの1.5倍の保温性があるそうです。

もうこの季節になると、足の膝から下はものすごく冷たくなり、日によっては足の芯、内側から冷気が漂っています。

段々寒い季節になってきたので思い出して、ユニクロのホームページを見たら、ちょうど次の日からセールで、極暖(エクストラウォーム)のインナーが安くなっていたので、早速買ってみたのでした。極暖のインナーはとても暖かくて気に入りました。暖かいって良いですね♪

問題は、食事をしている最中に私は体温が上がるので、その時は極暖インナーを着ていると、熱すぎて汗が出てきてしまうということです。でもまあ、その場合は服を脱げばよいので、寒いよりずっとよいです。

続きを読む "ユニクロの極暖のインナー"

| | コメント (0)

2014年11月24日 (月)

ダース・ヴェイダーとルークの絵本

STARWARSは何作かしかみておらず、あまり詳しくはないのですけれど、ダース・ヴェイダーとルーク(4才)の絵本がとてもかわいかったので紹介します。

暗黒卿ダース・ヴェイダーが4才の息子を育てている、親子仲良くほのぼのした絵本です。

もしこんな風に子育てしていたら、STARWARSは全く別のストーリーになったのでしょうね。

001

この絵本は、STARWARSの内容を知ってる人向けですので、STARWARSの内容を知らないお子様に読んであげるのには向いてないと思います。

続きを読む "ダース・ヴェイダーとルークの絵本"

| | コメント (0)

2014年11月 9日 (日)

悲しみの感情

悲しみの感情というのは、他の感情より240倍長く続くそうです。

ある研究によると、27種類の感情の内、羞恥、驚き、恐怖、嫌悪、退屈、感動、苛立ち、安心といった感情がすぐに消え去ってしまうのに対して、悲しみは最も持続する感情であることが判明した。

怒りっぽい方、心配性の方など、執着しやすい感情は人によって違うかと思いますが、当事者が問題の出来事や結果などを繰り返し思い出すことによって、感情が持続し、強化されてしまうのでしょう。

感情というのは、想念とセットになって働きます。悲しみの感情によく浸る人というのは、自分でも知らない内に悲観的な想念をよく考えています。

「あの人は去っていってしまった」

「なんて私は駄目な人間なのだろう?」

「私は愛されていない」

「あの人は、なんてひどい人なのだろう」

「この世はなんてひどい世界だろう」、その他いろいろ

続きを読む "悲しみの感情"

| | コメント (0)

2014年11月 4日 (火)

チャクラリーディング

お客さんが何かスッキリしない時、モヤモヤしている時、根深い問題の原因を探る時、私は個人セッションでよくインドで習ったチャクラリーディングというのをおすすめします。

このようなことはありませんか?

  • 何かモヤモヤしてすっきりしない時
  • 特に問題はないけれど、なんとなくスッキリしない時
  • 行き詰まっているような時
  • いつもいつも同じような問題にぶち当たる
  • 子供の頃の要因・環境の影響で自分にある傾向や性格があり、問題となっている
  • 何か根深い問題がありそうだ
  • 何が原因でそうなっているのか見当もつかない時
  • 方向性がわからない
  • 何が問題なのかわからないが進めない、停滞している時
  • 自分の状態や長所や短所、優れている点、傾向などを知りたい
  • 特に悩みや質問はないが、自分のことを知りたい

個人セッションで、質問形式のアカシックリーディングや透視リーディングで質問されても、なんだか答えが出てきにくいことがあります。その人の状況や状態などが、いろんな事柄が複雑にからみあってその現象が起きているケースなどは、「その原因は何か?」と問いかけても、なんだか答えが浮かんできにくいことがあるのです。そんな時、チャクラリーディングというその人の全体像をみるリーディングが活躍したりします。

(注)クリアサイトで習うチャクラリーディング、それぞれのチャクラの項目の%を読むリーディングとは違います。私がインドで習ってきた7つのチャクラを読むリーディングです。

続きを読む "チャクラリーディング"

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »