« コリン性じんましんを改善 | トップページ | 必要な情報や解決のヒント »

2014年9月30日 (火)

子供の頃からの性格のカケラ

無意識の層にある、子供の頃からの影響などは意識的には気づきにくく、なかなか癒されずに自分の性格のカケラとして残っていたりします。

9月はこの無意識の層にある、子供の頃の性格のカケラなど、いくつか出てきて、なんとなく精神的に不調になったりしてました。精神的に不調といっても、今までと比べたらたいしたことはなく、そばに誰もいない、1人の時になんとなくちょっと不調になったり、グズグズしてスッキリしない精神状態になったり、寝すぎたりする日がある程度ですが・・・。

子供の頃から寝て逃避するのが癖だったので、私の「寝すぎ」というのは、12時間寝るとか16時間、18時間寝るとか、その間、トイレにだけ起きるというようなことを言います。8時間や10時間なら普通の人レベルかもしれませんが、16時間以上となると、寝すぎで頭も痛くなり、体調まで悪くなります。

私の子供の頃からの性格のカケラというのは、生活の中で楽しいことや面白いことがなく、つまらない、いつも無気力でグッタリしているような人物です。

私の両親は無口なタイプで、特に父はコミュニケーションというのが出来ない人でした。両親とも子供には無関心なタイプ。特に父が!!それに加え、父は混んでいる所に出かけるのが嫌いな人だったため、どこにも連れて行ってもらえず、外食ですら2年に1度程度だったでしょうか。家でも会話は少なく、家の中は重い、つまらない空気が流れていることが多かったです。1年の内、300日以上は楽しいことがなく、そんな感じだったような気がします。

無口な家庭に育ったので、私も会話の方法がわからず、学校に行くようになっても、人とうまく喋る方法がわかりませんでした。

会話がとんでもなく少ない家庭、学校でもうまく喋れず、何か楽しいことも滅多になく、つまらない、悶々としている状態。それがどうも辛かったようで、逃避のために眠り込む癖がつきました。無気力でいつもグッタリしていて、消極的な性格・・・。これが私の子供の頃からの性格です。親の無関心というのは、子供の私にはかなり堪えたらしく、無気力な性格になってしまいました。

18歳以降はインドで住んでたり、長期で海外旅行をしたり、楽しいことも増えましたし、人とも徐々に楽しく喋れるようになり、友達にも恵まれ、もう今では人間関係で悩むことはなくなりました。両親とのこともとっくの昔に癒しました。でもそれでも子供の頃からの性格のカケラというのが無意識の層に残っていて、時々日常生活で悪さをします。

もう子供の頃のその無口で引っ込み思案、いつもグッタリしている無気力な性格は必要ないですし、今の現状や環境には合っていないのですが、独りでいる時に何かの拍子に出てきて、しんどくなることがあるのですね。

その子供の頃からの性格のカケラが出て来ると、いつもなんだかしんどくて、無気力、グッタリ、何もやりたくなくなり、気分が重苦しくなってくるのです。精神的な不調・・・きっと子供の頃はよくそうなっていたのでしょう。その性格のカケラが出てくると、無気力でグッタリし、何も手につかなくなるため、9月はこれまで2回しかブログを書けませんでした。

今の私がそうなる必要は全くないのですけれど、子供の頃からの性格のカケラというのは、普段無意識の層に隠れていて、癒すのが難しいです。癒しても癒してもしぶとく残りやすい部分なのかもしれません。

そしてその性格が出てきた時には、無気力でグッタリ・・・になってるので、癒す作業がなかなかはかどりません。

顕在意識に出てきている時に、なんとかしないといけないので、一生懸命そのグッタリと無気力な状態を受けとめ、出来るだけ(無気力になって)寝てしまわないようにして、癒す努力をしました。

癒す方法というのは、その性格の自分を受けとめ、子供の頃の心の痛みや辛さを受けとめることです。

まだその子供の頃の性格のカケラは少し残っていると思いますが、今月は精神の具合が悪くなりながら癒し続けたので、随分軽くなってきたと思います。あと、もう少しかな!!頑張って癒し続けます。

|

« コリン性じんましんを改善 | トップページ | 必要な情報や解決のヒント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

この記事を読んでびっくりしました。
今までも何度かありましたが、本当にあまりんさんとシンクロしてる部分があるのだなあとと感じました。
9月は私も子供の頃の親とのトラウマが、職場で出てきて苦しんだことで、あまりんさんのリーディングにとても助けられました。
本当にありがとうございました。
また、お願いします(*^-^*)

投稿: ゆうこ | 2014年10月 1日 (水) 09:01

ゆうこさんも9月は大変でしたね。
子供の頃からの影響、子供の頃からの性格のカケラ・・・というのは癒しても癒しても、無意識の層にしぶとく残ったりするみたいです。

無意識の層に隠れているトラウマや心の傷を癒すためにはどうなるかというと、その子供の頃のトラウマを思い出させるような出来事が起こってその心の傷などが浮上してきたり、その子供の頃に辛かった感情や気持ちなどが湧き上がってきて思い出したりします。

辛かったと思いますが、浄化や癒しのプロセスですので、しっかりと受けとめ、そのトラウマや心の傷を癒していって下さい。

投稿: あまりん | 2014年10月 1日 (水) 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コリン性じんましんを改善 | トップページ | 必要な情報や解決のヒント »