« 物がないと幸せになるという思い込み | トップページ | うまくいっていない項目と感謝 »

2013年11月 4日 (月)

物事を先延ばしにする人

あなたは夏休みの宿題を夏休みになってすぐ始めるタイプでしたか?それともギリギリになって必死にやっているタイプでしたか?

あなたはこのどれかに当てはまったりしていませんか?

  • 期限や締切りが迫ってきて、直前になってやっとその仕事を始める
  • 大事なことをいつまでもやらない
  • くだらない用事をいつまでも先延ばしにしている
  • いつか片付けようと思って、自分の部屋や机の上はいつも雑然としている
  • 自分にとって都合の悪い報告はなかなか上司に出来ず、いつも上司に怒られる
  • ダイエットや運動をして素敵な自分になるのを思い浮かべはするが、実際は運動やダイエットをやらない
  • 自分の目標や夢を書いて壁に貼り付けているが、眺めているだけで満足している(努力はしない)
  • 切羽詰らないと、行動しない

人生をみずから変え、好転させたり、変容させていける人。それは「行動力のある人」です。人生を好転させられる人とは「すぐに行動する」「すぐやる」達人のことです。

いろいろ勉強したり、何か夢があってその準備をするのもとても重要だと思います。でもいろいろ勉強したり習っただけで実生活でそれを実践しなかったり、5年、10年かけて準備をし続けるだけで全然進んでいないようなら、それはあなたが実行したり、行動する気がないのかもしれません。

物事を先延ばしにする人、すぐ行動出来ない人の口癖は、「後でやる」「いつかやる」です。
あなたの中にもそのような項目があったりしませんか?

「すぐにやれないこと」は「すぐやる必要のないこと」だったりします。「優先順位の低い事柄」、「今やらなくてもよいこと」というのは先延ばしにされやすくなります。ダイエット、貯金、勉強、10年後の夢や計画。いますぐやらなくても死にはしないので、先延ばしにされてしまうのですね。どのようにしていったらよいのでしょう?

clover朝一番にやる

 優先順位は低いけれど、いずれ必ずやらなくてはいけないことや、本当にやりたいことは、朝一番にやってしまうのです。
 締切りが迫っていることと比較してしまうと、どうしても早くやらなければないことのほうを先にやりたくなってしまうでしょう。そちらに時間とエネルギーを使ってしまうと、その後で「優先度の低い」ことに手をつけようとしても、時間も気力も残らないので、やれなくなってしまいます。

 朝の元気な時に、さっとやってしまいましょう!!

clover「快適な現在」を手放す

 例えば、今ソファに座ってテレビを見ている。明日までに提出しないといけない宿題や仕上げないといけない仕事がある。テレビを見るのを止めて、机に向かわなければならないのに、動けない。そんな経験はありませんか?
 「いい気持ち」や「快適な現在」を手放して、苦痛をもたらすであろう「やるべきこと」をなぜしなければならないんだ!!この心理状態ではなかなかやるべきことを始められません。
 ダイエットや貯金ができないのもこの心理です。ダイエットをすれば食べたいものを我慢したり、運動をしたりと、多少の苦痛も伴います。今は、たしかにちょっと太ってはいるけれども「心地よい状態」にいます。好きなお菓子を食べ、快適だったりもするのですね。その現状を失いたくないから、すぐやれないのです。

 何かを始めるためには、「今やっていることをやめて」「新たなことを始め」なくてはなりません。この2つを一度にやろうとすると、ハードルが高くなります。まず今やっている「快適な現在」を手放すことだけをやってみましょう。例えば、テレビのスイッチを切る、お菓子を食べる量を減らす、今回はバーゲンセールに行くのを止める、仕事中にネットサーフィンをしない、今日はゲームをやるのを止める、など。

 今やっている快適なことを止めればその時間が空くので、新たなことをする準備ができますよ。

clover誰かに宣言する

 人には誰かに認められたいという欲求がありますから、この方法は効果的です。

 私はスクールの宿題で1週間の断食をしなくてはならなかった時、事前にブログで宣言しました。ブログに「1週間の断食をする」と宣言しておけば、ブログを読んでいるお客さんと会うと、「断食どうでしたか?」とかお客さんに度々聞かれることでしょう。途中で断念したくなった時に、後でお客さん達に断食がどうだったか聞かれて、その度に「いえ、断食は途中で断念しました・・・。」なんて何度も何度も繰り返し言わなきゃならないのを想像すると、途中で止めにくいだろうと思ったのです。先に宣言して、何が何でもやる方向に持っていったのです。お陰で、どんなにお腹が空いても、途中で止めず、やり遂げることが出来ました。

cloverすぐできないときは漠然と思い描くのではなく、分解していって、すぐできることを探す

 例えば、「部屋を整理する」と決めたとしましょう。それで実行できる方はよいのですけれど、いざ実行しようとすると、なかなか動けないという問題に直面します。
 「部屋を整理する」ではなく「レシートを捨てる」「ペンやマーカーはペン立てに入れる」「本は本棚に戻す」など、すぐに実行できるところまで分解して、やることを設定してみましょう。

 具体的なすぐ出来る内容にすれば、行動しやすくなります。

 

先延ばし、延期するのを止めて、自分が望む方向へどんどん行動していってくださいね。

参考文献:いつも先送りにするあなたがすぐやる人になる50の方法

|

« 物がないと幸せになるという思い込み | トップページ | うまくいっていない項目と感謝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 物がないと幸せになるという思い込み | トップページ | うまくいっていない項目と感謝 »