« 行き詰った時、モヤモヤする時、壁がある時に | トップページ | なりたい自分になるために »

2013年10月18日 (金)

「私は弱い」という思い込み

私の今世の最大のトラウマ(両親の無関心)を癒した後、しばらくはものすごく調子が良かったのですけれど、その後、今度はそれと関連していたいろんな感情やら気分、思考などが無意識の層から出てきて、軽い不調になってました。

誰からも自分の存在を気にされておらず、不安で気力もなく、うなだれている子供・・・の大きなのは癒されましたけれど、それと関係したカケラが細々と出てきました。親からも認識されていないならということで、自分で自分を受けとめたり、愛したりできずにいて、誰か温かく優しく受けとめてくれる人(意志力が強くて自分の夢を実現させているたくましいお父さんのようなイメージ?)が欲しいなあと空想してみたり、ひ弱で意志力が弱い自分がちょっと情けなくなったり、なんだかスッキリしなかったりいろんなのが出てきました。

子供の頃はそれが出来なくても仕方ありませんが、今は大人なのですから、自分自身を優しく受けとめ、愛することが出来れば、他人からの承認は特に必要ありません。自分で自分を愛することが出来れば、人の態度や様子、言動でグラグラしなくなります。

自分で自分を許容し、愛すればいいんだ!!
10/15(火)にメルマガ(有料エクササイズ)を書いていてそれに気付き、受けとめたら急に調子が良くなってきました。

それでもなんだか多少スッキリしない部分があって何だろうと内側を探ってみました。

自分に自信がない、何か出来ると思えない。内気な私・・・。いろいろ考えるだけでなかなか行動できない・・・そんな自分が出てきました。

昨日気付いたのですけれど、子供の頃から「私は弱い」と思い込み、信じていたことがわかりました。

まあ誰も自分のことを気にしてもいないし、理解もしていない、愛情もくれないとなれば、元気になるはずもなく、気力もなくなり、弱々しくなりますよね。性格も控えめ、静か、大人しい、内気。そして私は運動神経や反射神経は全くなかったので、小学校で球技は全然駄目、短距離を走るのも遅いし、運動が全然でした。細身でガリガリだったので、体力も力もなく、寒さにも弱いし、弱々しいしいイメージが余計についてしまいました。

「自分は弱い」という思い込みが根底にあったことなんて、あまりよくわかっていませんでした。なんとなくは気付いていましたが・・・。大人になってからは仕事をしていても(人と比べて)特に何か駄目でも弱いわけでもないし、仕事もちゃんとこなしていました。幸運なことに、事務の仕事をするのに反射神経は特に要らないのです。球技大会もないので、「自分は弱い」と思うようなことがそんなになかったため、ある意味、昔自分が弱いと思っていたことなど忘れていました。

でもそういえば、20代前半の頃、「私は(精神的に)ひ弱なので30才まで生きられないだろう」と思っていたことを思い出しました。「私のこのか弱い精神力、繊細さでは、世間でやっていくことが出来ない=30歳までに死ぬ」と思ってました。

あら、まあ!!
30才なんてとっくに過ぎましたが、ピンピン生きています。

「誰からも自分の存在を気にされておらず」と書きましたが、これは子供の頃の私が勝手に思っていたことです。親戚たちがいるところでは、私は母側では初孫だったので、めちゃめちゃ可愛がられたし、注目もされていました。でもそれはお盆と正月の年に2回だけですよね。

普段は4人家族で生活していたので、父と母の両方が自分に無関心な時があったら、子供としては「誰も自分の存在を気にかけてもいない」ということになってしまっていただけです。

「自分は何も出来ない。自信がない。自分は弱い、か弱い。体も弱い。」なんて信じていて良いことは何もないので、これを信じるのはもう止めました。

これを知らない内に信じていると、なんだかグツグツ、モヤモヤ、ダラダラしている時間が長くなるからです。私が今までなんだか何もやる気が出来ず、何もできず、グツグツ、モヤモヤした意識で過ごした日々・・・これは「自分は愛されていない」とか「自分は弱い」と思い込んでいたせいだったのですね。

「私は強い!!」
「私は精神力も強い!!」

これに書き換えました。また日々の生活で多少出てくるかもしれませんが、その都度訂正するようにします。

何か自分にとって悪い影響を与えることを信じているのに気付いたら、ポジティブで元気になるような内容に書き換えて、それが板につくまで日々自分自身に言い聞かせるようにします。

|

« 行き詰った時、モヤモヤする時、壁がある時に | トップページ | なりたい自分になるために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行き詰った時、モヤモヤする時、壁がある時に | トップページ | なりたい自分になるために »