« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月27日 (日)

物がないと幸せになるという思い込み

9月初め頃に冷蔵庫が壊れました。最初は氷が凍らなくなり、冷蔵の方はたぶん常温、冷凍庫は冷蔵庫の温度くらいにはなっていたので、冷凍庫に冷蔵が必要な食べ物を詰め込んでいました。数日間はそれでなんとかなったのですが、冷凍庫の方も常温になってしまったので、冷蔵庫の電源を抜きました。もう購入して8年か9年になるので寿命だと思います。

9月初めはまだ暑く、冷蔵庫が壊れたお陰でいろんな食べ物が腐りました。豆腐も2日目には腐ってたり、葉っぱものの野菜とかもすぐに駄目になってしまいました。日持ちしないので、それ以降食べ物は少量ずつ、こまめに買い物するようになりました。

買い替えればよいのでしょうけれど、私にとって冷蔵庫は必需品とまでは言えないのですね。もちろん必要なのですけれど・・・。冷蔵庫を買うためにお店に行ったり、どれを購入するか検討するというのが面倒なのです。

冷蔵庫が壊れている間にも、本屋にはわざわざ電車に乗って何度も行っているのですが、冷蔵庫を買いに行くのはなんだか面倒なのですね。

私にとっては冷蔵庫より欲しい本の方が重要なのです。インドで冷蔵庫なしで何年も生活していたので、日本で冷蔵庫なしなんて楽勝です。まあ、インドでは瞑想したりする施設(アシュラム)の中で食事をするか、外食で、ほとんど自炊はしなかったので冷蔵庫も要らなかったわけですけれど・・・。

選んだり買いに行ったりするのが面倒なのもありますけれど、冷蔵庫を買わないで生活しているのにはもう1つ理由があります。私の中のある思い込みを完全になくしたいからです。

私はインドで生活していた時があまりにも幸せだったので、そのせいで変な思い込みを持っていることに去年の秋に気が付いたのです。
「物が何もなくなって、冷蔵庫や洗濯機がない、部屋に何もない生活をしたら、また、とんでもなく幸せになるに違いない!!」

続きを読む "物がないと幸せになるという思い込み"

| | コメント (0)

2013年10月23日 (水)

なりたい自分になるために

自分の夢や目標を叶えたい、実現したいと思う時、何が必要なのか知っていますか?
それに向けて努力したり、行動したりすることに加え、自分を知ること、自身を愛すること、認めること、受けとめること、内側に潜んでいる想念を知ることも必要です。特に夢や目標を叶えるのを妨げている想念、信念を変えるというのは重要です。

自分でも夢や目標を妨げている想念があることに気付いていないかもしれません。それに気付き、その想念を変えることが出来れば、努力したり行動することは後についてきます。

こんな自分になりたいけれど思うようにいかない、何かを達成したいと思って、なかなか進まなかったり、行動に移せないとしたら、まず自分の内側の想念に気付くことです。これがとても重要です。でもなかなかその思いに気付けないものなのですね。あなたが小さい頃から身についた考えだったりするので、当たり前すぎていつもそこにあるため、気付けないのです。

又、人間関係がうまくいくようになりたい、愛されたい、素敵なパートナーを見つけたい、。豊かになりたい、やりがいのある仕事をしたい、健康になりたい、そう思っているけれど、なかなかうまくいかない項目というのがあるとしたら、それはあなた自身が知らない内にそのなりたい自分とは反対のことを無意識に考えているせいです。

「人は皆、自分のことしか考えていない。」「人間は基本的に悪だ。」「私は愛されるはずがない。」
「誰か金持ちがいて、皆を搾取している。」
「競争しないと生き残れない。」「厳しい社会だ。」「生活の為には嫌な仕事もしなくてはならない。」「自分には好きなことをする価値がない。」
「私は体が弱い」と信じている等・・・。

いろんなスピ系のスクールや講座等を受けまくっているのに、全然リーディングが出来なかったり、スピリチュアル的なことがわかるようになれない人・・・こういう方々は、そういう世界を知りたいと思いつつ、実の所、「私にはそんなことが出来るはずがない、見れるはずがない。」と固く信じているせいで見れなかったりします。

それらの根っこにある考えを変えることが出来たら、うまくいっていなかった項目の出来事が変わり始めるでしょう。豊かに、皆と仲良く、楽しく、健康で元気で満たされた生活に変わっていくことでしょう。

11月からのアカシック講座も開催まであと2週間となりました。今回からはアカシック練習だけでなく、自分自身を癒していく内容も組み込みました。楽しみながらやっていきたいと思っています。

来週水曜日、10月30日(水)に青山でミニセミナーとアカシック講座の説明会(主な内容や概要、講座についてのQ&A)をやります。

cloverミニセミナー 「なりたい自分になるために」

10月30日(水) 14時~16時 料金3,500円(当日払い)

あなたはどんな自分になりたいですか?
理想のパートナーがいる自分?健康で楽しい、豊かな生活?痩せた自分?愛されている自分?才能を生かした仕事をしている自分?
なりたい自分とは違う自己イメージ、考えを変更し、なりたい自分に近づいていきましょう。

 

cloverアカシック講座の説明会
(主な内容や概要、講座についてのQ&A)

10月30日(水) 16時半~18時 無料

講座の概要や内容の説明は15分程度。その後は、講座についての質問にお答えします。講座についてのQ&Aに答え、もし時間が余った場合はミニリーディングで個人的な悩みにもお答えします。

続きを読む "なりたい自分になるために"

| | コメント (0)

2013年10月18日 (金)

「私は弱い」という思い込み

私の今世の最大のトラウマ(両親の無関心)を癒した後、しばらくはものすごく調子が良かったのですけれど、その後、今度はそれと関連していたいろんな感情やら気分、思考などが無意識の層から出てきて、軽い不調になってました。

誰からも自分の存在を気にされておらず、不安で気力もなく、うなだれている子供・・・の大きなのは癒されましたけれど、それと関係したカケラが細々と出てきました。親からも認識されていないならということで、自分で自分を受けとめたり、愛したりできずにいて、誰か温かく優しく受けとめてくれる人(意志力が強くて自分の夢を実現させているたくましいお父さんのようなイメージ?)が欲しいなあと空想してみたり、ひ弱で意志力が弱い自分がちょっと情けなくなったり、なんだかスッキリしなかったりいろんなのが出てきました。

子供の頃はそれが出来なくても仕方ありませんが、今は大人なのですから、自分自身を優しく受けとめ、愛することが出来れば、他人からの承認は特に必要ありません。自分で自分を愛することが出来れば、人の態度や様子、言動でグラグラしなくなります。

自分で自分を許容し、愛すればいいんだ!!
10/15(火)にメルマガ(有料エクササイズ)を書いていてそれに気付き、受けとめたら急に調子が良くなってきました。

それでもなんだか多少スッキリしない部分があって何だろうと内側を探ってみました。

自分に自信がない、何か出来ると思えない。内気な私・・・。いろいろ考えるだけでなかなか行動できない・・・そんな自分が出てきました。

昨日気付いたのですけれど、子供の頃から「私は弱い」と思い込み、信じていたことがわかりました。

続きを読む "「私は弱い」という思い込み"

| | コメント (0)

2013年10月17日 (木)

行き詰った時、モヤモヤする時、壁がある時に

何か行き詰ってしまった時、壁があると感じる時、なんだかモヤモヤしてすっきりしない時期があったりしませんか?

そういう時は、皆さんはどうされているでしょうか?

気分転換するようなことをしていますか?自分にとって気分転換になる行動というのは人によって違います。温泉に行くとか、バイクに乗るとか、スポーツやカラオケでストレスやモヤモヤを発散する人もいるでしょう。仕事ですごく忙しい人とかは、家でゴロゴロして過ごすのが気分転換になる人もいるでしょう。美味しいスイーツを食べる、走る、散歩、サーフィン、ヨガ、マッサージ、エステ、ゴルフ、合コン、模型つくり、瞑想、編み物、友達と喋る、愚痴を言うことでスッキリする人とかもいるでしょうね。

あなたの気分転換の方法は何ですか?

何か気分転換をすることによって、そのモヤモヤがなくなり、行き詰っていた事柄が軽くなり、他のアイディアや道やヒントが見つかればよいのですけれど、気分転換だけでは行き詰っている内容や壁自体は変えられないこともあります。気分的に少しは楽になっているかもしれませんけれど、またその壁と向き合うとまた煮詰まって、重くなってくるかもしれません。

壁というのは、あなたが見たくないもの、あなた自身の中にあるけれども自分では知りたくないもの、あるいは、これは自分のためにはならないと思っているものです。

それは自分が進んで行く、今まで思ってもいなかった道のことです。それは本当は壁でもないし、堀でもありません。でも今までまっすぐだった道が突然方向転換するのです。

その壁をよく調べてみてください。壁を形成しているものは、あなたがその時点で見る必要があるものなのです。あなたがあなたらしくあるために必要なものを示してくれているのです。それを排除しようとしたり、避けようとしたりせずに、その中へ入って行ってみてください。あなたがその中へ中へと入って、壁の原料のひとつひとつをよく見れば、それはもう壁でなくなっているでしょう。その時、壁は消えてしまうでしょう。

  バシャール ペーパーブック①より抜粋

続きを読む "行き詰った時、モヤモヤする時、壁がある時に"

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

幸せになるコツ

最近、毎日毎日一歩ずつ幸せに、満たされていってるのを感じます。

長い長い道のりだったけど、やっと幸せになるコツがわかってきたみたいです。

インドのアシュラムで歓喜に満ちて暮らしていた頃の私に、毎日一歩ずつ近づいていってます。私たちは、世界で一番幸せな人間かもしれないと本気で思っていた頃の私に。

不幸せになるコツは、生のいろんな事柄に不平不満を言い続け、誰かを非難し、自分自身を嫌うことです。こんな自分じゃダメだとか、こんな欠点があるだとか・・・いろんなことを考えてきました。

自分や人、世界のあるがままを受け入れるようになってきたら、世界がなんだか違って見えるようになってきました。瞑想して、木や空と一体になった感覚・・・あの感覚がほんの少しずつ蘇ってきました。毎日一歩ずつ幸せに・・・。

風がそよそよ木の枝や葉っぱを揺らしているだけで、なんだか幸せで、自分も風になったような感覚・・・。

20年も苦労してきたけれど、幸せになるのってこんなに簡単なことだったんですね。

アシュラムで瞑想して存在と一体になった感覚、至福に満ちた感覚。あれはとっても調子の良い時にしか起こらなくて、それを求めて努力しても努力しても(日本で)全然届かず、ひどい欲求不満に陥り、自分をこっぴどく責めたりしてきました。

でも今はなんだかもうすぐ近くまで来ているような気がします。

焦らず、今後も毎日一歩ずつ歩いて行こうと思います。

幸せになるコツは、あるがままの私で、ただ自分自身でくつろぐことなのかもしれません。

それが今までは一番難しかったのですけれど・・・。

続きを読む "幸せになるコツ"

| | コメント (2)

2013年10月 8日 (火)

似たような観念を持つ人同士

人はある意味で自分と似たような部分・考え・価値観を持っている人を自分の周辺に引き寄せます。自分自身を見ても、友人やお客さんを見ていてもそうなのですけれど、性格は全然違っていてもなんらかの共通点があったりします。

好みが似ているとか、誰かのファン同士とか、同じ趣味を持っているとか、共通の話題があるとか、価値観が似ているとか、話しが合う人と仲良くなったりしますよね?

バリバリと仕事をしていて、何でも自分で出来るタイプのそばには、やはりある意味で似たようなタイプの友人が周りにいて、人の悪口や愚痴を言うような人が周りにおらず、グチグチ メソメソ悩むような人が周りに全然いなかったりするようです。

中にはしっかりタイプの人のそばには、頼りたい人が山ほどいて、それがセットになってる場合もあります。

虐める人と虐められる人は、ある意味で似たような波動を持っていて、その対極のもの同士で引き合うのです。敵対する者同士は、ある意味で似た波動を持っています。

だから自分の波動や考えがコロッと変わってしまうと、もう虐められたりしなくなったりします。そういう人に出会わなくなったりするのです。

「私にこんなひどいことをするなんて、なんて嫌な奴だ!!」
それで怒ったり、恨んだり、あなた自身がネガティブな感情を発している内は全然駄目です。それを考えながら、知らない内にそういう嫌な人物を強力に引き寄せてもいるからです。その人のことを嫌い、反発し、蹴散らすのと同時に、その嫌な人のことを強く考え、強力に引き寄せてもいるのです。

そういうのを止めて、中立でただ眺めていられるようになり、自分の波動が変わった時にそういう人との縁が切れていったりするのです。お互いにリンクする箇所がただなくなるのです。

続きを読む "似たような観念を持つ人同士"

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

大きな葛藤やトラウマを癒すと人生のステージが上がる

私が来月からのアカシック講座でどうして自分を知り、自分自身の問題や葛藤を癒やしていくワークを追加したかと言うと、人は自分の葛藤や問題を癒さないとアカシックで見えにくい項目が出てきてしまうということと、葛藤や問題を抱えたままですと、人生が豊かになるのを妨げてしまうからです。

自分が思い描くような素敵な人生を歩みたいのなら、自分の中のいろんな思い込みや問題、葛藤に気付いていき、手放す必要があります。

自分で自分が幸せになるのを阻んでいる要素というのに気付かねばなりません。

そして自分の中の大きな葛藤やトラウマを手放し、癒した時、人は自由になり、それまで制限していた、自分には出来ないと思っていたことが出来るようになってきます。ワンランク人生のステージが上がるのですね。

私は自分自身を癒すことに20年以上費やしてきました。先月、9月終わり頃にやっと私の今世で一番辛かったトラウマを癒すことが出来ました。

私の一番のトラウマは、両親ともに私に無関心だったことから来ていました。やっとそのトラウマの原理がわかり、再体験し、それが起こるプロセスの詳細を見守ることで癒されました。※また別の機会に詳しく書きます。

何十年もそのトラウマは残っていて、現在の日常生活に悪影響を与えていました。

続きを読む "大きな葛藤やトラウマを癒すと人生のステージが上がる"

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »