« セドナパワー、不安になる傾向がなくなりました | トップページ | 些細な問題でした »

2013年7月 3日 (水)

(精神的に)調子が悪くなる癖

子供の頃から不安になる傾向というのはほとんど消えました。まだ0%にまではなっておらず、たまには少し不安になることはあるのですけれど、またその傾向が出てきたのを思い出し、その不安を落ち着かせるように意識すればたぶん10分程で消えていきます。

残りの問題(葛藤)は、精神的に調子が悪くなる癖が残っていることです。

家で暇な時に、精神の調子が悪くなってくることがあることです。昔、会社で働いていた頃とか、会社でいる時にはならないのですけれど、家で1人でいる時になんだか(精神的に)ヨレヨレしてくることがあるのですね。

1回だけ人と一緒に居る時に起こったことがありました。普通はもしそのような状態の時に人と会ったら、元気に、調子よくなるのですけれど、その時だけは違いました。「意気消沈」についての先生の講義を聞いていたら、スイッチが入ってしまい、自分が意気消沈の状態に入ってしまったのです。

声はちゃんと聞こえてくるけれど虚ろで、(近くにいるのに)人がすごく遠くにでもいるような錯覚を起こし、ちょっと異次元の心の闇にでもいるような気分というのでしょうか。何もかもが虚ろに思え、意識がボンヤリしてきて辛い状態でした。人といて、話しをしながらだったので、眠り込まずにすみましたが、きっと1人だったらそのまま意識が遠のいていって眠り込んでいたでしょう。

昔と比べたら、随分軽くなりました。昔はあの状態になったら、そのまま起きていることは出来ず、誰もいない井戸の底に落ちていくように意識が遠のき、眠り込んでしまってました。

かなり癒されて軽くなってきたので、今では調子が悪くなってきても、起きていたければ起きていられるし、ちょっと一休みしたければ横になることも出来ます。ちょっと精神的に具合が悪く、ヨレヨレして辛いだけです。

心のどこかで「人が私に無関心で愛されていない。」という風に思ってしまうと、発動して調子が悪くなってくるのだと思います。

人と接していない時にだけ、1人で家にいる時に起こります。

数日間セッション依頼がない時に起こったりするのだと思ってましたが、違ったようです。

セッションの予約はあっても、家で1人で暇な時間があれば、何かの拍子になったりするようです。

昨日も今日も、たぶん1時間位そのようなどこか精神的に調子が悪い状態になりました。

前ほどひどくはありませんけれど、なんとなく精神的に調子の悪い時間というのはあるみたいです。もしかして毎日あるのでしょうか?明日からまた調べてみますね。

昨日も今日も、なんとなく調子が悪くなってた時に、お客さんから電話がかかってきて、その後から通常の状態に戻ってきました。お客さんに感謝しなくてはね!!元気に戻してくれてどうもありがとう!!

よくわかりませんが、私が(精神的に)具合が悪くなっていると、よくお客さんから電話がかかってきます。いつもその電話とかで復活してます。きっと無意識に察知して、私を助けてくれているのでしょうね。感謝してます!!

お客さんの方は、ただ自分が悩んでいるのでセッションを受けたいと思っているだけなのでしょうけれど・・・いつもいつも助けてくれてどうもありがとう!!

子供の頃に誰からも構ってもらえなくて、無関心で寂しい → の次に、不安になっていたのでしょう。不安の原因は親(主に父)の無関心からきていました。

もう今では親が無関心だったとしても、全然問題になりません。

残りは人と接していない時に(精神的に)調子が悪くなる癖をどうにかすることです。

実際、一人でいるのは好きでもあります。独りでいても、かなりの時間、80%~90%の時間はとても居心地良いのです。どういう時に一人でいて、具合が悪くなってくるのか、これから見つけていきたいと思います。

そして1人でいる時に(精神的に)調子が悪くなる癖を癒し、元気になる方法を見つけたいと思ってます。

|

« セドナパワー、不安になる傾向がなくなりました | トップページ | 些細な問題でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お世話になります。とても良い記事ですね。

投稿: レイバン サングラス | 2013年7月28日 (日) 23:29

こんにちは、おじゃまします。
今日こちらに初めてたどりついたのですが、あまりにも同じ経験だったので驚いて、コメントさせていただきます。

私もそんなことが時々おこります。自分自身が、体から一歩ひいてしまってるような感覚で、話してる相手が、ものすごく小さく遠く感じ、ボンヤリ見えます。
本当に異次元の世界に自分だけが後ろから引っ張られてしまった感覚です。
自分の魂が体から一歩引いて見ているようだといえばわかりやすいでしょうか…。

困るのは、それまでとてもハイテンションで楽しく話しをしていたにもかかわらず、瞬間的に、冷静になってしまい、冷ややかにその場を観察してるような感覚になってしまうことです。
その後、何も楽しめなくなってしまい、寂しがり屋のくせに、一人でいるのが好きなこともあって、自分は人嫌いなのでは…と思えてしまうことです。

原因は今もわかりませんが、私も小さな時から複雑な環境にあったので、何か関係していて、心の問題なのかなって、ちょっと思いました。
私も場合、そんな時に具合が悪くならないのがまだ救いですが・・・。
でも似た感覚を経験してる方が他にもいらっしゃるんだということがわかって、とってもホッとしました。

これからもブログ読ませていただきますので、是非頑張ってください^^

投稿: aki | 2013年8月25日 (日) 23:57

akiさん

コメントがすっかり遅くなってしまい、すみません。
同じような経験をされている方がいるのですね。自分だけでないとわかってなんだかホッとしますよね。

異次元の世界に自分だけが後ろから引っ張られてしまう感覚になり、意識が遠のいていっってしまう、根本的な原因がやっと最近わかり(9月25日)、完全に癒されました。これは私の今世で一番辛かったトラウマ(両親が自分に無関心)のせいでした。

それを癒すのに今まで何十年もかかって苦労してきましたけれど、今では毎日起きたら母と父に感謝しています。

また別の機会にいつかその詳細をブログに書く予定です。

投稿: あまりん | 2013年10月 3日 (木) 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セドナパワー、不安になる傾向がなくなりました | トップページ | 些細な問題でした »