« 12月後半の報告&今年もよろしくお願いします | トップページ | アカシックリーディングに名称変更&1月のキャンペーン »

2013年1月13日 (日)

人に理解してもらえない心の傷が癒されてきました

 昨日1/12、私は「人に理解してもらえない心の傷」というのがあったというのに気が付きました。

子供の頃、私が人に理解してもらえなかったのは、私の気持ち、思っていること、要望などを私が人に伝えないせいでした。私が勝手に伝える前に諦め、がっかりし、気力がなくなっていただけなのです。

私が父との関係性で「自分は存在してるだけで邪魔なんだ。」と心の底で思い込んでいたので、存在しているだけで駄目なら、何か自分の気持ちや思っていることを理解してくれるとは到底思えず、自分の思っていること、気持ちを伝える努力もせず、諦めていました。両親とかにあえて自分の気持ち、思っていること、要望なども伝えず、思っていることが満たされなかったりすると、「人に理解してもらえない」としょんぼり元気がなくなるだけでした。

そもそも父は自分の思っていること、気持ちを言葉で伝えるのが苦手で、コミュニケーションというのが成り立ちませんでした。母もどちらかというと、静かなタイプだったので、両親を見本にするなら、どうやって自分の気持ちや意見を言うのかわからなかったのも影響しています。

とにかく自分の気持ちを伝えるやり方がわからなかったので、何か思ってもほとんどそれを人に言いませんでした。そして満たされないと、がっかりして、元気がなくなる、気力がなくなる癖がつきました。

私が自分自身のことを人に伝えられなかったから、人とコミュニケーションが出来なくてひどく辛い思いをしたのですね。私は自分のことを話したり、説明(コミュニケーション)出来なくて子供の頃は苦しんでいました。そこから自分のことをわかってくれる人、理解してくれる友人とかが増えてきたことによってそれらを癒してきました。

昨日、気が付いたのは、トラウマになっていた友人だった人のことです(完全に過去形になってます)。

その友人だった人に悪気は全くなく、私に好意を持ってくれていましたけれど、2010年にあまりにも沢山の項目で、私の負担になること、迷惑なこと、私がそれだけは止めて欲しいと思うこと、私の嫌がることばかりやるようになり、耐えられなくなったので、友人だと思うのを止めました。こんなに私のことを理解しない人物が友人だと思うと、私の精神が怒りで崩壊してしまいそうだったからです。そう。友人以外の人には理解して欲しいと特に期待しないため、それが友人でなければ、その問題はどうでもよかったのです。。

負担に思ってること、これだけは止めて欲しいときちんを伝えた後にも、更にまたその伝えた私の嫌がることをやるので、とうとうプッツリ切れてしまいました。

その人はただ自分の問題で精一杯で、その年は情緒不安定だったのか、私のことを考慮する心の余裕がなかっただけで、実の所、そんなに大したことはやっていません。でも私は既に何度も何度も何度も同じことを伝えていました。きちんと負担になっていたことの要点をメールした後、はっきり伝えた後も更にその書いた内容の行動をしてくること、友人に一切理解してもらえないというのはかなりショックでした。

そこで理解してくれればそれまで負担に思ったことも忘れて仲直りして終わってたはずでした。嫌だと思っていたことをきちんと説明しても理解してくれない友人というのが初めて現れ、ひどくショックでした。私が今世で激怒した人というのはその人だけです。私は友人だけは恵まれてきたので、ここまで私のことを理解しない友人もいたことがなく、トラウマになっていたのでした。

理解してくれないと、人はこんなに激怒できるのかというのを体験しました。

なぜその人物がトラウマになっていたか・・・友人に理解されないという人生初めての経験、ハッキリと負担になっている、止めて欲しいと伝えた後も、更にその私が嫌だと思うことをする友人がいたというショックでしょうか。

私の負担になること、嫌がることばかり、よく9項目もやり続けたものです。私が今世で最も嫌いだった人だって、そんなに沢山の嫌な項目はありませんでした。

大人になってから人に苛められたことも何回かあるのですが、私は大人になってからの苛めには意外と強いんです。理由はそんな意地悪な人に何も期待していないから。今世を振り返ると、大人になってから人から苛められたり陰口叩かれたり、批判されたこと、仲間外れにされたこと、ストーカーに遭ったこととか、その瞬間は嫌でも、そんなことは一切トラウマになっていません。そんな人には何も期待していないので、ひどいことをされたとしても、そんなに気にならないからです。

でもその友人だった人に嫌だったと伝えた後も理解されなかったというのは、ひどいトラウマになってました。その人のことであまりにも悩んでいたので、初めて心理療法まで受け、それで癒されていたのが、腑に落ちない(理解されていない)点が3つ書いてある内容のメールの返事が来て、どうしても納得がいかず、そのまま返事も書かず縁を切り、友人ではなくなりました。嫌だときちんと伝えたその項目をまだやり続けるってどういうこと!?それまでも何度も何度も伝えてるし、いくら何でも、ひつこすぎる!!

昨日まで、私が今世で一番嫌な思いをした人というのはその人物で、ワーストNo.1でした。実際はその人は自分の問題で一杯一杯で、私のことを理解する心の余裕がなかっただけで、ちっとも大したことをしていないのですが・・・好意も持ってくれていたし、その時期は自分のことしか考えられず、私が何を伝えてもその意味が理解できなかっただけです。

その友人だった人がトラウマになっていたのは、誰かが私のことを理解して欲しい、寂しいと思っていた子供の頃の私のカケラが無意識の層に残っていたからでした。

今年に入ってからなんとなく前向きになれず、少しモヤモヤしていたのは、子供の頃に「人に理解されたかった」という寂しさとか残りかすの感情が出てきていたんだな~というのに気が付きました。昨日気付いたお陰で、何だか今日は癒されてしまい、その人物のトラウマも消えたようです。

今の方針はこれです。人に理解されなくても、理解されてもどちらでも、私は自分自身のことを理解し、優しく受けとめてあげる!!

|

« 12月後半の報告&今年もよろしくお願いします | トップページ | アカシックリーディングに名称変更&1月のキャンペーン »

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

2010年の友人に9項目の負担についての記事は 私のコトでしょうか?友人と私とすり替えて 書いた記事ですか??

投稿: ガチャピン | 2013年1月28日 (月) 21:44

わかります。
私も友人に酷い事を汚い言葉で言われましたsweat02
結局は自分を癒してあげるのは自分です
自分のトラウマもどんな想いも心から理解してあげるのは自分だけです‥
それは自分にしか経験できず‥そしていつかは自分を癒し力になると思います
経験は力です‥わたしそう思うんです

投稿: koko | 2013年1月31日 (木) 03:24

☆ガチャピンさん
電話でもお話ししましたが、私が「友人」と書いたら友人の話です。私からすると、ガチャピンさんとその友人との共通点は全くありません。

もしかしたら自分のことかもと、心配しているお客さんが他にもいるかもしれませんね。心配をかけさせてしまったみたいで、すみませんでした。

☆kokoさん
「自分を癒してあげるのは自分です」
ほんと、そうですよね!!
もちろん友人側が私のことを理解してくれなかった&人の話を聞く余裕がなかったのも要因ですけれど、私が友人に対しては勝手にいろいろ期待していたせいで、私のその時の許容力がなさすぎて起こった出来事でした。

今年の1月にもうその友人の件は完全に癒されましたheart04。もし今偶然会うことがあったら、普通に仲良く喋れると思います。

投稿: あまりん | 2013年4月 9日 (火) 18:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月後半の報告&今年もよろしくお願いします | トップページ | アカシックリーディングに名称変更&1月のキャンペーン »