« 豊かさを阻んでいる信念(思い込み) | トップページ | 思い込みと胃下垂 »

2012年12月16日 (日)

核になっていた信念

12月14日(金)の続きです。

「私が最も恐れていることは自分が人に迷惑をかけることだ」ということに13日に気付きました。きっと誰かの迷惑になって嫌がられたりした経験が過去にあるはずです。

私は子供の頃、誰かと遊びたいと思っても、「遊ぼうよ」と自分から誘うことが出来ませんでした。なぜかというと、もしかしたらその人は遊びたくないかもしれないし、他の予定があるかもしれないので、その人が望んでいないかもしれないのにこちらからお誘いするのは出来ないという理由からです。

よく考えてみれば、気軽に「今日、遊ばない?」と聞いてみて、その人の返事や反応を見て、遊ぶつもりがなさそう、予定があるのだったら「また今度ね」と提案を引っ込めればよいだけなのですけれど、子供の頃は自分からお誘いすることは一切できませんでした。

向こうから誘ってくれるか、たまたま一緒になって遊ぶことになった、両方が遊びたいと思って自然にそうなる(遊ぶ)という形でなければ、遊べないのです。私からお誘いが全く出来ないというのは、いろんな意味で不便でした。

私から誘えなかったのは、もし相手が嫌だと思ったら、その気のないかもしれないことを自分から提案出来ない、人に迷惑をかけてはいけないという考えを持っていたせいだと思います。

小学校の頃には既に「人に迷惑をかけてはいけない」と思っていたのだと思います。小学校より前に、誰かに迷惑をかけたこと・・・・何かあるかしら?

小学校1~2年生位までは周りにいる大人にはとても可愛がられました。幼なじみとも楽しく遊んでいたし、あえて私からお誘いする必要もありませんでした。私は母側では初孫だったので、親戚の人たちにはとても可愛がられました。私が誰かに迷惑をかけたこと?私を迷惑に思うような人物・・・全く思い当りません。

人に迷惑をかけて嫌がられた体験・・・いくら考えてみてもちっとも思い出せません。小学校に入る前に何かそのような出来事があるはずなのですが、どうやっても思い出せないので、母に電話してみました。そして母と話している内に、その出来事を思い出しました!!

該当者は私の父でした。

ごく小さい頃にハイハイして父のそばに寄って行ったら、とても疎ましそうな拒絶する表情を父がしたことをおとついに(12/14)思い出しました。ものすごく嫌そうなその父の表情は子供の私にはひどいショックでした。

特に何をしたわけでもなく、ただ父のそばへ無邪気に寄って行っただけでした。

「自分は邪魔ものだ。存在しているだけで邪魔なんだ。」そのように感じたのを思い出しました。

それはただ父が子供をどう扱ってよいのかわからなかっただけで、父のその性格についてはゲリースクールに通ってた頃(本科、専科のどちらだったか忘れましたが)に十分に理解し、既に癒したと思います。

父は農家の子供でした。農業で忙しいため、そしてその時代の影響もあり、私の祖父、父の父親は子供を抱っこしてあやしたりすることはなかったようです。それは女性のすることで、父親は子供を抱っこしてあやしたりはしない家系だったのですね。

そして母側のおじいちゃんは初孫の私を抱っこして愛情表現し、膝の上に私を乗せ、いろんな昔話とかを聞かせてくれました。私はそれがとても嬉しかったし、幸せでした。

(母側の)おじいちゃんの所に行った時に、私がおじいちゃんの膝の上で喜んで話しを聞いている様子を父が見て、とても不愉快に思っていたそうです。

父は自分がそのように育っていないので、子供を抱っこしたり、自分がお馬さんになって、子供を乗せるとか、そのようなことは嫌がっていたそうです。特に子供を抱き上げたり、タッチして愛情表現をするというのは慣れない様子で、最初の頃は嫌がっていたそうです。

だから子供の私を見て、とても嫌そうな顔をすることはよくあったと思います。父の生まれ育った家庭、父の性格についてはもう何年も前に理解していました。既にそのトラウマは癒していました。

でも「自分は邪魔ものだ、存在しているだけで邪魔なんだ。」なんて感じていたことは今まで思い出せなかったため、父については理解していましたけれど、その思考(思い込み)は私の核になっていた信念として何十年も居座り続けました。

「自分は邪魔ものだ、存在しているだけで邪魔なんだ。」

その思い、考えが核になっている信念で、そこから「人に迷惑をかけること」をひどく恐れるようになったのでしょう。

「存在していいんだよ!!」自分に言い聞かせてみました。

14日はその思い込みの原因となった出来事を思い出した後も、いろいろその思いこみに関連するいろんな細かい感情が無意識の層から湧き上って、なかなか落ち着きませんでしたけど、15日に日付が変わる頃、やっと落ち着き、元気を取り戻しました。

そして昨日15日(土)に朝起きた時はとてもさわやかで、お腹も痛みませんでした。私の核となっていた信念、やっと手放せたようです。

後はそれと関連している、まだ自己価値を認めていない部分とかも癒していきたいと思います。残りの自分の価値を認めていない部分も癒されたら、経済的、金銭的にも豊かになると思います。あともう少しです。頑張ります!!

|

« 豊かさを阻んでいる信念(思い込み) | トップページ | 思い込みと胃下垂 »

お金・現実化・豊さ・引き寄せ」カテゴリの記事

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豊かさを阻んでいる信念(思い込み) | トップページ | 思い込みと胃下垂 »