« ハトフルのヒーリング講座(土曜講座) | トップページ | アイディアの先生 »

2012年8月12日 (日)

セドナ・スピリチュアルガイド

パワースポットで有名なセドナに行きたいなあと思っていて、セドナ・スピリチュアルガイドの本を購入しました。

 レバナ先生が書いたセドナのガイドの本です。

 まだ読んでいる最中ですけど、少し紹介したいと思います。

☆シェネブリーヒル・ロードとカウパイ
 この二つは、私にとってクラウンチャクラと関係の深いボルテックスで、いつもさまざまなことについて本質的な理解や高次の情報を得ることができます。

 ☆レッドロック・クロッシング
 ここは私にとって第四チャクラに関係する場所です。そこで私は、女神の愛、つまり解放と再生のエネルギーを感じ、優しく力強いパワーに満たされ、全身に活力がみなぎるのを感じるのです。

 ☆ベルロック
 思い描いたことを行動に移すためのエネルギーが得られます。これはボルテックスのエネルギーが私の第三チャクラに働きかけるからです。

 ☆エアポートメサ
 私の第五チャクラに働きかけ、未来を見通し、そこで得たビジョンを使って望みどおりのライフスタイルや美しい世界を創り出す意欲や力を与えてくれます。

 ☆ウェストフォーク
 私は遊んだり楽しんだりすることを自分に許可できるようになり、同時に、自然の精霊たちとのつながりを得ることができます。これは第二、第四、第六、第七の四つのチャクラが互いに調和して働く結果です。

 ☆阿弥陀ストゥーパ
 愛と平和を願う地球規模の人道的な運動とつながり、そうした力強い運動を生み出す根源的なエネルギーを高めるための手助けができるようになります。第四、第六、第七の三つのチャクラの調和した働きによるものです。

  ボルテックスで体験することは、その人がどのような意識のもとにそこを訪ねるかによって違ってきます。ほかの人たちが経験したことが自分にも起こるだろうと期待したり、事前に思い描いたとおりの経験を得ようと考えたりするのは間違いです。あなたは自分だけの気づきを求めなくてはなりません。ほかの人たちがボルテックスで何を経験したかを知っても無意味です。セドナでは、だれのものでもない、自分だけの経験を得ることが大切なのです。

セドナ・スピリチュアルガイド レバナ・シェル・ブドラ(著)より引用

2005年の7月にイギリスのグラストンベリーへ旅行しました。

グラストンベリーもレバナ先生のおススメのパワースポットです。

その当時、私は事務職でした。事務の仕事は嫌いではないけれど、一生やる仕事ではないと思っていました。特になんの技術もないし、あてもないけれど、転職したいと思っていました。

レバナ先生が「グラストンべリーは変化を起こす場所」と言っていたので、私は転職したくてグラストンベリーへ旅行に行ったのでした。そしてグラストンベリーへ旅行して、日本に戻ってきた10か月後には転職し、今のリーディングの仕事を始めていました。

グラストンベリーへ行かなければ、間違いなくそんな流れは来なかったと思います。そもそもそれまでに一度もリーディングの仕事をしようとなど考えたこともありませんでした。クリアサイトで透視やオーラリーディングを習いましたが、お客さんを前にリーディングするのは恐くて、苦手だったのです。すぐ見えなくなるし、お客さんが前にいるだけで(エネルギー的な)影響を受けてボロボロになっていたので、1対1でのセッションを自分がするなんて、そんなことを考えたこともありませんでした。

間違いなく、今の仕事をやれているのは、グラストンベリーへ行ったお陰です。グラストンベリーに行ったのがきっかけで、私の人生に変化が起こったのです。

「グラストンベリーへ行ったお陰で人生が変化した」

私がこのようなことを言ったので、それを聞いたクリアサイトの友人がグラストンベリーへ旅行に行ったけれど、そのような変化は起こらなかったそうです。

セドナ・スピリチュアルガイドの本の中でレバナ先生が言っているように、その人がどのような意識でそこを訪れるかによって、それぞれが経験することは違うのでしょう。他の人が経験したことが自分にも起こるとは限りません。自分だけの気づき、経験が待っているのでしょうね。

最後の海外旅行がグラストンベリーでした。もう7年も海外旅行してないのですね。

今年はセドナに行きたいな!!

この仕事を始めてからもう6年も経ったのですね。今年は私にとって何か節目のような気がします。新しいステージに入るような?

お金はこれから作り、秋か冬にセドナへ行きたいなあと思っています。

|

« ハトフルのヒーリング講座(土曜講座) | トップページ | アイディアの先生 »

インド・旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハトフルのヒーリング講座(土曜講座) | トップページ | アイディアの先生 »