« 体に命令する(意図する) | トップページ | ザ・パワー »

2011年6月 9日 (木)

額のチャクラ(第6チャクラ)

ゲリースクールのアカシック専科に通っていた頃の話です。

ゲリースクール専科の宿題で「上部のチャクラをクリアにする呼吸法」というのを2週間やった後、首から上だけが38度8分で、肩から下の体は平熱・・・という妙な現象が起きました(詳しくは2009年12月1日、チャクラの呼吸法と熱(8月)をご覧ください)

上部のチャクラは第5チャクラが首、第六チャクラが額、第7チャクラが頭のてっぺんにあるので、その呼吸法をやったら第5、6、7のチャクラの通りがよくなったのか、首から上だけ熱が出るという奇妙なことが起こってしまったのですね。

その呼吸法は効果があったようです。ちゃんと首から上も平熱に戻ったのはその3日後だったのですが、その後、続きがありました。

平熱には戻ったのですが、しばらくして今度は頭がクラクラするようになりました。

「上部のチャクラをクリアにする呼吸法」の前に「第3の目のチャクラ(額の第6チャクラ)を開く呼吸法」というのを2週間やっていました。

今度はまるで額に小型扇風機がくっついているかのように、額から額の前の空間がクルクル回るのです!!まるで額に扇風機がくっついているかのように、何かが回転するので、頭がクラクラするのです。(変な話ですみません)

回る~、回るぅ~typhoon
(お酒を飲んだり、ジェットコースターに乗ったわけではありません)

チャクラとは、サンスクリット語で、「回る車輪」を意味します。チャクラというのは回転しているのですね。「第3の目のチャクラを開く呼吸法」をやったせいで、勢いよく額のチャクラが回り始めたのか、頭がクラクラし始めました。

もし額に扇風機なんてくっつけてたら、頭がクラクラしますよね?

実際には扇風機がくっついてるわけではないのですが、額のチャクラがクルクルクルクルtyphoonと回転するので頭はクラクラするし、三半規管はおかしくなって、まるで乗り物酔い、船酔いをしているみたいになるし、歩くのもフラフラ・・・・というのが1週間~2週間位続きました。

最終的には、2009年8月24日に富士山に行った時に治りました。(2009年8月25日 初めての富士山その時期の富士山のエネルギーが良いとゲリーが言っていたので、スクール仲間と行ってみたら治りました。

前日も少し頭がクラクラしたり、乗り物酔いみたいだったのですけど、夜寝ていたら、額の回転が第3チャクラのみぞおちの辺りまで下りてきました。

額のチャクラの回転はましになったのですけど、今度はお腹の辺りが回転し始めたのですね。実際のお腹が回っているわけではなく、第3チャクラの辺りの空間が回ってるとでも言うのでしょうか。

まずいなー。車で富士山まで行くのに~。

行きの車の中では多少気分が悪かったのですけど、富士山の良いエネルギーをもらったら、チャクラの回転で気分が悪いのもすっかり治ってしまいました。きっと富士山の良いエネルギーのお陰でチャクラの調整が完了したのだと思います。

中にはスピリチュアルな要素のせい、チャクラが原因で体調不良になっている場合があります。チャクラが開いた時もそうですし、逆にうまく機能していない時にも、体調がおかしくなることがあります。

2年近く前の話ですが、何かの参考になればと思い、書いてみました。

全部が全部ではありませんので、体調不良の場合は、病院に行って下さいね。

|

« 体に命令する(意図する) | トップページ | ザ・パワー »

ゲリーさん関連&アカシック」カテゴリの記事

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは。私も第3の目を開こうと思い、インターネットで呼吸法をあれこれ調べて挑戦してみてます!しかしこの呼吸法が正しいものなのかもわからないまましてみています。あまりんさんの呼吸法とはどういうものでしょう?もしよかったら教えていただけませんか?また、呼吸法するときのコツってありますでしょうか?(耳のチャクラを活性化する呼吸法も調べている最中ですが、あるのでしょうか??)

投稿: Mado | 2012年1月 7日 (土) 17:47

Madoさん

コメントどうもありがとうございます。
第3の目を開く呼吸法は、ミスティカルノウイングスクールの専科で習った呼吸法で、申し訳ございませんけれどスクールで習った呼吸法は一般公開してはいけない規定になっています。

スクールのカリキュラムに沿って学んできたスクール生なら大丈夫なのですが、突然この呼吸法だけやったら、ためになるどころか、害になるかもしれないとのことです。

当時スクール生だった私でも、額の位置のエネルギーが動き出して回りはじめ、立つのもフラフラでしたので、これがスクールのサポートなしに起こったら、パニックになってたと思います。スクールの最中に起こったことはスクールがしっかりサポートもしてくれるので、必要であれば対処法やなぜ起こったかも先生方にも聞けるし、安心でした。

あと、いろんな問題をかかえている人がサードアイを開くと、更に現実化が加速され、余計に大変な目に遭います。

一般公開してはいけない理由についてご理解いただけますでしょうか?

この記事に書いた呼吸法は教えられませんが、「片鼻呼吸」というスクールでもよくやっていた呼吸法がありまして、それも額のチャクラを開く呼吸法です。

もし興味があれば試してみてください。
インターネットで検索すればいろいろ片鼻呼吸のやり方が載っています。
※スクールでやっていたのは、人差し指と中指を折り曲げるやり方の片鼻呼吸です。

投稿: あまりん | 2012年4月12日 (木) 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 体に命令する(意図する) | トップページ | ザ・パワー »