« 名古屋セッションのお知らせ | トップページ | 毎週水曜は日本橋で勤務します »

2010年10月31日 (日)

10月の私

私にとって10月は全体的になんだか精神的に調子が悪く、過去からの何かが湧き上がってきて、精神的に大変な時期でした。月末近くになってようやく普通の状態に戻ってくることができました。お陰で10月は名古屋セッションのお知らせ記事、たった1つしかブログに書けませんでした。

もちろんセッションの時には切り替えられるので、普通の状態に戻れるのですが、他は結構ぐずぐず(12時間とか16時間とか)寝込んでみたり、苦しくなったり、訳のわからない調子の悪さ。

ゲリースクールに通っていた頃の浄化中の時よりは、ずっと軽くなって楽なのですが、それでも少し辛かったですね。このプロセスには慣れているとはいえ、しんどいものです。

1日に弟が引っ越していき、やっと私のペースになったと思って数日経ったら、精神的に具合が悪くなってきたのでした。

なんだかよくわからない苦しみようで、特に現状で原因もないのですが、精神的に辛いのが出てきて、自分自身でワークしても治りそうにないと思ったので、友人の心理療法の予約をしたのでした。

その次の日にあるメールが届き、『自分を軽く扱われる』という痛みと直面し、ひどく怒ってみたり、悲しくなったりで大変なことになってしまいました。メールを書いた本人は何気なく書いただけで、私が以前悲しんだり怒ったりしていたことなどまるで知らない様子。とても腹が立ち、悲しみ、ひどい状態で数日間過ごし、友人の心理療法を受けたらその件については治りました。この心理療法については、また別の機会に書いてみようと思います。

心理療法を受けてその件は治ったのですけど、無意識の層にあった、別の『自分を軽く扱われる』こととか、『自分自身を認めていない部分』、『自分を信頼できていない』何かが出てきました。

実際に誰かに「自分を軽く扱われる」と思った今年の出来事については癒されたのですけど、子供の頃からの痛みとかが出てきたのでした。でも今年の出来事は癒されたので、少し調子が良くなり、数日間で名古屋セッションの準備をして、名古屋に出かけたのでした。

名古屋では、ほとんどホテルに缶詰め状態でセッションをし、帰りは初めて名古屋観光をしてきました。

名古屋最後の日にホテルで朝食をした時のことです。ちょうどとても混んでいて、何十分か待った後、たまたま案内された席が柱の後ろの2名席でした。たぶんそのラウンジの中で一番悪い席だと思います。私の後に男性2人が角の窓際の4名席に案内され、見晴らしもよさそうでした。柱の陰のテーブル席だったので、見えにくかったのか、後の2名の男性にはお水とおしぼりが出ているのに、私の席にはそれから10分~15分位経つまでお水がこなかったです。別にお水が欲しかったわけでもないので特別気にしていたわけでもありませんでした。

次に朝食が運ばれてきました。そして朝食を持ってきたウェイターさんに言われました。
「コーヒーをすぐお持ちします。」

窓際の2名様にその後に飲み物が出され、朝食が運ばれました。

そのウェイターさんは新人だったのか、コーヒーを持ってくると言ったのをスッカリ忘れていたようです。食事が終わりかけても持ってきてもらえず、席はだんだん空いてきて、暇になったようで、そのウェイターさんは他の席の片付けをしている様子でした。

見晴らしの良い席は空いてきて、私一人が柱の陰。気づいてもらえず、なんだか寂しい気分になってきました。そして明るいところで楽しく会話している人達(泊り客)の賑やかな声が聞こえてきました。自分だけ忘れ去られて、なんだか日陰者の気分になってきました。

そして寂しい気分になりながら、これは小学校や中学校時代の私の気分なのだなーというのも理解していました。学生の頃、明るい、目立つ人たち、楽しそうな人達がうらやましかったのが思い出されました。そして今、またその心境になっているのがわかりました。

こういう無意識の層にあった子供の頃の気持ちも癒そうと、しっかりとその気持ちを味わっていました。食事が終わる頃にやっと女性のスタッフさんがコーヒーがないのに気づいてくれ、慌てて持ってきてくださいました。お詫びの言葉と、「ジュースもお代わりできますのでお持ちしましょうか。」と丁寧な対応で、もう1杯ジュースをもらいました。

じっくりその学生の頃の日陰者の気分を味わった後だったので、元気にもなってきました。その女性は帰り際にも謝ってくれました。しっかりとフォローもしてもらえたので、元気になってきました。エレベーターに乗りながら、今日の朝食は無意識の層にあった、その学生の頃の気持ちを再体験するために起こったんだろうなーとぼんやり考えました。

最後に1セッションをして、ホテルを出て、初めて名古屋観光をしてみました。友人のおすすめの名古屋城に行ってみました。

詰め詰めのスケジュールの終え、今回は「名古屋でのセッション」と「私の癒しの旅」だったことに気づきました。

名古屋セッションはこれで3回目だったのですけど、初めて名古屋観光もしてきました。主催者の直ちゃん(友人)がいつもセッションを詰め詰めに入れてくれるお陰で、前回まではホテルで缶詰め、観光に行っている時間がなかったのでした。

第1回目の名古屋セッションは2005年の秋で、なんと私がまだこの仕事をやってない頃でした。呼ばれて喜び、交通費とホテル代が出れば十分ということで名古屋での初セッションをやったのでした。というか、1対1の対面セッション自体、あまりやったこともない頃で、すごく緊張したのですね。

その頃から趣味程度に少し対面セッションもやっていましたが、派遣で事務の仕事をしていて、セッションというのは1ヶ月に数人(1桁)しかやっていなかったので、1日にそんなに何人も対面セッションをやるのは初めてだったのでした。全く自信もなく、緊張していた私を名古屋の皆さんは温かく迎えてくれたのでした。

今思うと、あんな自信のカケラもなく、1対1の対面セッションなんてほとんどしたことのない私をよく呼んでくれたものです。名古屋の皆さんのお陰で、随分自信になったと思います。たぶんそのような出来事がなければ、今の仕事で開業なんてしなかったと思います。

沢山の人数の人が私を温かく迎えてくれるという自信になったのが2005年の名古屋セッションでした。そして、今回、2005年の時に受けてくれた人が数名いて、またその時の喜びを思い出しました。10月の名古屋最後のセッションは親子で来られ、娘さんのほうは東京に一度セッションを受けに来てくれた方でした。親子で「良かった」と言ってもらえ、また東京にも来たいと言ってくれました。

「私の残っていた自信のなさ(無意識の層)。」
これが今回の名古屋セッションのお陰で、癒されました。

名古屋の皆さん、呼んでくれた直ちゃん、本当にどうもありがとうございました。
今回の名古屋セッションで、私もまた自信がつき、癒されました!!
今回の名古屋の旅で私も癒されました!!どうもありがとうございました。

名古屋から帰ってきて、自信もつき、満たされた状態が数日間続きました。そしてそのまた下の意識の層からまた次の何かが出てきて、それを癒すのに1週間位かかりました。そして、それが落ち着いて、今、もう10月が終わるところですね。

10月の私の出来事でした。スッキリして落ち着くまで随分時間がかかってしまいました。

名古屋で写真も撮ってきたので、その内UPする予定です。

|

« 名古屋セッションのお知らせ | トップページ | 毎週水曜は日本橋で勤務します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古屋セッションのお知らせ | トップページ | 毎週水曜は日本橋で勤務します »