« 豊かさの法則 | トップページ | 平行自己 »

2010年6月14日 (月)

豊かさの法則と天使

6月12日(土) 新月から「豊かさの法則」40日間プランを始めました。

今日で3日目です。毎日瞑想の後に、頭に浮かんできた考え(スピリットが抱いた「アイデア」)を日記又はノートに書き留めるのですけど、どうやら天使がメッセージをくれているようです。

天使のように思えるけど、本当に天使なのか疑わしかったので、エンジェルカードを引いてみました。

Trust_6

「TRUST」のカードが出ました。

カードの意味は、自分自身を信じ、神とエンジェル達がいつもあなたと一緒にいるという信念を持ち続けてください。100%信じる力を妨げる不安がなくなるように神とエンジェル達に助けを求めてください。

どうやらエンジェルのようですね!!

1日目は、女性っぽい天使かガイドから語られているような気がしただけでしたが、2日目、3日目(今日)とレッスンが進むにつれ、質問したら返事が段々しっかりと詳しく返ってくるようになりました。

リーディングの仕事で、お客さんのハイアーセルフやガイド、守護霊などのメッセージは伝えているのですけど、自分のは時々しかわからず、聞いた時にすぐ返事が来るわけでもないし、内容も曖昧で困ってたのですね。

3日目の今日は、私に必要な、豊かさを妨害している箇所を癒す、簡単なヒーリングの指導をしてくれました。

『あー、しんど!!』

途中で手を上げているのが疲れたので、止めようとしたら、「もうちょっと頑張って!!あともう少し!!あと何分!!」と励まされ、天使に「いいよ。」と言われるまでやりました。

なんだか、ジムのスタジオの先生のようでした。

私の場合、ガイドや天使、ハイアーセルフなどは特に姿かたちは見えず、エネルギー体でしかわからないので、メッセージだけだとあまり実感がなかったりするのですけど、こんな細かく指示してくるのは想像や空想じゃないよね・・・。

私の頭では受け容れがたい内容のメッセージもありました。聞きたくない内容のメッセージだと、急に音量が下がるようなカンジでメッセージが聞こえにくくなって、スイッチが切れてしまうのです。

私が信じている事柄とは違う内容だったりして、あまり聞きたくない内容だと急にメッセージが途切れてわからなくなるのですね。やっぱり受け取る側の許容力も関係するのでしょうね。最後のほうは、ほとんど聞こえず、聞きたくないせいもあるのか段々疲れてきてしまい、今日は終了しました。

「最後にもう1つだけしっかり聞いてください。あなたは守られています。」

終わろうとしたら、最後にそう言われ、今日のメッセージの書き取りは終了しました。今日は1時間位、話ししてたのに近いので、もう限界だったのでしょう。もしかしたら段々慣れてくるのかもしれません。

最後は少々疲れてしまいましたけど、天使に感謝!!

ドリーン・バーチュー博士は有名になってからもこの「豊かさの法則」の本を毎日欠かさず読んでいるそうです。

皆さんが天使やガイドとつながるとは限りませんけど、豊かさのアイディアやひらめきを得るには、よいレッスンだと思います。

興味のある方は、読んでみてください。

|

« 豊かさの法則 | トップページ | 平行自己 »

お金・現実化・豊さ・引き寄せ」カテゴリの記事

カード」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も、あまりんさんと共に、新月からスタートしましたscissors
私、嬉しいですnote
あまりんさんと同じく、天使を感じたんです
そして、三日目のワークでは、私の中にある成功する事、豊かさを跳ね返しているであろうブロック、これがあるんだよ…みたいなメッセージを頂きましたsign03
あまりんさんのように、質問が出来ればよい良いのですが…
今の私では、そこまでの実力がないので、ただひたすらメッセージを受け取るのみです(笑)
毎日が楽しいですshine
これからも楽しみですね(笑)
あまりんさん、ありがとうございますhappy01

投稿: ゆりあ | 2010年6月15日 (火) 18:52

ゆりあさん

同じ新月からスタート、どうもありがとうございます。

天使を感じたのまで一緒でとても面白いです。私も豊かさを妨害しているブロックについて天使が教えてくれてます。

flairメッセージを活かそうと、いろいろ試している最中です。

豊かさの法則について書いてないか、ゆりあさんのブログをちょくちょくチェックして、楽しみにしています!!

今後も楽しみですsign03

投稿: あまりん | 2010年6月16日 (水) 13:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豊かさの法則 | トップページ | 平行自己 »