« 6月のお知らせ | トップページ | 愛の源泉 »

2010年5月31日 (月)

毛布と安らぎ

スピリチュアルレッスンの27日目(5月27日木曜)にある本を読んでいました。

ゆったりとした毛布のように
世界を身にまといなさい。

 不安な時に、「大丈夫よ」と毛布をかけてくれる人がいる。
 そのやすらぎ、毛布は自信、毛布は信じる力。
 不安な人は、「大丈夫よ」と毛布をかけてくれる人を探している。
 まず自分を信じなさい。
   
ネイティブ・アメリカン 聖なる言葉
    ブラックウルフ・ジョーンズ&ジーナ・ジョーンズ(著)

   

私が眠るのが好きで、眠りすぎる癖があったのは、現実逃避したいせいもあったのですが、寝ている時に毛布や布団、タオルケットなどにくるまっていると、とても安心するからだったのですね。

その安らぎを求めて、何日も眠り込んだりしていたのです。でも寝すぎると、頭が痛くなったり、逆に体調を崩して疲れます。それでも眠り込むのをやめられなかったのは、あのぬくもりを感じたかったせいだと思います。

なるほどね~!!毛布や布団、タオルケットなしでも、自分を信じて安心できればいいんだ!!そうすれば、寝すぎて逆に体調を崩してヨレヨレにならなくてもよいかもしれない!!
※現在も寝るのは好きですけど、そこまで極端に何十時間も寝込むことはなくなりました。

なるほど、なるほど!!そんなことを考えた次の日、友人のブログを読んだら、なんと5/27(木)に「安心と包まれるエネルギーを自分に与える」というタイトルで、自分をナデナデしてあげたり、ガーゼかタオルの薄いのを体の上から掛けてあげると体が包まれた感覚になり、安心するという内容が書かれてありました。

私がネイティブ・アメリカンの本の毛布のページを読んだ日です。またシンクロでしょうか・・・・。

友人とのシンクロってやたら多いですねー。不思議です。

子供の頃(小学校の高学年以降)の私は、かなりの不安症だったので、どうにかして安心したかったのだと思います。たぶん、父が優しく抱きしめてくれるとかはほとんどなく、拒否されてきたので、そういう安心できない癖がついてしまったのだと思います。

小学校の頃に不安のため、よく胸(心臓)がキリキリ痛んだりしていたことを覚えています。

母が父に赤ん坊の私を抱かせようとすると、父は嫌がったりもしたそうです。父は赤ん坊や子供を抱くのは慣れないのか、恥ずかしかったのか、頑なに却下したのだそうです。

父に抱いてもらったり、膝に乗せてもらったりも全然なかったわけではないと思いますけど、稀にしかなかったような気がします。

父には却下されてしまうので、私のお気に入りはおじいちゃんの膝の上でした。おじいちゃん(母の父)の膝の上でおじいちゃんのいろんな話を聞くのが大好きでした。子供というのは、かわいがってくれる人物のところに居つくものです。私は母側では初孫だったので、とてもかわいがってもらえたのですね。父や母よりおじいちゃんや親戚の大人のほうがかわいがってくれるので、おじいちゃん宅に行っている時はとても楽しかったです。

父は、それを見て、どうやら気分が悪かったみたいです・・・。

優しく包まれ、温かさを感じる、手をつなぐ、愛情を感じる。

スキンシップというのは、とても大切なことだと思います。スキンシップが少ないと、子供というのは安心出来ず、不安になりやすくなります。何かあった時に、「大丈夫だよ~。」って言ってもらったり、抱きしめてもらって安心したいのですね。

父とはスキンシップだけでなく、コミュニケーションも欠けていたので、余計に不安になったのかもしれません。「自分自身でよい」となかなか思えなかったです。

毛布や布団、タオルケットに包まれる安らぎ(=寝る)というのは、私にとって愛情やスキンシップやコミュニケーションの代用品だったのかもしれませんね・・・。

もう現実と向き合うのが嫌な時に寝込むのは止め、自分で自分を信頼し、安心感や安らぎを感じるように、意識していきたいと思います。

|

« 6月のお知らせ | トップページ | 愛の源泉 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

リンクありがとう~(^^)

私も、こちらで見る記事はいつもシンクロで驚いています。
離れているのに、同じような感情をこの日感じていたのか!とか(笑)

安心とやすらぎって、本当に大事ですよね。
この記事に書かれていることも、とても共感を覚えながら読みました。(かなり!)

ネイティブインディアンの毛布ことの書いてある本って、なんてタイトルでしょう?
いつか機会があったら教えて下さいね♪


投稿: SAYA | 2010年6月 3日 (木) 10:59

SAYAちゃん

本から言葉を引用してきた場合、いつも本のタイトル等は言葉の最後に載せていますよ。
タイトルは、「ネイティブ・アメリカン 聖なる言葉」です。今回は、記事の中にAmazonのこの本の紹介&リンク先と本の表紙も載せてます。

もうシンクロも当たり前になってきてますよね。最近は、「まただー」にみたいになってます。

思考や想念には距離は関係ないみたいですね。

投稿: あまりん | 2010年6月 3日 (木) 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月のお知らせ | トップページ | 愛の源泉 »