« 豊かさと欲望について | トップページ | 揚げ出し豆腐 初チャレンジ »

2010年1月18日 (月)

7つの望ましい態度

ミスティカルノウイング・スクール生が実践しなければならない事柄というのがいろいろあります。

その中で、『7つの望ましい態度』というのがゲリーさんの本にも載っていたので、紹介します。

7つの望ましい態度

  1. 新しくおとずれる瞬間、瞬間において、自分自身に対してやさしく穏やかに接すること。
  2. 自分の人生のすべての条件や状況の責任を完全にとること。
  3. どのような結果をもたらそうとも、すべてにおいて正直であること。
  4. あらゆる適当な方法で他者の助けとなること。
  5. あなたが話すすべての言葉、行うすべての行為において、ゆるがず率直であること。
  6. 他者の能力や貢献を認めること。
  7. 寛容であり感謝すること。

    新・光の12日間 ゲリー・ボーネル(著)より引用

たった7つの項目ですが、それを忠実に実行しようとすると、結構大変です。

 ①瞬間瞬間、自分自身に対してやさしく穏やかに接する。

自分に対していつもいつもやさしく穏やかかというと、そうではない時も多々あります。私の場合、気力がなく、ダラダラしている時というのは、やさしく穏やかに包み込んでいるのとは程遠く、何かが欠けているから、そうなってしまうのでしょうね。

 イライラしたり、怒ったり、自分のことを認めず、これじゃ駄目だと非難したり、自分を下げるようなこと・・・それらは自分に対して優しく穏やかに接してはいないのです。

 ②自分の人生のすべての条件や状況の責任を完全にとること。
自分の人生全ての環境や状況の責任を完全にとるというのは、不平不満は一切なしということです。皆さんは、出来ていますか?

 ③どのような結果をもたらそうとも、すべてにおいて正直であること。
出来る限り正直に、嘘はつかず自分を表現しているつもりではありますが、「すべて」と言われると・・・うーん。全てではないですね。お客さんや友人とかには正直にそのまま自分のことを伝えていますが、それ以外のところで、微妙に自分に都合の良いようにほんの少しだけ言い訳として小さな嘘をついたり、ニュアンスを変えることが稀にあります。「どのような結果をもたらそうとも」という言葉がついてくるので、固い決心が必要ですね。

 社会にいると、心の中で思っていることと外側で見せる自分は全然違っていたりします。自分を守るため、有利にことを運ぶため、悪く思われないために沢山の嘘、ごまかし、ごますり、お世辞・・・等を言ったりするかもしれません。でも本当の自分でないのは自分が一番よく知っていると思います。「正直な人」というのは、ある強さが伴っています。正直でない人というのは、本当の気持ちとそうでない表面上の自分がいるので、常に分裂し、ストレスにさらされています。正直になるのは勇気がいるかもしれませんが、自分のことを本当に認められれば、あえて自分が思ってもいないことを言ったり、やったりする必要はなくなってきます。他人はごまかせても、自分で自分を騙し続けることは出来ません。まずは、本当の自分を認めることから始めてください。

 ④あらゆる適当な方法で他者の助けとなること。
お客さんとかには出来る限りやっていますが、仕事以外の時もいつもそうかというと、そうでない時があります。

 ⑤あなたが話すすべての言葉、行うすべての行為において、ゆるがず率直であること。
出来る限りはやってますが、「すべて」「ゆるがず」と入ると違う時もあるかもしれません。

 ⑥他者の能力や貢献を認めること。
お客さんに対しては、比較的そう思えるのですけど、普段、日常で私が常に他者の能力や貢献を認めているかというと、そうではない事も多いかと思います。ジャッジ(批判)の思考が来ることがあるならば、その人のことを認めていないことになりますよね。比較とジャッジはくっついてきます。社会では常に人と比較&ジャッジしているので、難しいですよね。他者の能力や貢献を認め、人と比較することがない、ジャッジの思考のない人というのは覚醒してるかと思います。私の出来る範囲で頑張りたいと思います。

 人のことを認めていますか?上司や部下、奥さん、旦那さん、子供、友人、ご近所さん。仕事場で、ご近所で、いろんなところに嫌な人物がいたりしませんか?自分が相手のことを嫌いだと思ってたり、認めておらず、ケチをつけているとしたら、相手からもそう思われる確率は非常に高いです。自分を認めて欲しいと思ったら、認めてもらうために奮闘するのも1つの手ですが、他人の承認なしに自分の事を認め、逆にあなたがその認めてもらいたいと思っている人のことを認めてみるのはどうでしょう?
 相手が自分のことを認めてくれてるというのを感じると、人は同じ様に思う場合も多々あります。そうでない場合もありますけどね。でも他者のことを認めないことによって、知らない内に苦しんでいるのは「あなた」です。「認めない」ことによって、エゴはふくらみ、ますます存在から切り離され、知らない内に孤立します。
 他者のことを認めてみてください。認めることは、自分の負けではありません。人との架け橋を作り、周りとの調和、穏やかさ、エネルギーの交流をつくり、自分が豊かになっていく道です。

 

 ⑦寛容であり感謝すること。
いつも寛容で感謝しているかというとそうではないですね。いつも感謝していれば、気力がなくなって、グダグダしている時間がないはずですものね。1日の中で、ある瞬間にはそうですけど・・・まだまだ足りないです。

 今の現状で満足しておらず、不平不満を言っていたり、小さなことでイライラしたり、怒ってばかりませんか?感謝していると、豊かさはもっともっとやってきます。逆に、不満ばかり言って、そのネガティブエネルギーを撒き散らしていると、「不平・不満」を餌に「不幸」を釣り上げるようなものです。物事のネガティブな側面ばかり見ていると、現実はますますそのようになってきます。

 さあ、どうでしょうか?皆さんはこの「7つの望ましい態度」を実行できますか?試してみてください。

|

« 豊かさと欲望について | トップページ | 揚げ出し豆腐 初チャレンジ »

ゲリーさん関連&アカシック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントはたま~にしかしませんが愛読しております。ネガティヴ思考にどっぷり浸かっていたところ、いいタイミングの記事でした。
反省。さらに反省。すべては自分が招いていることなんですね。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
ちょっとづつ意識して変わって行きたい。

投稿: yk | 2010年1月19日 (火) 15:52

ykさん

愛読してくださってどうもありがとうございますhappy01

「ダミダコリャ…」なんて思う必要はありませんよ。「ネガティヴ思考にどっぷり浸かっていた」と気付けばよいだけですから!!
反省も程々に・・・。

自分に対して優しく穏やかに、ネガティブ思考に浸かっていた自分も寛容な態度で受けとめて下さい。それが出来れば、だんだん変わってきますよ!!

投稿: あまりん | 2010年1月19日 (火) 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豊かさと欲望について | トップページ | 揚げ出し豆腐 初チャレンジ »