« ハロウィーンの透視、11/3と11/10のキャンペーン | トップページ | 火曜日は下北沢のケアラ・ヒーリングに居ます »

2009年11月16日 (月)

専科スクール 卒業パーティ

ミスティカル・ノウイング・スクール専科 卒業パーティが2009年10月25日(日)にありました。

ダンス、歌、コント、太極拳演武、舞い、仮装、笑いありの楽しいパーティでした。
今回は、あまり写真を撮りませんでしたが、卒業パーティの写真です。

ブログに顔写真を載せてもよいのかわからないので、「いいよ」と言ってくれた人のみ載せてます。なので、今のところ、数枚だけです。(先生の)ゲリーはきっと載せてもよいでしょう・・・。
※許可がもしとれたら、写真の数が増えるかもしれません。

今回のパーティは、仮装しても、しなくてもよいということでした。
でもまあ、せっかくなので、ちょっぴり仮装しました。

怪しい黒サングラスの私&パンプキンちゃんです。Img_1218

こいつは誰?!
サングラス+黒ヒゲの怪しい人物が私です。

着物姿、チャイナドレス、カエル、魔女、にゃんこ、ベリーダンスの衣装、ちょんまげの人、その他いろんな姿の人達が居て、賑やかでした。

Img_1233

ゲリー

Img_1241_4

勝手に写真を載せてよいのかわからないので、写真はこの位で。

この日は、卒業というのに全然卒業したという実感がなかったです。実感がないのは本科の時もでしたが、本科卒業の時は寂しい気持ちもありました。

本科卒業の後は、寂しくなり、1~2ヶ月の間気力がなくなり、なんだかスッキリしない、わけのわからない落ち込みが続きましたが、今回そういうのはありません。

今回(先月)の専科卒業の時は、ちっとも寂しくなかったです。

今もちっとも寂しくないのは、皆ともう最後って気がせず、またどこかで必ず会うというのがわかっているからでしょう。

他の私の友達ともまた違い、このスクールの人達との縁は深いものなのでしょう。あの大変なスクールの課題をやり、葛藤を手放し続け、お互いやっていることは違っていてバラバラでも、1つの道(ノウイングの道)を歩んでいることがとても励みになります。

この専科スクールのお陰で、私も随分軽くなってきました。

葛藤や問題をいろいろ抱えていると、人生は辛く、大変なものです。

でもこのスクールのお陰でそういう事柄からだんだん抜け出し、人生を楽しむということがどういうことなのか、だんだんわかってきました。

小学生頃の私というのは、ひどい不安症でした。同級生とはうまく喋れず、何故かいつもいつも不安を抱えていたですね。スクール本科の第2セクションまで、2007年12月末にものすごい不安な気持ちがドドドーと押し寄せ、大変だったのを覚えています。

「あの不安症はいったいなんだったんだろう?」
今はそのような不安はないので、今考えてみると、「あれは何だったのだろう?」ってカンジです。

現在、不安が全くないというわけではないのですが、稀にほんのちょっとなので、ほとんどないに近いのですね。「葛藤を手放す」ことで、どんなに楽になったか!!

手放すまでは、実は大変だったりするのですけど、スクールの皆と一緒にだったので、辛くても楽しかったです。同志の皆さん、どうもありがとうございました!!

今後ともよろしくお願いします!!

|

« ハロウィーンの透視、11/3と11/10のキャンペーン | トップページ | 火曜日は下北沢のケアラ・ヒーリングに居ます »

ゲリーさん関連&アカシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハロウィーンの透視、11/3と11/10のキャンペーン | トップページ | 火曜日は下北沢のケアラ・ヒーリングに居ます »