« 本日と12月のお知らせ | トップページ | 前世を思い出すコツとヒント »

2009年11月29日 (日)

冷え性に絹のレッグウォーマー

昨日、「手当てかふぇ ゆとりろん」で絹のレッグウォーマーを購入してきました。

以前、ゆとりろんでお手当てを受けた時に冷え性によいと言われ、この絹のレッグウォーマーの丈の短いのを(特別?)プレゼントしてもらったのですが、冷え性に効くのでもう1足購入しました。ゆとりろんで、390円で売ってます。

Photoこのシルクのレッグウォーマーの効果です。

  • shine綿はシルクの1.5倍の吸水・放水性があり、ムレや悪臭を防ぎ、サラッとした履き心地です。
  • shine保温・通気性に優れ、冬は暖かく夏は涼しく過ごせます。
  • shine絹のアミノ酸の働きで紫外線を吸収し放射するので細菌の繁殖を抑え抗菌効果を発揮します。
  • shineゆったり編みになっていますので、強く圧迫しません。
  • shineカプサイシン加工することにより、殺菌作用や血行促進等の効果が長時間期待できます

確かもらったのが6月とか7月だったので、家ではあまり使用していませんでした。

 私はかなりの末端冷え性です。部屋の中で体は寒くなく普通でも、手足だけ冷えるのです。秋になってくると、手足が冷え、手足から冷気を感じるほど。足の膝から下は、とても冷たいのです。そして毎年、秋や冬になると、銀行のATMや駅のタッチパネル式の券売機の操作をしていると、何度パネルを押しても、反応しなくなるのです。それらの機械はたぶん指の温度も関係しているのでしょう。冬になると、そういう現象がよく起こり、冷たい指だと反応してくれないのです。急いでいる時は、ホント、迷惑ですgawk。首とかを1~2分触り、指の温度が少し上がってから操作をすると、次の画面にいってくれるのですけどね。皆さんは、そういうことってありますか?
 幸い今年の秋は、まだ2回位、銀行のATMの画面が動かなくなったことがあるだけですが、最近寒くなってきたので、もうそろそろでしょうか。

秋になったので、この絹のレッグウォーマーを履いてみたら、普段冷たい足がとても温かくなり、びっくりしました。

レッグウォーマー歴の長い、手当てかふぇのスタッフ、まーこちゃんも、この絹のレッグウォーマが今迄で一番良かったと言ってました。

私はレッグウォーマーなど使用したことがなかったのですが、足首まで温めると全然違います。冷え性のツボが足首の辺りにあるので、足首を温めるとよいらしいです。

保温性・通気性に優れているので、他の素材より、絹がよいみたいですね。冷え性の人には、この絹のレッグウォーマーをお勧めします。

足首のあたりにある冷え性のツボは、三陰交(さんいんこう)がよいみたいです。左右の足を押してみてください。

冷え性のツボ(足首のあたり)

  • 三陰交(さんいんこう) 足の内くるぶしの上3寸。足の内くるぶしから指4本分上、すね骨のすぐ後ろにあります。軽い痛みを感じるところです。
  • 太谿(たいけい) 足の内くるぶしの後ろあたり。
  • 照海(しょうかい) 足の内くるぶしの下あたり。

手当てかふぇでは、冷え性の対処法をいろいろ知っている専門家がいるので、水曜日か土曜日に行ってみて下さい。ツボを押しやすいように桐で作った、ゆとりろんオリジナルの桐のすご板はとても便利ですよ!!手当てかふぇでは、お店でお手当て(マッサージ、食事療法、その他その人に合った療法等)をやっているだけでなく、自分で家で出来る健康法とかも教えてくれます。

手当てかふぇの店長の旦那さん、山ちゃんが『自然療法』で有名な東城百合子先生の料理教室に通っていて、手当てかふぇではそこで習った玄米のお食事等を出しています。とってもヘルシーです。

東条百合子先生の料理教室か何かのことを通称「あなけん」と呼んでいて、料理教室に通っている「あな研」 (この字でよいのでしょうか?アナ?穴・・・じゃないですしね。)の人がよく手当てかふぇに来ています。

夏には、体のデトックス、解毒に効くという、東条百合子先生がすすめている、砂療法とかも山ちゃんが開催していて、私も夏に参加し、とても効果がありました。砂療法の記事も書く予定でしたが、まだ載せていませんね・・・。また気が向いたら、季節はずれで申し訳ありませんが、載せますね。

ああ!!「あな研」ではなく、たぶん「あな健」です。東城百合子先生の砂療法についての冊子を読んだら、「あなたと健康社」と書いてありました。山ちゃんがいつも「あなけん」「あなけん」と言っているので、てっきり「けん」はなんとか研究会の略で、「あな」はいったい何の意味なのだろうとずっと思っていました。
※もし「あな健」ではなかったら、教えてください。

山ちゃんが今度は、あな健で習った、手作り味噌の講座でもやろうかと言ってました。

手当てかふぇのリピーター率はすごくて、私は月に1回位しか行かないのに、お客で来る人は顔見知りの人ばっかりというか・・・。

手当てかふぇの人達は、健康に関するいろんな知識を知っていて、ずっと追求している人達なので、体、健康に関することをいろいろ知っています。もし興味があれば、水曜か土曜日に行ってみて下さい。(手当てかふぇは現在、水曜と土曜のみオープンしています)

【営業】水曜と土曜の12時~20時
【場所】JR中央線・東西線 中野駅(東京都中野区)から徒歩3分
    東京都中野区中野5-36-1 手当てかふぇ ゆとりろん

|

« 本日と12月のお知らせ | トップページ | 前世を思い出すコツとヒント »

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日と12月のお知らせ | トップページ | 前世を思い出すコツとヒント »