« 宇宙人の前世 | トップページ | ハロウィーンの透視、11/3と11/10のキャンペーン »

2009年10月30日 (金)

ゲリーさんの個人セッション

10月29日(木)、昨日朝10時からゲリーさんのアカシックリーディングの個人セッションを受けてきましたhappy01

ゲリーさんの個人セッションを受けたのは初めてで、専科スクールを卒業後、その後の方針とか、残っている葛藤は何か聞きたかったので受けたのでした。

8月に申し込みした時(キャンセル待ちでした)は、卒業した後はいったいどうしてよいのか、検討もつかなかったので申し込んだのですけど、10月の集中ワークでいろんな気付きがあり、新たなアカシックリーディングの方法も習い課題も出来たし、充実感があったので、精神的には落ち着いてきていたのでした。

その後の方針、仕事としては今までと大きくは変わらず、リーディング等の仕事をベースに続けていけばよいそうです。

残っている葛藤は、『自分自身を疑っている』、『自己否定』の部分だそうです。この『自分を疑っている』のが私の中で、一番大きな葛藤になるようです。

それと、先週スクールでゲリーに「ものすごく悪いことをしていた前世がある」と言われたので、いったいどんな悪いことをしていたのかも聞いてみました。

先週スクールで葛藤を手放す急進的な方法(強制的に葛藤を手放させる方法)というのをスクール生皆それぞれやってもらったのですけど、そのセラピーの後、胸の辺りにあった収縮した感覚やブロックがとれ、胸にエネルギーが通るようになりました。そのセラピーの後は、エネルギーが通る感覚と共に、今までなかなか気付けなかった、自分に対するジャッジ、批判、非難、自分を貶めている思考がやってくるのがわかるようになりました。そして、自己否定、非難をしている時はどのような態度をとるか、ハートが縮んで閉じている様子、自分を低く思っているので周りの人が自分をどう思っているかやたら気になり、収縮している自分の様子、自分がどのような態度で接しているか・・・・それらの思考や自分の態度というのが急に見えるようになってきたのです。

今までもずっとそのように『自己否定』はしていたのでしょうけど、それまでは、こんな風にはわからなかったです。そのセラピーで葛藤が沢山とれたので、やっとその自己否定の思考に気付くようになったのだと思います。たぶんセラピー前は、もっと酷く縮こまっていたってことなのでしょうね。

『自分を疑っている』、『自己否定』。

「これを解決する必要がある。それらはそんなに沢山はない。薄い膜のように残っているだけだ。」ゲリーはそう言っていました。

10月の集中ワークが始まる前よりはかなり楽になってきたと思うので、後もう少し残っている『自分を疑う、自己否定』の葛藤を完全に手放したいと思います。このような思いを持っていて、自分にとって良い事はひとつもありませんしね。

酷いことをしていた、悪人の前世で、いったい私はどんな悪いことをしていたのかも聞いてみました。

その質問をしたら、ゲリーは笑い、答えてくれました。

「男性の前世で、子供の頃に残酷な扱いをされていました。とんでもない、悲惨な育ち方をしたため、その子が大きくなり、何人かの方を殺害しました。今で言う、連続殺人犯でしょうか。性的・霊的な内容につながり、ひねくれ、捻じ曲がってしまいました。自分が殺しているということに関して正義感と神に選ばれてそういうことをしていると思っていました。そういう意味で、すごく悪い人でした。」

(人間の)赤ちゃんを食らう人を例に出し、『それよりも悪人』と先週のスクールの時に言われたので、いったいどんな悪いことをしていたのだろうと思っていました。(関連記事10/26 スクール専科 卒業しました) その前世を見ようと頑張ってはみたのですけど、自分では思い出せなかったので、個人セッションでゲリーに質問してみたのでした。

連続殺人犯の前世でしたか・・・・。

でも1つだけ思い当たる節があります。8月に霊が恐いと思っているのを治すため、昔の処刑場跡に行って霊を見ようと頑張ってみたり、霊を見るのが恐いのは血みどろの恐い、恨みつらみを持っている霊ばかりがいると思い込んでいるせいなので、そういうのが出てきたとしても大丈夫になるよう、殺人事件でひどい殺され方をしている場面が出てくる海外ドラマをみていたのですね。(その修行?の詳細は、9/15 「霊視します」 その後・・・をご覧下さい。) 連続殺人事件とかを解決する内容の海外ドラマでした。そのドラマで変死体が出てきたり、酷い殺し方をしているのを見ていると、ここ最近ではほんとにない位、気分がドーンと落ち込み、ものすごく暗い、ダークな気分になり、そのシーズン1の最終話まではみれませんでした。

ホラー映画とか、その手のドラマは大嫌いなのですね。

そのドラマの中で登場した連続殺人犯の中に、『自分は神に選ばれた存在で、神の制裁を加えているのだ』と思い込み、連続殺人を続けていた人物がいたでした。確かに殺人の現場を見て気分がよくなる人はいないと思いますが、あのドラマを続けてみるのが出来なかったのは、なんと自分がそういうことを前世でやっていたせいだったのですね。酷く気分が悪くなる訳だ・・・。そうだったのですね・・・・。

「(その前世の)もっと詳細をお伝えすることも出来ますが、知りたいですか?」

ゲリーにそう言われましたが、前世でどんな悪いことをやっていたか知れば充分だったので、もう大丈夫だと次の質問をしました。

「私は今世、地球での最後の転生でしょうか?」

ゲリー 「後、8回残っています。(あと8転生)」

私 「ええー!!」

ゲリー 「冗談です。」 ゲリーはいたずらっぽく大笑いしてました。bleah 
2人で大爆笑でした。

私 「ああー。びっくりしたぁ~。」 

ゲリー「今世が最後かもしれないし、もう1転生だけ戻ってくることも出来ます。」

もう今世で地球は最後にしたいとずっと思っていたので、意外でした。

ゲリー「もう1転生戻ってきたくなる可能性があるということです。生まれた時から完全にバランスのとれた状態で、素晴らしい人生を送りたいと思うかもしれません。もう1転生生まれるかどうかは、あなたの選択次第です。」

ゲリー「ご自身が愛にあふれるシフトを体験した後、そうした時にもう少し(地球に)居てもいいかなという気になるかもしれない。」

その他、いくつか質問して、最後のほうで、来年ティーチャーのコースがあるので、それについても聞いてみました。

教えることにあまり関心がないので、どうかと思ったのですね。ずっとティーチャーコースには出るつもりはなかったですけど、スクール専科の卒業式の前日に、「皆と居るのは楽しいし、またゲリーにいろいろ教わりたいなあ」と初めてちょっとティーチャーコースにも出てみてもよいかもと思ったのですね。

でも、ゲリーは『教えることに関心がないのなら、ティーチャーコースに出てもあまり得るものはないかも。』ということと、『あなたがNLPを習ってる姿が見える』と言ってました。

ゲリーは、「エリクソン」の名前を出しました。

そうそう!!エリクソンには興味があります!!

NLPに関しては、ほんの少しだけ関心があっただけでしたけど、「エリクソン催眠」は習いたいと思ったことがありました。お金と日程の都合でまだ受けていませんが、エリクソンには興味があります。機会があって、そういう気持ちになったら、NLPも受けてみようかな!!

10月の専科スクールに加え、ゲリーの個人セッションでもいろいろヒントを頂きました。個人セッションの内容で今回書かなかったことをまたいつか書きたくなったら、ご報告します。

ゲリーさん(ゲリー・ボーネル)、今までどうもありがとうございました!!
アカシックリーディングがゲリーさんのように出来るよう、日々練習とワークを今後も続けていきたいと思います。

|

« 宇宙人の前世 | トップページ | ハロウィーンの透視、11/3と11/10のキャンペーン »

ゲリーさん関連&アカシック」カテゴリの記事

前世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宇宙人の前世 | トップページ | ハロウィーンの透視、11/3と11/10のキャンペーン »