« 本日の手当てカフェお休みします。9月10月の予定。 | トップページ | パソコンの故障とネットブック(8月) »

2009年9月15日 (火)

「霊視します」 その後・・・

8月(先月)は、1日から31日までいろんなことが起こってました。

1ヶ月で3回も体調が崩れたりで、ブログもあまり更新してませんでした。9月に入ってからは体調も回復し、元気にしています。

このブログは私の日記でもあるので、書いてなかった8月の私の様子を近々総まとめで書こうと思っているのですけど、8月のいろんな出来事の始まりのきっかけは7月にやったスクールの課題と「霊視します」と決心したことから始まっているかと思います。ですので、8月の日記を書く前に、前置きとして7月のことも書いておこうと思います。

そもそも8月の異変(体調の異変)は何から始まっているかというと、7月中頃から後半にかけ、スクールの課題の「第三の目のチャクラを開くエクササイズ」と「上部(5、6、7)のチャクラをクリアにするエクササイズ」を2週間やった後、エクササイズをやらなくなった8月から起こった出来事になるでしょうか。

7月23日(木)に千さんという方のセッションを受け、「私がアカシックのフル体験をするのを妨げているのは、見えない存在たちや霊を見るのを恐れているせいだ。」と指摘されたのですね。

それまではお客様に質問されなければ、極力霊視はしないよう、避けるよう努力してたのですけど、アカシック専科にまで入って、霊を見るのが恐いせいでアカシックリーディングが上達しないなんて、耐えられないと思い、霊も見る決心をそのセッションの日にしたのでした。決心が揺るがないよう、「お盆に霊視します」とお知らせのメルマガをこの日(7/23)に出し、霊を見る努力を始めました。それを決めてから・・・

私についている守護霊なのかガイドさんが見えるお客さんが現れて私にどんな人がついているか教えてくれたり、霊にそばに寄って欲しくない時はセイジを焚いたら消えていくと教えてくれるお客さんが現れたりして、霊についてアドバイスもらったりするようになりました。私の左横に背の高い男の人がいるとか、右斜め後にももう一人いるとか教えてくれたりするのですね。いつも霊と仲良くしているそのお客さんは、普段1人で居ても霊が沢山部屋にいるので寂しくないとか、霊は恐くないと言ってました。「霊を見るぞー。」と決意したもの、やっぱり霊はまだ恐い。でも決意したせいなのか、霊が恐いと思っている私を安心させてくれるような話をお客さんがしてくれるのです。※リーディング後の雑談の時にです。

お金を払ってくれてるお客さんにいろいろ教えてもらい、なんか反対のような?無料でアドバイスまで頂いて、dollarお金までもらい、なんだか申し訳ない。有難いことです・・・。

セッション中に聞かれれば、霊視、守護霊とかのメッセージも読むのですけど、私は姿かたちはあまり見えず、エネルギー体で見えることがほとんどです。エネルギー体で見え、どういう系統の人なのかとメッセージはわかるのですけど、姿形が見えるのは恐いので、姿かたちがはっきり見えるのは稀にしかありません。

千さんいわく、私が霊を見たくないと思っている本当の理由は、、もし普段霊が見えるようになったら、霊に頼られるようになるのが恐いのだそうです。

「霊に頼られる」

この言葉を聞いた時、とても恐くなりました。bearing

見るだけならまだよい。でも霊に頼られて、あちこちついて来られたら・・・と考えると本当に恐いです。

霊でなくても、お客さんに頼られすぎる(依存されすぎる)とどう距離をとってよいかわからないと思うことがあります。でもお客さんとは実際、物理的に距離がありますから、忙しい時や構ってあげられない時、こちらが取り込み中で対応出来ない場合は、そう伝えれば済みます。

 でも霊は!?

 こちらが何をしてようが関係なく、やってきてしまうのでは?

 24時間どこでもくっついてこられたら?

そう考えると、震え上がってしまいます。

霊が普段見えるようになったら、私は霊に頼られるようにもなるので、それが事前にわかっているから、霊も見ないようにしているらしいです。だから、霊ともちゃんと距離をとり、頼られても、受けとめられない時はそう伝え、霊にわかってもらうようにしないといけないそうです。

その話を聞いてから、霊を見るよう、いろいろ努力もしてみました。

まず霊を見る・・・これの何が恐いかと思っているかというと、霊=血まみれの霊、恨めしそうにしている霊 のイメージがあって、それをみるのが恐いと思っているので、殺人事件でひどい殺され方をしている場面が出てくる海外ドラマを一生懸命みて、変死体をみる訓練(?)をしてみたりですね。

Photo 霊が居そうな、昔、処刑場だったところを訪れ、霊を見ようと頑張ってみたり・・・。昼間に行って、2時間位頑張ってみましたけど、結局そこでは見えませんでした。

アカシックリーディングが上達するための私のトレーニングって、やっぱり変なんでしょうか?

アカシックのために殺人事件のドラマの変死体を気分悪くなりながら見て、頑張ってる人なんて、他のスクール生ではいないかもね・・・。だいたいホラー映画とか大嫌いなのにね。

思い返して書いてみると、「私、いったい何やってるんだろう?アホちゃうか?(突然大阪弁?)」って気もしますが、私は真剣そのものでした。霊が見るのが恐いせいでアカシックが見れないなら、頑張ります!!

私についてくれてる霊(守護霊?ガイド?)がどんな人を教えてくれたお客さんが現れたとき、ふと不思議に思ったのですね。普段、霊が見えないのは恐い、見るのを許可していないせいだとして、でも、セッション中にはお客さんのガイドさんとか守護してくれている存在からのメッセージはいつも読んでいるのに、なんで私は自分のガイドさんからのメッセージは全然わからないのだろう??人のは質問されれば、メッセージが心に浮かぶのに、自分の守護霊さんやガイドからのメッセージはさっぱりわからないのですね。

いったい何なのだろう?なんか考えてみたら、おかしいよね・・・。自分のだけさっぱりわからないなんて、どういうこと?

そんな風に思い始めたのが7月終わりでしょうか。そして8月の記事へと続きます。

|

« 本日の手当てカフェお休みします。9月10月の予定。 | トップページ | パソコンの故障とネットブック(8月) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の手当てカフェお休みします。9月10月の予定。 | トップページ | パソコンの故障とネットブック(8月) »