« 弟 体外離脱成功 | トップページ | イブニング・レクチャー »

2008年4月19日 (土)

大勢の中で発言すること

先週と今週の週末は、スクールでした。

ブログを書いていない間にいろいろありましたが、今回のスクールで、やっといろんなことが整理でき、すっきりしたので、やっと書けるようになりました。

ミスティカルノウイング・スクールでは、自分の中の「葛藤を手放す」というのがとても重要な要素を占めています。「何か問題がある」=「葛藤がある」と思ってもらってもよいでしょうか。

3月の授業の時に出てきた葛藤は、これでした。

「大勢の中で発言することを恐れていること」

私の父は人と会話がうまく出来ない人で、子供の頃私は父の顔色や反応を見て、黙っていたり、おとなしくしていたりしていました。気が付いたらそれが癖になってしまい、次第に無口になっていってしまいました。一日一言学校で何か喋った日には、「今日はよく喋った!!」と思ったくらいでした。気が付いたときには、父と同じように人と会話がうまく出来ず、それについて悩むようになっていきました。

その子供の頃の傷も癒し、人とも喋れるようになって、更にこのスクールで父に拒否されてひどく傷ついたことなども思い出し、その他いろいろ癒してきました。

それでもまだ残っている葛藤。それは、大勢の中で発言することが恐いという葛藤でした。

それは、3月の授業の時に癒されました。たまたまアカシックリーディングをやるときに、このスクールの同期生の中でも授業中によく発言する女性とペアになったのでした。その悩みについて、その原因となった前世についてアカシックリーディングをしてもらいました。

そして、『相手がどう思おうと発言すればよい。』というアドバイスをもらいました。

正確にその恐れについて説明すると、発言自体が恐いのではなく、何か発言するときに、周りの反応が気になって恐くなってくるのです。

私がもしこう言った時に、周りの人はどう思うか?それは違うと思われたり、皆の反応が悪かったり、受け入れてもらえなかったらどうしよう?そのようなことを気にし始めると、恐くなってきて、皆の前で発言するのが出来なくなってくるのです。

相手の反応を気にせずに発言すればよいんだ!!周りのことは気にしないで思ったことは言えばよいんだ!!

その女性のアドバイス=皆の前で発言する時のコツを教えてもらったお陰で、なんだか気が楽になってきました。今までも何か質問がある時には、スクールで手を上げて質問したことはありましたけど、自分の体験したことをわざわざ手を上げて、みんなの前で話すということはしたことがありませんでした。なんだかそのリーディングの直後に、ふと、もし授業中にシェアするような機会があれば、してもよいかもと思いました。

そうしたら、たまたまその日に体験談を話してくださいと、授業中に私があてられ、話をすることになったのですね。体験をシェアしても大丈夫かもと思ったその日にたまたま指名されるのもびっくりでしたが(70名近くいるので)、話してみると全然平気でした。大勢の中で発言することが恐いという葛藤はこの日に消えたみたいです。

1つ葛藤がなくなったら、すぐ次の葛藤がその日に湧き上がってきました。この葛藤は、私が自覚し始めたのは、去年の12月からでした。

「ある一定以上の人数の中にいる時に仲間はずれにされるのではないかという恐れが出てくる」

このスクールに居る時になんだか急に恐くなってくるのですね。少人数ではならないのですが、70人近くでいると、突然、自分が仲間はずれにされるのではないかとか、白い目で見られるのではないかという恐れが出てくるのです。

ミスティカルノウイングの同期生には、意地悪な人とか嫌いな人はいません。フレンドリーな人が多く、皆で飲みに行ったり、中には旅行に行ったりする人もいて仲が良いです。もちろん先生やスタッフもです!!なのに、急にこの人数でいると、自分だけが仲間はずれにされて、白い目で見られるのではないかという恐れがやってくるのです。誰かが話していて、たまにはその会話の中に入っていけない時位ならあります。でも皆優しいので、私が恐がる理由は全くありません。何の根拠もないのですけど、このスクールの人数でいると突然恐くなってきて、そうすると周りの人の少し表情が暗く見えてきて、私以外の人で仲良くしているように見えてくるのです。

これは、私の予想では前世のせいです。日本での前世で、お坊さんの時以外に、もう1つ嫌な前世がたぶんあるのです。よくは思い出せませんが、私は女性で、大勢の村人にいじめられ、村八分にされていたような気がしてなりません。70名位の人数というのは、もしかしたら前世で村八分にされた時の村人の人数に近いのではないでしょうか?その位の人数というのが、私の『トラウマボタン』を押してしまい、急に理由もなく恐くなってくるのです。

後から思い出すと、実際にはそうではないのに、12月、1月、2月、3月と授業の時に時々仲間はずれにされているような錯覚に襲われ(※誰も私にそんなことはしていません)、大人数でいるのが恐くなってきていました。その恐れがやってくると、普通に喋っている同期生の表情が全然違うように暗く見えてくるのですね。

その恐れの葛藤が湧き上がってくると、そのように物事が見えてきて大変でした。3月の最後の授業の時は、まだ少しその恐れが残っていて、出てきたのですけど、それも完全に癒されたようです。ゲリーさんの話では、その葛藤の元となった起源を知れば、癒されてくるというのです。

その2つの葛藤はアカシックリーディングでその起源がわかったり、アドバイスをもらったお陰で嘘のように消えてしまい、大勢の人数の中で発言するのも全然恐くなくなっていました。今週の火曜にゲリーさんのイブニング・レクチャーがあって、たぶん200名程いたのですけど、そこの中でも、もし何か質問があれば、手を上げ、聞いてもよいと思ったくらいでした。ゲリーさんのセミナーだし、同期生もいたし、他の知り合いもいたせいもあるかもしれませんけど、1ヶ月ちょっと前の私には考えられない話です。

何か質問がある時、思いついた時にちゃんと発言できるってのは、とてもいい気分ですね!!今まで何十年もその問題で悩んでいたのが嘘みたいです。ミスティカルノウイング・スクールのお陰です!!

皆さんも葛藤がなくなった時には、そのように思うのではないでしょうか。繰り返し繰り返し起こる問題・・・それはあなたの葛藤が関係していますので、それを知るのは助けになります。葛藤は、さっさと手放し、楽になりましょう!!

|

« 弟 体外離脱成功 | トップページ | イブニング・レクチャー »

ゲリーさん関連&アカシック」カテゴリの記事

前世」カテゴリの記事

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 弟 体外離脱成功 | トップページ | イブニング・レクチャー »