« 理由なしに満たされる | トップページ | 1/27 個人セッション募集 »

2008年1月23日 (水)

デッド・ゾーン

アカシックに入って情報をもらう練習をしています。

土日がスクールの日だったので、やってみました。質問すると、映像となんとなくこうだ、というような弱い直感(?)で返ってきました。映像も普段リーディングするときより薄くてぼやけてるしね。本当にアカシックからの情報なんだろうかと多少の疑いもあるので、はっきりとした答えってかんじではなく、直感も確信がなく弱々しいのですよね。まだ初めなので、これからでしょうか。

映像と直感だったら、普段リーディングする時に使っているので、アカシックでの目標は、フルの体験、五感全部で来る情報です。声や音が聞こえ、見え、バラの花の匂いがし、ラーメンの味がして、バラに触れることが出来る?普段生活している時と同じような感覚で情報が来るそうです。

如月マヤさんの本に、マヤさんがアカシックにアクセスする時は、立体的な3Dで体験すると書いてありました。私は、今のところ、映画の画面を観ているような、2次元の映像です。

「デッド・ゾーン」というDVDを観た事があるでしょうか?DVDを借りたら、デッド・ゾーン1話が付いてきていたので、昨日観たのですが、その主人公の体験がアカシックにフルでアクセスする時の体験みたいなのです。

主人公のジョニーが交通事故に遭い、長い眠りから目覚めると、触れた人間の過去や未来が“ヴィジョン”として体感できる未知の超能力が備わっていたというストーリーです。

この主人公のように皆が触れてわかるようになるわけではないだろうし、事故や犯罪防止のために使うとは限らないでしょうけど、主人公が触れた人物の過去を体験する場面は、ゲリーさんが話していたアカシックにアクセスした状態と同じようなかんじでした。

突然、主人公は触れた人の過去のある場面に立っているのです。その出来事があった国の場所、町の様子、風景、気候、人々がいて、音や声がして、実際に出来事が起こった場面の場所に立ち、その様子を五感全部で体験するのです。

このDVDを観ていて、この主人公はアカシックにアクセスしているんだなあと思いました。

興味がある人は、「デッド・ゾーン」を借りてみてください。現在、シーズン4まで出ていているそうです。

この主人公は誰かや物に触わる必要があるようですが、こんな風にアカシック体験ができるようになったら、歴史のいろんな場面に直接行って、生の体験するのも面白そうですね。

早くアカシックのフルの体験がしたいものです。

今はまだはっきりとアカシックから情報をとっているという確信はありませんが、地道に練習してみます。情報が正しいかどうかわからない、自信がないという場合は、明日のこととか、あさってのこととか、近い未来について聞いて練習するとよいそうです。

私も1/19(土)に次の日のスクールでのことを質問してみました。同期生のある人物が出てきて、確かに20日(日)にそのようなことがありました。でもこのスクールにいる時は特に『何かを意図する』とそれはすぐ現実になるので、ちゃんとアカシックを読めたのか、気にしていたせいで呼び寄せたのか、シンクロだったのかはっきりしません。

スクールで皆と仲良くなりたいとか、ちょっと苦手だとか、交流のない人と接してみたいと思うと、どういうわけかその日に叶うのですね。別にあえて自分から隣りの席に座らなくても、勝手にそういうシチュエーションになって楽しく話せたりするのです。そして私が聞きたい、知りたい、気付きたいと思っていたことは、自分からその話をしなくても、話題に出てきたりするのも面白いです。

また今度いつか気が向いたら書いてみたいと思いますが、スクール生同士のシンクロ率というのは、驚異的です。普段、お客様ともよくシンクロはありますけど、スクール生はすごいです。スクールに行った日は必ず何かあるのですね。よっぽど縁がある人達が集まっているのでしょうか?

続けて、アカシックの練習してみますね!!

|

« 理由なしに満たされる | トップページ | 1/27 個人セッション募集 »

ゲリーさん関連&アカシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 理由なしに満たされる | トップページ | 1/27 個人セッション募集 »