« 2008年度個人セッション料金 | トップページ | 2月3日 リーディング割引き »

2008年1月29日 (火)

明るい人の悩み

昔、私は明るくて、人気者の人に憧れていた時期がありました。

学生時代、私は人とうまく喋れず、根暗というか、明るい人がとてもうらやましかったのです。

人と喋れなくなっていった、要因を作ったのは父でした。小さい頃、父に寄っていって話しかけようとすると拒否されたのがその最初の原因で、私は家ではおとなしく、黙っていなければならないという風に思い込むようになりました。そして、大きくなって、学校でもそのように喋らずおとなしくしている癖がついてしまい、気がついたら、ほとんど人と喋らない人になっていたのです。

インドに行ってからは、随分癒されてきて、人とも喋れるようになってきましたが、まだちょっと暗い傾向が残っていて、明るい人がうらやましいと思っていた時期がありました。

フリーターだった頃に、バイト先でとても明るい女性が1人いました。その女性は大学生でした。高校や中学校(小学校だったかな?)の学年での同窓会とかの幹事をやるような、皆から好かれる明るい人気者だったのですね。その時の私からすると、うらやましかったのですけど、彼女にも悩みがあったのです。

どんな悩みだったか?

疲れていても、誰もわかってくれないということでした。

彼女はいつも笑顔で明るい人だったので、自分が疲れている時にも明るい表情らしく、他の人に疲れているのがわかってもらえないそうなのです。

疲れている時もそうだし、きっと辛い時もなのでしょう。

人から暗いと思われるより、明るく思われるほうがずっといいじゃないかと私は思いましたが、本人はそれが悩みだったのですね。明るいのが悩み???そんなのあるんだ!?

「暗いね。」とか「疲れてるね。」なんてよく言われるより、ずっといいと思うのですけど、本人は本当に悩んでいたようです。

「私だって、疲れているんだ!」

「疲れていても、優しくしてもらえない!!」

暗い人は暗くて悩み、明るい人も明るくて悩むんだ?

明るい人も悩むんだ?!

これは私にとって、驚きの事実でした。

でもよくよく考えたら、そうなんですよね。貧乏な人はお金がないと悩み、お金持ちは盗まれたり騙されたりしないかと悩みます。胸が小さい人は小さいと悩み、大きい人はバストが大きすぎると悩んだり恥ずかしかったりするのです。

人気者だって、ストーカーにあったり、妬まれたりと、人それぞれ悩みはあるのです。芸能人は、人気者だから芸能人なのでしょうけど、一般的に好かれるからといって、皆がそうではないですよね。目立つために、あいつ、腹が立つ、大嫌いと言われることも沢山あるわけです。

前世もそうです。

平民は、「お姫様や王子様に生まれたかった」と思ったり、実際のお姫様は「普通の女の子になりたかった。」と思ったりすることだってあるわけですよね。

そして、平民になったり、お姫様になってみたりするわけです。

私の高校の時の先生が「もし自分が皇太子だったら」という話をしてくれました。

「もし自分が皇太子だったら、パチンコ屋に行くぞ!!」

「パチンコ屋の店内に沢山の護衛が並び、見守れ、そこでパチンコをするわけだ!!あっはっは!!」

その先生は男性でした。笑って話してくれましたけど、実際、皇太子が庶民のやることをやりたいと思ったら、大変かもしれません。

どうなんでしょうか?

どう思います?

何でも好きなことが出来るわけではないのです。

気軽に1人でパチンコ屋に入れることに感謝したほうがよいかもしれません!

自分でないものを求めるのは、もうそろそろ止めてみてはどうでしょうか?

今の自分をそのまま認め、愛してあげてもよいのでは?

こういう人になりたいと思っていても、実際そういう人物になったら、それはそれで別の問題が出てくるわけです。だとしたら、今のありのままの自分を愛してみてはどうでしょうか?

自分自身を愛することによって、何かが変わってくると思いますよ!!

|

« 2008年度個人セッション料金 | トップページ | 2月3日 リーディング割引き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

100%同感です。そのとおり!私も、目立たず、もてなかった時は、学年いち美人の子を心底うらやましく思い、逆にもてもてで、試験勉強の時間すら取れなくなった時は、もうほっといてくれと、うっとうしくて、つらくて。おとなしくて、面白いことが言えなかった頃は、笑いをとれるクラスの人気者がうらやましく、劣等感のかたまりで、いつもにこにこ、明るい性格の頃は、深刻になれない自分が悩みでした。ひとつの人生の中でさえ、ないものねだりのシーソーごっこをしている自分のあほらしさに、なんか笑えました。まったくナンセンスでした!

いつもいつもあまりんさんの更新を楽しみにしています。今日は、コメントせずにはいられず、コメントしてしまいました。

投稿: 福 | 2008年1月30日 (水) 01:54

私は、明るい人・・・側なので
今もそれで悩んでますが、
落ち込んでると、機嫌悪いと思われたり、
気に入らない事があったんだと思われることが多くて
とても悲しい思いをします(笑)

だからなるべく元気にしていようと思って
随分長い事無理をして、無理がたたって今みたいに
若干鬱気味になっちゃってるのかな・・・
と思います。

それぞれの辛さってありますよね~。
すごく共感しちゃって、コメントしちゃいました。

投稿: はなび | 2008年1月30日 (水) 14:01

★福さん

福さんの体験を書いていただいて、ありがとうございます!!
人って、よくないものねだりをするんですよね。

毎日届くメールが少なくて寂しい(もっとメールが届いて欲しい)と思った時期があって、せっせとメルマガ登録してみたり、逆にブログのお陰で知らない人からもいろいろメールが来るようになったら、返事をするのが大変になったので、ご意見メールフォームを取り除いたり・・・。

届くメールが少ないと寂しいし、多くても大変なんですよね。振り子のように、行ったり来たりするのですね。仏教では、極端から極端へではなく、中道の道をいくようにと言います。今の自分を認め、どちらにも囚われない、偏らない立場 真ん中の道を進んでみてはどうでしょう?


★はなびさん

明るい人の悩み、ですね!!
普段明るいと、落ち込んでる時は他の人より目立つのですね。
無理して作らず(元気にしようとしないで)自然体でいるようにしてください♪

明るい人の悩みについて書いてくれて、ありがとうございました!!
それぞれの辛さってのがあるのですね・・・。

投稿: あまりん | 2008年1月30日 (水) 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2008年度個人セッション料金 | トップページ | 2月3日 リーディング割引き »