« 外側からの承認 | トップページ | 思い込みを手放すと »

2007年12月 7日 (金)

意図すること

最近起こった出来事、見つけたこと。いろいろ思い返してみると、どうも1ヶ月前、1週間前、3日前、ずっと前などにふと考えたことと関連した出来事が起こっていることに気が付いた。特に1ヶ月以内に考えたことは、強力なのか、何か出来事が起こって思い返すと、1週間前に考えたことと関連していたりするのですね。

そういえば、そんなこと考えたっけ・・・。現実になっちゃった。

意図すること、意図して行動するというのは、とても重要です。

数ヶ月前までは、天使やマスターなど助けてくれる存在などにお願いしても、なかなか叶わないと思っていました。でも最近は私が考えたようにではないのでわかりにくいのですけど、助けてくれているような気がしてきました。

11月のスクールの時に、その日1日のスクールでの意図を最初に設定して下さいと言われ、皆でちょっと瞑想し、それぞれの意図を設定してから授業を受けました。そして意図した内容は、授業を受けている内にすっかり忘れていたのですけど、授業が終わって、帰り道で思い返してみると、授業の最初に設定した、私の意図したことは叶えられたことに気付きました。

「いろんな人と楽しく会話できますように!!」

その週は、クラスのメンバーとつながりあい、サポートしあうのがテーマの1つだったので、皆と楽しく会話できるよう、意図したのでした。同期生は70人近くいるので、ほとんど喋ったことがないという人も沢山いるのですね。自分からあえて話しかけたのは、たった1人でしたけど、その日はまともに会話したのが初めての人が沢山いて(どう考えても普段より人数が多かったのです)、今までのお友達以外の同期生とも楽しく話ができたのです。

2~3分の瞑想と共に、意図の一言を考えて設定しただけです。瞑想の時間を入れても、その時間は3分てところでしょうか。授業の最初に意図した内容などすっかり忘れていたのに、たった3分のお陰で、その日1日がそのように変化するなんて、驚きでした。

意図するというのは、効き目があるということに、やっと気付きました。

ダライ・ラマの本にこのようなことが書いてありました。

「行為を判断する基準は、意図と結果による」

人が心をこめて善かれと意図したことでも、ときとして最悪の結果を招来することがある。それとは逆に、邪悪な心の動きに導かれてさえ、たまたま善い結果を見出す場合もある。ならば、意図がいかにであれ、結果さえ善ければそれでいいのだろうか。否である。善き意図こそが大切なのだ。

宗教心の観点より考察したとき、意図は必ず結果より重要である。物事の善悪を見極めようとするとき、意図こそが最も尊重すべきものであることは間違いない。

  ダライ・ラマ 「死の謎」を説く 著者:14世ダライ・ラマ

カルマとは行為、行いを意味するサンスクリット語です。日本語では「業」と訳されており、因果関係や因果応報を、その中に含めて使われることが多い。

お客さんのリーディングをしていると、中には今世では全く苦労しそうになく、流れるように物事がうまくいっている人もいます。そして逆タイプの人もいます。とても困難な状況・八方塞りで、妨害する人達に囲まれ、常に闘っている状態の人もいるのですね。

この違いは何か?もちろんその人の持っているトラウマとも関連していますが、その環境というのは、カルマとしか言いようがないと思う場合があります。

前者の人に何か困ったことが起こっても、助けてくれる見えない力が働き、大丈夫になるのがエネルギーでわかるのですね。そして後者の人は、いつも大変な目に遭って、頑張らなくてはならないだろうということも。その両者2人とも、とてもよい人だったのです。

前者の人の前世をみると、前世で仏教の国で生まれていて、いつも村人達に親切に愛情を持って明るく暮らしていました。何世もそのようなアジアの国で生まれ、人々が幸せになるようにと願い(意図して)、行動していたのがわかりました。そしてその善い意図は、今世でも続いていて、その人の現状に影響を与え、物事がうまく流れるよう、サポートしてくれているのです。

質問されなかったので、後者の人の前世はあえてみませんでしたが、その方の家族や親戚は皆前世でいがみ合ったり、憎しみあい、争ってきたお仲間だったようでした。今世でそのお客様はとてもよい人でしたが、苦しんで葛藤していました。

私は、今の現状になっているのは、全部カルマのせいなので、受け入れよと言っているわけではありません。ただ1つ1つの行為の意図と結果がカルマとなって表れるので、自分が普段どんなことを意図しながら行動しているか、今現在の自分を意識して欲しくて、例を挙げました。

ダライ・ラマによれば、輪廻を決定する行為には優先順位があり、仮に2つの行為が同じ重要度を持つとすると、より後で行われた行為が優先され、もし2つの行為が同時に行われ、それらが全く同じ重要度を有していたら、その人物にとって、どちらの行為がより慣れ親しんだ行為であるか、より習慣的に行ってきた行為であるかどうかによって、輪廻が決定されるらしい。

前世や今までがどんなに悪いことをしてきたとしても、今、この瞬間、生れ変わり、善き意図を持って強く行動するなら、今までと違った人生になるということなのですね。

善い意図を持って、行動するこというのは、とても大切なのです。

今の現状がよくない・ひどいからといって、他人のせいにしたり、世界に対して不満に思ってるだけでは、現状はよくならないのです。

現状がどうであれ、こだわらず、ありのままを認識すること。

「諦めること!!」

ただし、諦めるとは英語で言う、ギブ・アップの意味ではないそうです。仏教で言う諦めるとは「明らめる」であって、「明らかに見る」という意味だそうです。

十何年も前に、元お坊さんだった人に「諦める」の本当の意味は、「明らかに見ること」だと聞き、へぇ~と思いました。ダライ・ラマの本にも同じことが書いてあったので、「諦める」という言葉は仏教用語だったのを思い出しました。

世の中には、不公平なことも沢山ありますけど、不平不満を考えているだけでは、何も改善されないのですね。こだわらず、現状を認識=明らかに見てください。

そして、今この瞬間、善い意図を持って行動すれば、その内、カルマも消えていくことでしょう。

意図することというのは、とても影響力があるのだということを、最近実感し始めてきているので、ちょっとでもお伝えしたいと思い、書いています。

「世の中、汚いことばかり!!不公平だ。自分は不幸だ。よい人にめぐりあわない!!いつも失敗する。」

もしもこんなことばかり考えて嘆いたり、相手が悪いと責めてばかりいると、自分の潜在意識にそれを植え込むだけでなく、それがあなたの意図となって、その喜ばしくない現象を更に引き寄せるのですね。

あなたが意図すること、考えることというのは、自分で思っているよりずっと影響力があるので、普段自分がどのようなことを意図して行動しているか、少しずつでも気付くようにしてください。

  • 不幸だ
  • いつもひどい男に引っかかる
  • 騙されてばかりだ
  • 裏切られるのではないか?
  • 善いことをしても、頑張っても評価されない・認められない
  • 会社では、我慢するものだ
  • 自分は愛される価値がない
  • 不安だ

あなたは、どんなことをよく考えていますか?

知らず知らずの内に、現実に起こって欲しくないような、ネガティブなことを考える癖はありませんか?いつもあなたが考えていることというのは、とても影響力があります。そして、そういう現実を作り出します。あなた自身で不幸の種をまくのは、止めましょう。

現状を明らかに見て、ただ単に認識するだけでよいのです。自分で不幸の種をせっせと蒔かないように!!

幸せになりたいと願いつつ、自分で不幸の種を蒔き、大事に育てている人というのを見かけることがよくあります。自分が幸せでないのは誰かのせい・社会のせいにして、自分がその問題を引き起こす原因でもあるという自覚がない人がいます。癒されたい、幸せになりたいと願いつつ、いつまでもネガティブな考えに執着し、自分で不幸を呼び寄せているのには全く気付いていないのです。そして何度も何度も同じことが起こるのに、その不幸の種=その考えや癖を大事にし、養分を与え、水をやり、成長するように(現実に起こるよう)育てているのです。幸せになりたいと願いながら、不幸の種は手放そうとはしないのですね。

大量に酒を飲み、暴力を振るう旦那さんがいたとします。
「夫が悪い。私は被害者だ。」妻はそう思います。確かに体は傷つき、被害者のように見えます。その旦那1人だとしたら、たまたまひどい亭主だったと言えるかもしれません。でもその旦那とやっとのことで離婚し、また再婚しました。でも後で発覚します。2番目の夫も実は酒飲みの暴力男だったのです。ひどい目に遭ったとまた離婚しました。そして今度は優しそうな人だと思って、再婚しました。3番目の夫は、誠実で、勤勉で、優しいと思って結婚しました。でも3ヵ月後に3番目の亭主も元旦那達と一緒だったことがわかります。さあ、悪いのは、本当に旦那さんだけなのでしょうか?その女性は、暴力を振るわれ、被害者だと思っていますが、その暴力男達を選び、引き寄せているのは、その女性だとは思いませんか?

「不幸だ」とか「自分は可哀相な人間だ」「自分を信頼してくれる人はいない」・・・etc

その思いに執着せず、手放せば、実は現状が変わってきたりするのです。本人がその思いや感情を手放さない限り、執着している限り、何回でも何千回でも同じような目に遭います。

  1. 感情や思い込みで判断せず、物事をありのまま、明らかに見ること。
  2. どんな状況であれ、善い意図を持って行動すること。

この2つは瞑想にもつながるのですけど、とてもパワフルな問題解決方法です。最初は難しいかもしれませんけど、試してみてはどうでしょうか?

長い文章になってきたので、この2つを実践して、困難な状況から抜け出した人の例については、いつか別の機会に書きたいと思います。

|

« 外側からの承認 | トップページ | 思い込みを手放すと »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

数日前~私のパソコンのご機嫌が悪くなって、
夫のを借りてメールをしています。

あまりんさん
今日の内容は、あまりにも深くって・・・
胸が苦しくなってしまいました。
涙が出そう・・・否!出ています。
どうしましょう???

昨日も カモミールオレンジさんの九州旅行記を読んで・・・へえ~っつ!と思ったばかりですが。

昨夜半、
私の携帯にシュウさんから(ご存知ないでしょうが)メールがきて、
今朝、ず~ッと忘れていた感覚で目覚めました。

懐かしい夢でした。
懐かしいけれど、悲しい夢でした。
胸が痛いです。

投稿: がーねっと! | 2007年12月 7日 (金) 08:36

がーねっと!さん

私の今日の夢は、大阪の実家のベッドで寝ていて、夢の中で起きるというものでした。
父とのトラウマなどはもうほとんどなくなってしまってますけど、私にとって、大阪の実家って、あまり良いイメージがないのですね。とても小さい頃は別ですけど、私が学校で対人的にも、性格でも悩んでいた時期に住んでた場所なので・・・。

いろいろ辛かったので、眠り込んで逃避する・・・この癖が出来たのは、その家でだったのですね。なので、私は苦しそうに、夢の中でも寝ていました。やっと無意識にあったのが、出てきたってかんじでした。

夢は、自分の潜在意識や無意識にある、記憶や感覚を思い出させてくれます。そして未解決の感情なども浄化していってくれますので、もし出てきたら辛かったり悲しかったり胸が痛くなってもそのまま感じていてください。お掃除中ってことです!!
いつかその内、落ち着いてきたり、すっきりするはずですので、自分を信頼して進んでいって下さいね。

投稿: あまりん | 2007年12月 7日 (金) 22:39

あまりんさん

ありがとうございます。
私は、寝るのが大好きで・・・
それが逃避だとは知りませんでした。
そういえば・・・納得!スト~ン!と腑に落ちました。
自分の感情や思考・行動を整理したいと思います。

それにしても、あまりんさん
連日の長文!
すごいパワーですね。
「思い」があふれ出てくるようですね。
私にとっては刺激的な内容で、消化し、身になるまで・・・何回も読みます。

ありがとうございます。

投稿: がーねっと | 2007年12月 8日 (土) 21:00

がーねっとさん

私も寝るのは大好きです。

でも覚醒している人は(どの段階からなのか詳しくわからないけど)、体は寝てても意識はあるらしいんです。

覚醒してたいと願いつつ、寝るのが大好き。しかも私の寝るのは、体を休ますというより、逃避の要素が多いのですね。
覚醒とは正反対、矛盾していて困ったものです。

また眠りについての記事も書きたいと思ってます。

連日の長文。珍しいでしょう。いつも2週間位平気で更新しないことがあり、その後、思い出したように何日か書くことはあるのですけど、ここまで続いたのは初めてかも。もしかして、断食効果?!
とても元気です。

投稿: あまりん | 2007年12月 8日 (土) 21:19

「げんき」とは・・・こんな感覚なのですね!
メールでも伝わるものですね。
ありがとうございます。

投稿: がーねっと | 2007年12月 9日 (日) 20:08

ほほーーう、と深くうなずいてしまいました。
良い意図をすることが時々空しくなる事があります。長期的に物事を考えるようにしているのですが、人から「お人好し過ぎる。地に足がついてない。」と、からかわれる度に怒りをどう発散したらいいのかわからなくなります。
でも、不安に煽られずに、良い意図を実践し続けるのってやっぱり大切だなあ・・って思いました。
あまりんさんのブログは深いです。これからも楽しみにしていますね。

投稿: ガトーショコラ | 2007年12月11日 (火) 13:56

★がーねっとさん

元気な時もあれば、そうでない時もありますけど、無理せずマイペースでやってます♪
ブログ更新もマイペースですけど、よろしくお願いします。


★ガトーショコラさん

「お人好し過ぎる。地に足がついてない。」

地に足をつけること、グランディングすることは大切です。
ガトーショコラさんの良い意図がもう少し強くなってきたら、人からお人よし過ぎるとは言われなくなると思いますよ。

良い意図と、例えば、人に騙されたり、他人のいいように使われたりするのとは、一緒ではありません。

ガトーショコラさんの良い意図が強くなり、グランディングしてきたら、他人のこうして欲しいという願望とは関係なしに、あなたは強く意図を実践することが出来るようになります。

その時には、他の人があなたの影響を受けるようになるので、『お人好し』とは言われなくなりますよ。自信をもって、もう少し強くなって、グランディングするようにしてください。

グランディングとは、大きな太い木のようです。小さな細い木だと、ちょっとした風や雨でも影響を受け、揺れたりしますよね。大きなどっしりした木だと強い風でもしっかりと安定しています。
他人からあれこれ言われたとしても、どっしりと構えていられるので、大丈夫なんです。

大きな木のように、グランディングして、良い意図 + 強い意図を持つようにしてください。そうなれば、良い意図を実行することで空しくなるようなことはなくなりますよ。

投稿: あまりん | 2007年12月13日 (木) 04:49

あまりんさん
そうして、ガトーショコラさん
有り難うございます。

ガトーショコラさんへのコメントでしたのに、我がことのように感じてしまいました。

“ガートーショコラ”なんて素敵!
私大好きです♪

投稿: がーねとです | 2007年12月13日 (木) 09:15

ここ何日か、自分が書いたコメントに「なんか違うな~」と思っていたのですが。
あまりんさんのコメントを読んで腑に落ちました。最近グランディングを意識するのをすっかり忘れてました。そうすると、頭がぼーっとして周りに振り回されて空回りしやすくなる気がします。
「いつか強く意図を実践できるようになる」と考えたら元気がでてきました!地に足をつける為、今日からまた運動します。

>がーねっとさん
もちろんわたしも、このケーキは濃厚で大好きです!

投稿: ガトーショコラ | 2007年12月14日 (金) 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外側からの承認 | トップページ | 思い込みを手放すと »