« オープンキャンペーン | トップページ | 言葉の力 »

2007年2月22日 (木)

インドの道

インドの道は、活気があります!日本で生活していると、とても便利ではあるけれど、時々元気がなくなることがあります。たぶん歩いている人達も疲れていて元気がないことが多いのではないかと思います。

インドは違います。悲惨な顔をして、物乞いしている人達でも、ものすごい生命力です。日本はその点、便利すぎなせいか、生きるか死ぬかで生活している人はほとんどいないでしょうから、生命力や気迫ではインド人に負けるのかもしれません。日本の乞食は、お金をくれとひつこく追いかけてきたりはしません。静かに座っているだけでしょう。インドは人にもよりますけど、ひつこく乞食に追いかけれられたりします。タクシーで赤信号で止まっていたら、窓をノックされます。赤信号や渋滞で止まっていると、たくさんの乞食にノックされることになります。そして自分が歩いている場合は、断ってもしばらくついてきます。

買い物するのもリキシャー(インドの3輪のタクシー)に乗るのも、気をしっかり持って、値切らねばなりません。日本人とみると、10倍位には値段をふっかけてくるからです。日本みたいに言われた金額を出していたのでは、なめられます。そしてその高額な料金をそのまま支払うような日本人がいると、ツーリストと見ると、その金額で言われるし、インドの一般市民の物価が上がって大変なので、値切るようにしましょう。

インドでは、

  1. 買い物は、値切りましょう!!
  2. 出来るだけ値切ってみて、それでも高いような気がしたら、1度諦めて帰るフリをしましょう。
  3. 待てと呼び止められ、突然、半額くらいになったりします!!

なんだ、この本当はこの値段なのね・・・。(これが買い物の手順です)

日本の道は、人と車と自転車、バイク位しか通らないかもしれないが、インドでは驚くようなものが道を歩いていることもある。そして要らぬものまで落ちています。

牛とかも普通に道を歩いているし、道によくこんなにいろんなものが通ってて、よけられるなーと思います。信号もあるところにはありますが、ないとこところには、牛とか人間とか犬とかいろんなものがあちこちの方角へ向かっていて、それを器用によけながらリキシャーマンは運転しています。インド人の運転技術ってすごいんでしょうか?

水牛の軍団(ドドドドド~)・・・・・これが通った後は、気をつけましょう。大きてやわらかい、土の塊のようなものがあちこちに落ちています。ではありません。牛の糞です。20センチくらいでしょうか?踏まないで下さい。風化して飛んでいくまで、誰も掃除しないでしょうね。(インドの風は糞も混じってるかも・・・)

道の脇では・・・・・インド人のおじさんがあなたを呼んでます。「ミルダケ、ミルダケ!!」
ピーヒョロロ~♪カゴを開けると、コブラが出てきます。コブラ使いのおじさんです。

パパイヤ、マンゴ~、マンゴっ~♪♪・・・・・歌のような声が聞こえてきます。カゴを抱えた、果物売りのおばちゃんでした。幸せそうな声でした。

道の脇で2・・・・・インド人があなたを呼んでいます。「チョトチョト!ミルダケ!」
行くと、結局物を買わされます。見るだけではすみません。道売りのインド人です。

雨が突然降ってきました・・・・・乾期は降らないので、私もびっくり。傘がない。周りを みるPhoto_9 と、ごつい西洋人のヒゲのおじさんが大きな葉っぱを折って、傘にしていました。なるほど!

←イメージ画像

道の脇で3・・・・・インド人のおじさんがあなたを呼んでます。「マージックショ~、マージックショー」
なんだと思って、近くに寄って、みていると・・・・ハトが出てきました
マジックのおじさんでした。

「バクシーシ!!」・・・・・インドの道を歩いていると、よくこう言いながら、いろんな人が寄ってきます。そして、ついてきます。おばさん、子供、おじさんなどいろいろ。お金をくれということだと思います。手で食べるしぐさをしながら言ってます。断ってもついてくるし、私が駄目でも次の人とたくましく、頑張っていました。

チャイ(インドのミルクティー)屋の移動屋台やアイスクリーム屋なども道でみかけます。インドの道は、活気がありますよね。元気になります。活力が欲しい人は、インド旅行もよいかもしれません。不衛生ですけど・・・。

昔、働いてた会社(日本)でインド人もいました。プログラマーだったようですけど、日本に長いと、雰囲気が変わってくるのか、みかけはインド人そのものでしたけど、おとなしく見えました。活力やみなぎるあのエネルギーってのがなくなって、おとなしく(日本人ぽく?)なってるんですよね。やっぱり不思議の国インドいるのとは違うのでしょうか?

最後に、インドの道でびっくりしたもの第2位と第1位を紹介します。

<インドの道でぴっくりしたものの>

第2位 パカパカパカッ・・・・・馬の音??振り返ると、らくだでした。でかっ!!らくだって大きいのね。

第1位 町で買い物をしていました・・・・・何やら騒がしいので、見てみると、大きな象が町を歩いていました。巨大象でした。なんで、こんな街中に!?インドの商店街(?)で見た象でした。

実際の写真が1つもなくてすいません(撮ってませんでした)。想像してみてください。町ではインド音楽が鳴り響き、騒がしく、活気があります。インドの道でした。

|

« オープンキャンペーン | トップページ | 言葉の力 »

インド・旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

金襴の帽子1個20ドルと言われ、値切らずにあきらめた私は、ねばりが足りなかったのですね。

素直な人は馬鹿を見るのか、インド。

(私はインドには行ったことがありません。)

投稿: 湖南 | 2007年2月23日 (金) 21:06

湖南さん

私は日本で値切ったことはないのですけど、インドとは物価が違うので、日本の感覚でそのまま言われた値段で払うととんでもない額かもしれません。レストランやらメニューなどあるところはそのままでよいですが、普通の買い物は、値切るのが普通のようです。※インド人に見えるような顔をしてれば大丈夫かな?

インドにいくと、忍耐力と根気、ねばり・・・このような力がつきますよ。1度行ってみては?

投稿: あまりん | 2007年2月24日 (土) 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オープンキャンペーン | トップページ | 言葉の力 »