« オーラのマナー | トップページ | 孔雀のおかげ? »

2006年12月 9日 (土)

夢とセルフイメージ

今日の夢に幼なじみの1歳年上の近所のお姉さんが登場しました。

明晰夢とか予知夢のたぐいのものでない夢は、自分の心の中で何か未解決のものがシンボルや人など通して出てきます。私は学生の頃、人とコミュニケーションがうまく出来ず、かなり悩んでいたので、その後も同級生達が夢によく登場したものでした。ある時など、小学生のクラスメートがほとんど全員出てきたりして、まだ無意識には痛みが残っているのを自覚したものでした。

最近は、もう同級生が出てくることはほとんどないし、あったとしても、私が辛そうにしている夢ではありません。その幼なじみのお姉さんが夢に出てきて、もう同級生とうまくいかなくて辛かったトラウマはほとんどなくなったんだろうと思いました。今までに私の夢の中に沢山出てきた同級生達。今世の私の辛い思い出のNo.1は同級生だったのです。

同級生を飛び越えて、やっと同級生達と接する前の、大人や近所のお姉さんにたどり着いたようです。私の小さい頃は、大人たちや近所のお姉さん達にすごくかわいがられて育ったのでした。人間関係がうまくいっていた頃の幸せな環境の頃の夢に移行してきたようです。大変かわいがってもらったので、その頃は楽しかったのですが、同級生とも接するような年齢になり、幼なじみの同級生は別ですが、それ以外の同級生とはだんだん人間関係がくずれてくるようになっていったのです。

同級生は大人や年上のお姉さん達のようにはいかず、かわいがってもらえないので、どう接してよいのかわからなかったのです。年齢が上がるとますます何かがおかしくなり、小学校高学年頃には、学校で一言喋ったら、今日はよく話したと思うほど、無口な人間になっていったのです。でもその時のトラウマはもうほとんどなくなったようです。

かわいがってくれたお姉さんが夢に出てきたのですが、なんだか様子が変でした。小さい頃のそのお姉さんではなく、お姉さんも私も大人の姿でした。20~22歳くらいだったでしょうか?20歳くらいの年齢で、私はなんとそのお姉さんに、言いにくそうにリーディングやオーラリーディング(今の私の仕事)をすすめていたのでした。

なんでそんなに縮こまってリーディングをすすめているのか?会社で働いていた頃は、変に思われたら嫌だと思っていたので、オーラと透視のスクールに通っていることは言わなかったり、リーディングしていることは秘密にしていましたが、今はそんな風な態度をとることはほとんどありません。リーディングや前世~などを全く認めてくれないような雰囲気の人達の中ででしたら、あるかもしれませんが、そういう人達と話すことがまずないので、そんな風な態度で接する必要は全くないのです。

この夢は何を意味しているか。

  • 日常の生活の中では、人間関係のトラウマもほとんど残っていないし、苦手な人や嫌いな人と会うこともほとんどなく、表面的には問題はないように思えるが、私のコアな部分では、昔と同じ様に、自分に自信がなく、縮こまっている習慣やパターンが残っている。

そのお姉さんは、すごく私をかわいがってくれた人なので、私がそのようにオドオドしながら、リーディングをすすめているのは、なんだか変なのです。普段、別に私は営業じゃないので、リーディングを人にすすめることはないのです。こういうことをしていますと話したり紹介することはあっても、営業はしないのですね。自分と縁がある人なら、出会うだろうし、そうでない人は、相性の合う別の人のところへいくだろうし、営業ぽいことはしたことがないです。ブログにちょっと紹介したり宣伝することがある位でしょうか。

この夢で気付いたこと。クレアボヤンスのスクールで、先生がコア・ピクチャーというものがあると話していたのを思い出した。コア・ピクチャーが変化すると、現実での生活が激変するらしいです。

それは自分の内側のコアになっている、映像で、なかなか変えにくいものだそうです。先生が話していたコア・ピクチャーと一緒かどうかはわからないけれど、私の中にある、私自身のイメージがあることに気付きました。私の核になっている、イメージや思い込み、信念、パターンなどです。

私は、子供の頃から痩せてて、ガリガリでした。運動やスポーツは苦手で、プールでは、皮下脂肪がないせいか人より寒がりで、バスタオルを巻き、紫の唇になって、端で見ていたりしたし、バレーボールは顔面で受けるし、球技大会ではミスしてチームメイトに嫌な顔をされました。球技大会の時には、よく朝に熱が出て学校休みたいと思っていたものでした。自分に自信がなく、オドオドしている側面があったのです。私が苦手だったのは特に球技で、あと同級生と話すのも苦手でした。

セルフイメージ=ガリガリで痩せてて、自信がない。

これなのです。日常生活の中では、痩せてようが、短足胴長であろうが、もう気にしてないし、愛しているつもりだし、悩んでいるわけでもありません。もうちょっと太って、胸があったらいいのにと少しは思うことはあるけれど、悩むほどではないのです。それに仕事も会社にいた時のように、ちょっと無理したりして働くこともないし、満足しています。

表面的には問題はないですが、自分自身に対して、か弱い、自信がないイメージというのは、消えていなかったということが今日の夢で発覚しました。なんでビクビクしながら、お伺いしてるんだ?顕在意識では克服しているように思っていましたが、コアの部分は、自信がない、みすぼらしいイメージが抜け切っておらず、オドオドしながら、人の事を気にしながら仕事をしているという意味になるのです。(実際のお客様にはそのような態度で接しているわけではないのですが、パターンとしては残っているのでしょうね)

日常生活ではめったに嫌なこともありませんし、問題もないように思っていましたが、自分の無意識のイメージは現実に影響を与えているということに気付きました。

今年5月に本格的に開業して、この仕事をやっているわけですが、どうもおかしいのです。この仕事をやる上で、一番大変だと思うのは、「開業して、果たして生活費が稼げるか?」、これだったわけです。派遣の仕事から、この仕事になって、これが1番の問題で、これさえクリアーすれば、後は徐々に頑張ればよいと思っていたのでした。ほとんど0円からスタートして、生活費が稼げるかというのが一番大変なはずだったのですが、実はそうではありませんでした。最低の生活費位は、最初の2ヶ月目くらいでクリアーしたのです。でもその後、たいして変わらないのですね。なぜか気付いてみると、派遣の仕事の時の給料と同じ位のを維持し続けているのです。どう考えても、何かが変なのです。0円からいきなり派遣の給料は稼げるのに、そこからほとんど変わらないというのはどういうことか?

対面セッションが増えた月は、電話リーディングのセッションが減り、電話リーディングが多い月は、対面セッションが減り、常に一定の収入なのです。今月は、他の月より稼いだと思うと、受けたいワークショップがあり、支払ったらマイナスになって、バランスをとるのです。

前にもお金(収入)に限度額があるとスクール仲間に言われ、妙に納得してしまったことがあるのですが(10/4 お金について参照)、開業しても限度額通り、派遣の時の給料を維持しているのです。派遣の時と違い、経費もかかるんだから、派遣の時と一緒の収入じゃあ、困るんですよぉ!!

この自信がなく、痩せてて自信のない、自己イメージのせいだぁ~!!このセルフイメージのお陰で、収入も増えないのでは?

大人になって、わざわざ苦手な球技をする必要もないので、すっかり忘れていましたが、子供の頃からの自分のイメージは、大人になって意識的には変化したつもりでも、しぶとく無意識に残っているようです。

今年&来年はこの自己イメージをなくし、豊かな生活をしたいと思って、今、アニマルエッセンスの孔雀を試しています。孔雀のエッセンスは、内なる充足感、達成感を感じる方向へ導き、自分自身の信頼性と権威を取り戻すのに役立つそうです。潜在意識に、痩せてて自信のないイメージが強く残っているようなので、孔雀のようにド派手なのをイメージしたら、ちょうどよくなるかもしれません。

孔雀さん、どうぞ助けてね~。

|

« オーラのマナー | トップページ | 孔雀のおかげ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごいシンクロ!!
たった今、昼間見た夢の記事をアップしたら、あまりんちゃんも夢に関する話だったので、びっくり!!

すごい覚悟を決めてトラウマほじくりに かかろうかと思ってたところだったの。

でも「肩の力を抜いて^^」とメッセをもらったような気がしたよ♪

ありがとうねっ^^

投稿: びぃナス | 2006年12月10日 (日) 22:30

 
私はよく、夢の中で、以前に就いていた仕事をしていて、いつもイライラしたり、焦ったりしてたんです。
現実的にも、もうその職に就くつもりはないのに
なんでこう夢に見るんだろうと思っていました。

最近になって、見た夢は同じ仕事をしていてもいつもと違っていい夢でした。
何か卒業できたような感じがしました。

投稿: あんず | 2006年12月11日 (月) 17:28

★びぃナスさん
火事の夢ですね。見にいってきました。夢解釈が出来ず、コメントせずに帰って来てしまいました。すいませ~ん。
夢シンクロですね~。

★あんずさん
私の夢も徐々に変化してきました。夢の中で同級生といて、悲しいそうだったり、辛そうだったのが、長い年月かかって、徐々にちょっと話せるようになったとか、嬉しいことがあったとかで、だんだんいい夢に変化していったのです。
あんずさんも100%かどうかはわかりませんが、きっと卒業したのでしょうね。

投稿: あまりん | 2006年12月12日 (火) 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オーラのマナー | トップページ | 孔雀のおかげ? »