« WEBカメラ購入しました | トップページ | ある人の手紙 »

2006年10月23日 (月)

心ひとつですべてを創る

仏陀のダンマパダの経文です。

わたしたちはみずからが思うところのもの
すべてのものごとは
みずからの思いによってたちあらわれる
わたしたちはみずからの思いによって
世界をかたちづくる
不純な心で話し、行なえば
苦しみがあなたにつきしたがう
車をひく雄牛に車輪がつきしたがうように

わたしたちはみずからが思うところのもの
すべてのものごとは
みずからの思いによってたちあらわれる
わたしたちはみずからの思いによって
世界をかたちづくる
純粋な心で話し、行なえば
幸福があなたにつきしたがう
影が離れずあなたにつきしたがうように

「見よ、かれはいかにわたしを罵り、私を打ちすえたことか
いかにわたしを叩きつけ、私から奪ったことか」
このような思いとともに生きるなら、憎しみのなかに生きる

「見よ、かれはいかにわたしを罵り、私を打ちすえたことか
いかにわたしを叩きつけ、私から奪ったことか」
このような思いを捨て去るなら、愛のなかに生きる

この世において
憎しみが憎しみを消し去ったためしはない
愛だけが憎しみを消し去る
これがいにしえの、尽きることのない法だ

あなたもやがては逝くべきもの
これを知るなら、いかに争えよう?

なんとたやすく風はかよわい木々をなぎたおすことか
感覚のなかに幸福を追い求め、食べ物と眠りに溺れるなら
あなたもまた根こぎにされてしまう

風も山をなぎたおすことはできない
誘惑もこの人には触れることができない
目覚めて、強く、うぬぼれがなく
みずからの主となり、法を心に留める人には

人の思いが濁っているなら
あさはかで、不実に満ちているなら
どうして黄色の衣をまとうことができようか?

みずからの本性の主であり
利発で、澄み清く、誠実である者は
黄色の衣をまとうにふさわしい

           ダンマパダ 和尚

心ひとつですべてを創る。人は自らの思いによって、現実をつくります。

世の中にはいろんな人がいます。千人が千人ともあなたと気が合うわけではありません。

気に入らない上司や部下、噂好きの同僚や主婦、嫌みったらしい人、不平不満を口にする人、偉そうな人、傲慢な人はどこかにはいるものです。それであなたが怒ったとしたら、気分が悪くなったとしたら、悲しんだとしたら、あなたも同じ土俵に上がることになります。

強く、目覚めて、しっかりとその状況を観察してください。怒りや悲しみを抑え込むのではなく、山のようにグラウンディングして、事実を見てください。相手はあなたに批判的かもしれませんが、それはどうでもよいのです。何かあなたにとって少しでも必要なことを言っていないか?自分でも気付いていない、あなたの何かを教えてくれているのではないか?それとも全く筋違いなことを言っているのか?しっかり見極めてください。

目覚めて、強く、うぬぼれがなく、みずからの主=観照者となってください。そうすれば、何かをその人が教えてくれているのなら感謝し、言われのないことなら、微笑んでそれをゴミ箱に捨てることが出来るでしょう。明晰さをもってみることができるなら、あなたが怒ったり悲しんだりする必要はありません。ただ事実が含まれていないかどうか客観的に観るだけでよいのです。怒っているのは、実は本当のことがまぎれているせいかもかもしれません。その他に何か心の傷があって、反応しているだけなのかもしれません。馬鹿にされたり、屈辱的なことをされても、自分が認めて受け取らなければ、相手があなたを貶めることは不可能です。そしてそのエネルギーは、行動したり言った本人に戻っていきます。本当のことを見ないで拒否すると、本人(されたり言われた側)は認めていなくても、エネルギー的にはそれを認め受け取ったことになります。

本当にスピリチュアルな人なら、相手が自分に批判的であろうが、好意的だろうが関係なしに、全ての状況を自分の成長のために使います。心では揺らいでも、相手に影響されず、しっかりと自分の足で立ってください。みずからの本性の主であり、利発で、澄み清く、誠実である者になってください。

純粋な心で話し、行なえば幸福があなたにつきしたがい、不純な心で話し、行なえば、苦しみがあなたにつきしたがいます。相手の言うことが100%おかしいのなら、あなたが苦しむ必要はありません。ただ単に笑って、ゴミ箱に捨てればよいだけです。強く、目覚めた、しっかりとした意識が必要なだけなのです。

「エース・ダンモ・サナンタノー」 これが永遠の真理、これが永遠の法だ。
-仏陀はこれを何度も何度もくりかえす。
 
「暗闇と闘うな」 光をもち込んだら、暗闇は去る。静かになり、無思考になり、意識的になり、油断なく目を見張り、気づき、目覚めるようになりなさい。それが光のもち込みかただ。

なんて彼(彼女)はひどいことをしたのか!!←このような思いを捨てるなら、愛の中に生きる。そしてこのような思いとともに生きるなら、憎しみと惨めさを背負って生きることになります。それは、あなた次第です。彼や彼女、父や母を変える事は難しいです。それは本人によりますから。本人が変わりたくないと思えば、誰にもそれを救うことは出来ません。でも、あなたの幸福はあなた次第なのです。 

|

« WEBカメラ購入しました | トップページ | ある人の手紙 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

瞑想」カテゴリの記事

コメント

あまりんさん
素晴らしいお話をありがとうございます。
目に見えることが自分で創り上げていることって
最近なんだかわかるようになってきました。

自分の心の中に曇りがあると
どうしても曇った現実に見えてきますが
心の中が澄んでいると見えてくることが
とてもクリアで晴れやかです。

いつも人の行為とか言動に気を取られて
気がつかないけど、実は自分の心の中を
キレイにすることで周りが変わってくるのですね。
ありがとうございます☆

投稿: skysea | 2006年10月24日 (火) 08:40

今の状況にドンピシャ!で、びっくりしました。
あまりんさんにお会いして、今年一年はグラウンディングすることがメインになってます。
運動したりヨガをやっていると追い払えるんですが、
どうしても許せない気持ちが舞い戻ってきて参ってました。
「暗闇と闘うな」って言葉、なるほどと思いました。
紹介してくださって、ありがとうございます!

投稿: ガトーショコラ | 2006年10月24日 (火) 17:37

ほんとそのとおりですよね。
何日か前から、胸がつらかったんです。
でも、ちょっと前向きになれそうかも。。。

投稿: チロ | 2006年10月24日 (火) 19:41

skyseaさん

その素晴らしい話は、仏陀のお言葉ですけどね。
自分が澄んだ状態になると、周りの景色や人々も輝いて見えます。

普段はなかなかいろんな感情やら思い込み、想念の色眼鏡で見ているので、難しいものですが、1度クリーンでクリアな状態を知ると、励みになりますよね。その体験を聞けて、嬉しいです☆


ガトーショコラさん

「暗闇と闘うな」ネガティブな感情や思いと闘うなってことですよね。
例え何千年暗闇が続いたとしても、小さなロウソクを灯せば、闇は消えるとも書いてありました。
エース・ダンモ・サナンタノー


チロさん

それは良かったです♪
ちょっと前向きに・・・それが第1歩です。
そしてつらくても、自分を愛してあげてくださいね。
それが2歩目かな?

投稿: あまりん | 2006年10月25日 (水) 02:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WEBカメラ購入しました | トップページ | ある人の手紙 »