« 7月のワークショップ | トップページ | ジダンの頭突きゲーム »

2006年7月 7日 (金)

病院で

先月末に体調を崩し、今週になって、元気になりました。

毎年この時期になり、アイスコーヒーなどを飲むようになると、歯磨きして吐き気がするようになるのです。コーヒーは好きだけど、私の胃とはどうやら相性が悪いらしい。好きなアイスカフェラテ、アイスカフェオレで胃が弱り気味のところへグリーンカレーを作って夜朝何回か食べたら、とうとうゲポゲポと強烈な吐き気がして、何日間は食べたものを全部吐いてしまった。(注:コーヒーとグリーンカレーを一緒に飲んで食べたわけではありません。)MIXIで胃にやさしい食べ物をいろいろ教えてくださった方、気遣ってくれた方々、どうもありがとうございました。すっかり治りました。

今週月曜に念のため、病院に行ってきたら、なんともなかったようで、安心しました。お陰で安心はしたけど、こんな程度だったら、自分で自己ヒーリングしたほうがずっとましだと思ってしまいました。

6月末の時点で、私の症状をインターネットで調べてみたら、胃炎のように思いました。7月になって、皆さんがアドバイスしてくれた食べ物を食べたりして、やっと吐き気はなくなってきて、歩いても疲れず平気になってきたのですが、今度は手の甲に小さなブツブツができた。ほんの少しなので気にしていなかったけれど、月曜になって、足とか、腕とかにも小さいブツブツが出来てきて、ただの胃炎ではなく、他の変な病気だったらどうしようと急に心配になってきた。病院に行くことにしよう。シャワーを浴び、出かける準備をしました。

病院へ行く前に、自分で体の様子を見てみると、お腹=胃のあたりから、黒っぽいエネルギーが銀河系の渦のようになって外に向かって出ている。デトックスで胃のあたりにある毒素か何かが排出されているように思える。ブツブツはそのせいで出来たのか?解毒しなくてはと思い、エネルギー的にも、その黒いエネルギーを抜いている内に、眠ってしまったようだ。起きたらお昼になっていて、胃の辺りの黒いエネルギーは薄くなっており、腕や足のブツブツは朝と違ってほとんど引いていた。

病院の受付に行ったら、胃と皮膚のどちらが気になるかと聞かれました。消化器科と皮膚科のどちらに行きたいか、または両方かと聞かれたのです。何が原因かはっきりしないから受付で聞いたのにどちらの科がよいかと聞かれてもねえ。原因は胃が弱ってるせいかとは思っていましたが、気になったのは体の発疹だったので、そこで何か問題があるようだったら、消化器科もいけばよいと言われ、とりあえず皮膚科にいくことにしました。

皮膚科での診察は、5分。症状を説明して、発疹のあった箇所を見せました。もう随分ブツブツもなくなってきていて、見せた時には手の甲には少し残っていたけど、他はこの位置に朝はあったんですと言うしかなかった。疲れているときや、暑い時期には汗で発疹が出来ることもあると言われ、診察終了。大丈夫でしょう、軟膏を出しますで終わりました。

なんともなくて安心したのは良かったけど、私は夏にあせもが出来たこともないし、疲れた時に顔以外のところに発疹が出来たこともない。明らかに胃のせいだろうと思いました。総合病院というのは、こんなものなのだろうか。なんともなかったからよいけど、何の病気かわからないのに、自分で何科か選ばなきゃならないなんて、難しいですよね。昼になって、既に胃のあたりにあった黒いエネルギー(毒素)が薄くなってきていたのはわかったし、ブツブツも引いてきた。あえて軟膏をもらう必要もないだろうと思い、そのまま薬局に寄らずに帰ってきました。もうほとんど治りかけなのに、軟膏なんて、お金を払ってまでいるものか。

重病ならともかく、こんな程度の軽い病気だったら病院に行って軟膏をもらうより、自己ヒーリングしたほうがよっぽど効くと思ってしまいました。

私はオーラやその人のエネルギーをみる(リーディングする)仕事をしているので、まあ言えば、病気の原因となるストレスやらエネルギーの状態を読んでいるのですね。その人の感情、ストレス、よくない環境や人間関係、遺伝的なもの、ネガティブな考えやパターン、悩みなどいろいろあって、肉体ではまだ悪いところはなくても、精神的にどこかエネルギーが滞っていると、それが蓄積されていくと、内臓やら、器官、特定の場所に溜まってきて、やがて体に症状が出てくるようになります。心身共に健康でしたらそれが一番よいし、肉体にまだ症状が出ていないのだったら、早くそれに気付いて、そのネガティブなエネルギーを解放すれば精神的にも健康な状態を維持できます。老化はどうしようもないかもしれませんが、健康な食べ物を食べ、適度に運動をして、楽しんで生活することによって、老化の速度を落とすことが出来るかと思います。

病院の受付で10~15分待ち、診察は5分。軟膏を出しましょうで3,150円。(軟膏は薬局で別料金です)初診料も入っての値段ですけど、たった5分で3,150円ですかあ。私の透視仲間の友達だったら、その胃の黒いエネルギーは何かとか、その病気になった原因の説明をしてくれるのですけど。食べ物だけが原因なのか、人間関係のどういうストレスなのか、何かに対して不安があるせいとか、会社や家庭の環境、経済的に苦しくてストレスなのかとかいろいろ原因はあるかと思うのです。病院なので、もちろんそんな説明はなく、軟膏で片付けられてしまいました。病院って、精神科以外は心の問題は取り扱わず、体や食事のことだけなのですね・・・・。病院へは歯医者と健康診断の時以外はまず行かないのですが、重症でなければ、やはり自分でヒーリングしたほうがましのような気がしました。(ますます病院と薬嫌いになったかも!?)

何かストレスやネガティブな思い、感情が湧いてきたら、深呼吸をして、吐く息と共にそのネガティブなことも一緒に吐き出すイメージをしてみましょう。ジムでヨガやストレッチの時にもそのようなことをインストラクターの人が言っていました。こういう簡単なイメージ療法はわりと一般化してきたようですね。簡単ですが、病気は気から起こるので、こんなことでも少しすっきりします。ネガティブな思いや感情は溜め込まないよう、普段からうまく人にぶつけずに発散するようにしてくださいね。

|

« 7月のワークショップ | トップページ | ジダンの頭突きゲーム »

癒し&ヒーリング」カテゴリの記事

コメント

実際、胃が悪いと皮膚にでますよね。病院は どの科にかかれば良いか本当に 迷います。
結局、体を分離して 観ているからなんですよね。

投稿: らんじゃくび | 2006年7月 7日 (金) 23:47

らんじゃくびさん

胃が悪いと皮膚に出るのですか?知らなかったです。どの科か選ぶのは困りました。体を分離してですか。確かにそんなかんじでした。胃か皮膚かって言われて、仕方なく選んだみたいな・・・。体はつながってるので、そんな風に科を選ぶのは難しいですよね。

投稿: あまりん | 2006年7月 8日 (土) 00:56

体調良くなられてよかったです。私はアイスコーヒーを飲みすぎると車に酔います。ネガティブな感情やストレスは、まめに上手に発散するのがいいのですね。

投稿: ミカ | 2006年7月10日 (月) 18:34

ミカさん

治りました♪
まめに上手に発散というのがポイントですね。
でもアイスカフェラテとか好きなのですけど・・・。
あの吐き気を思い出し、我慢しています。

投稿: あまりん | 2006年7月10日 (月) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145765/10821023

この記事へのトラックバック一覧です: 病院で:

« 7月のワークショップ | トップページ | ジダンの頭突きゲーム »