« クリスタル浄化 | トップページ | 双子 »

2006年7月24日 (月)

エンパシー

ローズ・ローズトゥリーさんエンパシーという本を昨日購入して、読み始めたところです。

エンパシーとは共感能力のことで、私は昔からこの能力のせいで随分苦しんできました。今はクレアボヤンスのスクールで、他人の感情や状態を感じるのではなく、第6チャクラの透視能力を使って人の状態やオーラを「見る」ことを教わったお陰で楽になりました。でもそれを習うまでは実に大変でした。

他人の感情や痛みが自分の体で体験できるからです。今までなんともなかったのに急に胃が痛んだり、気分が悪くなったり、痛みを感じるのです。その度に、これは私のものか、それとも誰かのか?周りをキョロキョロ見回し、誰の痛みか探るという、変な作業をしていました。私は頭がおかしいのか?

自分の友達の胸の痛みの場合なら、相手に聞けるからよいのです。「今、胸が苦しくない?悲しい気持ちなのでは?」相手がそうだと答えると、一応謎は解けることになります。へ~、今、失恋して苦しいんだ~とかね。相手から受けた、胸の苦しみやら悲しみがなくなるわけではないのですが、納得はできるので、安心します。

自分の知り合いだったら、確認できたり、見てなんとなくわかったりできるからよいのですが、通りすがりの人達のものをひろって自分の体で感じたり、やっかいなのはその場にいない人の思ってること、感情や痛みが飛んでくる場合、自分のものなのか他人のものなのかの区別がつかず、ひどい混乱状態になるのです。自分は頭がおかしいのかとよく思っていました。

このエンパシーの本を読むと、それはエンパシーの能力の中の「身体ワンネス型」「感情ワンネス型」の分類に入るようです。

身体ワンネス(一体化)は、それを自分の体の中で同じように体験する能力です。しかし、熟練エンパスになるまでは、その能力は不都合な状況を引き起こしがちです。

感情ワンネス(一体化)とは、人の感情をまるで自分のもののように感じることです。

その通り!ひどい時は、マンションを出て外を歩くだけでも困難でした。ちょっとベランダから下の工事のおじさんをちらっと見ただけでも、その人の肩こりが私の肩にやってきたりするのです。お腹が痛くなったとしましょう。自分のならお腹が楽になるように処置すればよいだけですが、他人の腹痛を感じている場合は、私のお腹を治そうと努力しても治りません。相手の腹痛を治さないと、私の腹痛は消えないからです。身体ワンネス型はほんとに大変です。相手の気持ちや状態を自分の体で感じる→感じるのではなく、相手の状態が視覚で見えて理解できたり、直感でわかるにように移行していって楽になることができました。

ローズさんは熟練エンパスになれば、と書いていますが、身体ワンネス型、感情ワンネス型エンパスはもうごめんです。はっきり言って、辛いです、痛いです。世の中には、幸せで幸せでしょうがないという人は少なく、苦しいとか辛いとか、悩んでいる人のほうが多いので、そんなのを自分の体で体験なんてしたら大変です。今でも、人の痛みや感情を自分の体で感じることもありますが、ごく稀で、何かしら相手の状態がわかりたい時に知らせてくれるとか、リーディング中だとか、普段はその回線を切っていられるようになり、落ち着いたので、ほっとしています。

楽になったのは、人の状態を自分の体で感じるのを止め、ビジョンでその人の状態が見えるようになったことが大きいです。胸の辺りが暗く、胸が苦しそうな映像が見えて、相手が今傷ついていて苦しんでいるのがわかるのと、自分の胸が苦しくなり張り裂けそうになるのは全然別の事柄です。自分の胸が張り裂けそうな状態で人のオーラリーディングなど出来ませんし、客観的に何がその痛みの原因で、どうやったらそこから抜け出せるかのアドバイスも出来そうにありません。

体感から、ビジョンで見るようになったこと以外に、身体ワンネス型→身体直感型に移行したようにも思います。

身体的直感能力は、人の体に起きていることを外から感じ取る能力です。

赤ちゃんが泣いて、お腹が空いたのか、喉が渇いたのか、おしめなのか、眠いのかの区別がつくのは、この身体直感能力のせいのようです。

他にもいろんな興味深い能力について載っていますので、興味のある方は読んでみて下さい。

|

« クリスタル浄化 | トップページ | 双子 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。久しぶりのコメントです。
私も体で感じとってしまうタイプなので、読んでいて参考になりました。
私もビジョンで見ることができたらいいなと思うのですが、クレアボンスのスクールには行くことができません。
自分では、なかなか無理かもしれませんが、もしよかったら、透視能力をひらくコツみたいなものがあったら教えてくれませんか?

投稿: チロ | 2006年7月24日 (月) 20:08

チロさん

お久しぶりです。ブログは閉じられたのですか?
ある日、見にいったら、なくなっててビックリしました。

私は、全くビジョンで見えないタイプだったので、スクールでの13ヶ月は必要でした。映像が見えない、私には無理と思う気持ち&恐れを取り除き、見えないように思えても目の前にスクリーンを作り、何かの情報を映像で見るよう、スクールで練習したことですかね。スクールでは、実習が必須で、嫌でも出来なくても心の準備ができていなくても、お客様を目の前に皆で練習することになるので。当時は、実習嫌いでした~。(今、リーディングの仕事をしていますが、在校生中はそんな仕事をしようなどと考えたことは、一度だってありませんでした。)

映像で情報がくることを許可すること、見えなくてもリラックスして、何かの色や映像のぼんやりした輪郭でも見えないか、練習してみることですかね。(私の場合、元々向いていない分野だったので、実習が必須でなかったら、間違いなく練習しなかったと思います。)私は、オーラリーディングに興味があったわけでなく、人の影響を受けすぎて辛いのを治すために(※本文参照)スクールに通いました。

あとは、自分の普段の意見や思っていることを脇にどけ、何かぱっとわいてきた、直感をそのまま受け取るということでしょうか。

投稿: あまりん | 2006年7月25日 (火) 01:40

カウンセリングをやっていると、よく共感という言葉に出会います。
これは素晴らしいものだと思いますが、エンパシ-は少し違うものです。
僕自身過去にテレパスだという看護師と出会ったり、動物の気持ちがわかる女の子と出会ったので、その有用性はわかります。
最近やっと”自分”がわかったので言いますが、エンパシ-は相手と自分とのバウンダリ-がないという意味と違うということ。
透視能力も含め特殊能力は、自己と自我の区別が出来て、初めて身につくものなのです。
僕自身前世,既に能力者だったと言われ、かつてセラピストもしてきましたが、なまじ血筋があったのとアダルトチルドレンゆえの”思い込み”に気づかず、誤った人生を歩んでしまいました。
これからこの道へ進もうとする若い人には、ぜひ本物になっていただきたく、余計なお世話かもしれませんが、あえて苦言を言わせていただきました。

投稿: むむっちゃん | 2006年7月25日 (火) 03:09

むむっちゃんさん

コメントありがとうございます!いろんなご意見は大歓迎です。

カウンセリングのことについてはよくわかりませんが、カウンセリングなどで言われる共感と、ローズさんの言っているエンパシーは少し何かが違うような気がします。共感能力というのは嗅覚が優れている、身体能力が優れている人、人の考えていることが聞こえる人(テレパス)などと同様で、人のことが察知できる能力のことだと思います。

自分と相手の境界がないことによって、起こる問題とは別で、能力の1つのように思います。犬が嗅覚が優れているのと同様で、人の状態がわかってしまうのですね。

他人のことをわかろうとして共感するのでしたら、自分の思い込みやら問題もその人に投影してしまう可能性は大きいと思います。あえてわかろうとして外から努力するのではなく、なぜか人のことがわかってしまったり、感じられるという能力の1つであるだけですので、ちゃんと自分のものなのか、人のものなのか区別でき、必要のない時にスイッチをOFFにさえできれば、有効に活用もできますし、そんなに問題にはならないと思うのですが、どうでしょうか?

投稿: あまりん | 2006年7月25日 (火) 18:05

ご無沙汰してま~す(笑)
またまたシンクロってました♪
自分もこの本取ってちょっと読んで
その時は買わなかったんですが
いつか買って読もうって思ってたんです(笑)

自分もすぐに相手の感情と同じような気分に
同化してしまって、やばいやばいとバラを立てます(笑)
あまりんさんの言葉すごく勇気づけられます!
ありがとうございます!

投稿: focus | 2006年7月25日 (火) 21:54

focusさん

私も前にこの本を教えてもらい、店頭で見た時にいいなーと思ったのですが、しばらく買わなかったんです。(シンクロですね)

後、私もなかなか見えなかったので、focusさんも大丈夫ですよ♪

投稿: あまりん | 2006年7月25日 (火) 22:06

ぼくも この本、読みました。
ローズさんの エンパシー講座には、出ませんでしたが。オーラ・リーディング講座に参加しました。ローズさんは とっても 気さくで面白い方でしたよ。

投稿: らんじゃくび | 2006年7月26日 (水) 12:09

らんじゃくびさん

ローズさんのオーラリーディング講座はどうでしたか?マイミクさんで、エンパシーでオーラリーディングとか(?)の講座があるとかで行きたいと言っていた方がいらっしゃって、その時はローズさんのことを知らなかったので、大反対してしまいました!

私はエンパシーのお陰で、えらく苦労したので、そんなの使って、リーディングなんかしたら大変だー!てね。なんか私の想像したのとは、違うようだったので、マイミクさんには申し訳なかったです。実際はどんな講座でしたか?興味があります。

投稿: あまりん | 2006年7月26日 (水) 14:13

一言では言えませんが。その人の個性をひきだすような 指導でしょうか。こういう風に感じなさいということは おっしゃいませんでした。
実習していくうちにわかりましたが、例えば自分は、体に感じる感覚や ビジョンを通して 情報を受け取っているんだ~、ということがわかりました。他の人は また違う感じ方をしていたと思います。

投稿: らんじゃくび | 2006年7月26日 (水) 17:19

講座は面白そうですね!
らんじゃくびさんは、気の流れとか人のエネルギーを敏感に察知してますよね。そちらは、らんじゃくびさんから是非習いたいものです。
治療院が春日部市みたく遠くなければ、受けにいくのですが・・・。

投稿: あまりん | 2006年7月26日 (水) 18:04

ブログなんですが、以前のものと変わりました。
見に来てくれる方が少なかったので、いきなり新しいブログに引越ししてしまいました。
なにもお知らせしなくてごめんなさい。
今のURL書いたので、よかったらまた遊びに来てください!

投稿: チロ | 2006年7月26日 (水) 22:37

チロさん

ブログ、お引っ越しだったのですね。
よかった~。ずっといきなりやめたのだと思ってました。
遊びにいきます!

投稿: あまりん | 2006年7月26日 (水) 23:05

ひとつ皆さんに聞いていいですか?
透視やオ-ラのリ-ディングって、体の中のどの機能でするのでしょうか?
上記と第六感とか霊感との違いは?
例えばエンパシ-が、身体機能の一部が特別に進化した姿だとします。
だとしたら、そこには霊性や神が介在しないのでしょうか?
かつて僕は銀座にあるある大学で、こんな感じの内容を講義したことがありました。
サイトメトラ-とシャ-マンとの違い,そしてメカニズム。
病院で心療内科に勤務している人間が言うんです,それだけでも変。
余り長く言うのは、本意ではないので割愛しますが…。
少なくても僕が学んだ出雲大社の中では、すべて光もしくは神が関与しているという結論でした。
神とて未熟,だから寄り添う人間とともに成長していきます。

仮にその能力者が、”境界つくり”に長けているとします。勿論ON/OFFの切り替えは可能です。
僕は、背後にいる光もしくは神の使命や力量で感応する範囲が決まり、その範囲によっては、バウンダリ-維持に
苦しむだろうと思っています。(それで、ちょっと大げさに言ったのです。)
それは、生前の信仰感も影響しているのかもしれません。
TVで有名なE氏。彼は神道系ですから、リ-ディングしても混乱させるような第三者が介入しません。
もう一人。こちらは女性でS氏。彼女は六字明王ですから、相手は霊界です。
よっぽど修行しないと、相手に騙されます。
僕の知ってる範囲では、透視やサイコメトラ-関係の人は、天使が指導しているようです。
これだとリ-ディングしても混乱させるような第三者が介入しません。
ちなみに僕は典型的な巫子なので、神仏両方でした。
前世療法しようという時に、霊が憑依した人形が突然現れ、相手の頭をかく乱し大変でした。
分別できる能力があったとしても、関与する範囲が広がれば、ブレは大きくなります。
特にうちは祖母が霊能者だったとか、仏界系の神が守護しているという方へ。
※あまりん様
 良かれと思って書きましたが、本文の趣旨と異なっていたり、ひどく関係者を困惑させるような内容と思われる場合には、ただちに本文を削除してください。お願いします。 

投稿: むむっちゃん | 2006年7月28日 (金) 22:06

むむっちゃんさん

面白い質問(難しい質問?)して頂き、ありがとうございます。返事がとても長くなるので、次の記事に、私なりのお返事を書きますね。

投稿: あまりん | 2006年7月28日 (金) 23:23

いまさらのコメントでごめんなさい。
右のおきにいりの本の一覧で「エンパシー」という言葉が目に入り
気になって調べてみました。
私は、交流がほとんどないのにどういう人か分かったり
相手の気持ちなどがなぜか分かったりして
その事が自分のことながら不思議だったのですが
エンパシーという能力があることを知って納得できました。
でも、他人の感情を感じるというよりは
とても客観的にみている感じです。
なぜかわからないけど「わかる」という状態なのです。
これもエンパシーなのでしょうか?

投稿: papier | 2006年8月26日 (土) 01:39

papierさん

いえいえ。検索してくる方などは、最近の記事を見るとは限らないので、日付は関係ないので大丈夫です。
ローズさんの本によると、他にもエンパスには種類がいろいろあるようです。今手元にないので、正確な名称はわかりませんけど、papierさんは身体直感型とか、~~直感型エンパシーではないでしょうか?私は自分の体で感じるタイプで苦しみましたが、papierさんは(外から)その人の状態がわかる、直感タイプか透視タイプでは?

透視もエンパシーの中に入るんだったかしら?本棚のどこかにいってしまって、調べられないですけど、なぜか「わかる」というのは、直感タイプ型のエンパスの一種だと思います。映像でもみえるのでしたら、透視かな?

投稿: あまりん | 2006年8月26日 (土) 03:35

丁寧なご説明ありがとうございます。
映像でも見えることはありますが
それはリーディング中に深く掘り下げていった時がほとんどなので
そちらは透視ということになるのかもしれませんね。

ローズさんの本を読んでみたくなりました。
早速、本屋さんに行って探してこようと思います。
ありがとうございました。

投稿: papier | 2006年8月26日 (土) 12:30

papierさん

ローズさんの本、読んでみて下さい。
リーディングについても参考になりそうなことがいろいろ書いてます。

投稿: あまりん | 2006年8月30日 (水) 00:35

はじめまして!

エンパシーと言う言葉が目に止まりました。
わたしも先月あたりにこの本と出逢いました。
わたしの職場を退職された方がずっと雑誌を
購読されていたようなのですが、その方がいなくなってもずっと届いていたので気になって開封して読んでみると、ローズメゾットのことが載っていてエンパス能力について説明がありました。
読むと、わたしって間違いなくエンパスだって
自覚しました。本当にあまりんさんと同じ経験を
ずっとしてきました。辛かったです(笑)
で、この能力をコントロールするにはどうしたらいいのかって考えていたとき、探したわけでもなく本屋さんに並んでいるこの本をみつけて
即レジへ持って行きました(笑)
それから毎日エンパシーについて意識するようになったり、こういう風に同じ意識のある方と出逢ったり、何かに導かれているように思います。
わたしももっとスピリチュアルなことに
身を置く準備ができてきたのかなって思っています。
長々とどうもすみません。とても嬉しかったのでつい書き連ねてしまいました。

投稿: skysea | 2006年9月 1日 (金) 12:30

skyseaさん

私も1人で悩んでいる時は辛かったのですが、エネルギーに敏感な人、わかってくれる人、解決する方法を教えてくれた人(私の場合、レバナ先生でした)ができると安心しますよね。

ローズさんのことを知ったのは、辛くなくなって大丈夫になった後でしたけど、本を読んですごく納得でき、もっと安心しました。こういう人って沢山いるんだぁ~!

そしてこの記事を書いたことで、お仲間が出来たみたいで、嬉しいです!

投稿: あまりん | 2006年9月 4日 (月) 02:39

あまりん さん

あれから不調が続き、せっかく申し込んだ
1DAY も今の状態では無理という事で

泣く泣くキャンセルしました。

いろいろ教えて頂いたのにすいません。

投稿: KR | 2006年9月 6日 (水) 00:31

KRさん

私のほうは全然構いません。
レバナ先生の1DAYワークショップに参加できなくて、残念ですね。
でも体調などを整えるのが先でしょう。
準備が整ったら、またいつかうまいタイミングで参加できると思いますよ。

まずは、体調や精神状態の波を少し安定させてくださいね。

投稿: あまりん | 2006年9月 6日 (水) 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145765/11083722

この記事へのトラックバック一覧です: エンパシー :

« クリスタル浄化 | トップページ | 双子 »