« グラウンディング | トップページ | 白い蟹と第5チャクラ »

2005年11月27日 (日)

不思議の国、インド

私はインドに住んでいたことがあるのだが、そこでは日本での常識は全く通用しない。日本では有り得ない出来事が頻繁に起こる。

インドで住んでいたことがあると言うと、驚く人がいるけれど、ちゃんと選べばとても快適だ。最後に行ったのは2000年の年明けですが、そこで借りていたアパートは1ヶ月で2万円だった。シェアをしていて、共同のリビングにキッチン、あや(家政婦さん)付きでその値段でした。リビングは15畳位はあったし、個室の部屋もベッドが備わっていて、全室大理石の床だった。アパートの外にはウォッチマン(警備員)が24時間立っていて、掃除や洗濯もあやがやってくれるので、楽ちんです。インドでアパートを借りる時の注意事項を書いてみました。

  • インドでアパートを借りる時、新築のアパートを借りてはいけない。なぜなら、見た目はきれいなキッチンでも水道管がコンクリートで埋まっていたり、よく断水するアパートだったり、シャワーのお湯が出なかったり(冬以外は水で十分ですが)、ドアが開きにくい等いろんな不具合があるからだ。ちゃんと前に誰か住人がいて大丈夫そうなところ、設備が整っているところを借りたほうが無難だ。
  • 上記のような不具合があって、通訳を連れて(交渉する程、英語が喋れないので)大家さんに文句を言いに行った時のこと。いろいろ説明し、そこで、大家さんの言葉は・・・・・「No problem」だった。そこから問題だとか、問題じゃないとか訳の分からない口論が始まる。インドではそのような事はたいした問題ではないのだろうか?インドでの交渉は時間がかかるのと、忍耐が必要だということを覚えておいて欲しい。

インドでの物価は安い。その時の日本円のレートにもよるが、タクシーを1台チャーターして、4、5時間かかる空港まで行っても(日本人からすると)たいした金額ではない。随分昔のことなのでいくらだったか記憶にないが、そんなに高いと思わなかったので、1万円はかからなかったと思う。その値段なら1人でタクシーも良いかと思い、日本行きの飛行機に乗るため、タクシーで空港まで行ったことがあります。最初はなかなか快適と思っていたのだが、途中でポツポツ雨が降ってきた。雨でフロントガラスが曇ってきたので、運転手がワイパーを動かそうとしたのだが、何故か動かない。故障しているようだ・・・・・。インドで故障は付きものだ。どうするんだよ、と思って見ていたら、運転手はどこからか雑巾を取り出し、片手でハンドルを握り、もう片方の手で雑巾を握り窓の外に腕を出し、フロントのガラスを拭き始めたではないか。手、・・手・・・・・・手動ワイパーかよ!窓の外を見ると、カーブの道でガードレールもない。下は・・・・見るのも恐ろしいが何十メートルもある。ここから落ちたら確実に死ぬだろう。道には所々で事故の後の車が転がっている。前を向くと、運転手は特にあせった様子もなく平然としている。ガラスが曇ってくると、平気な顔をして片手で運転しながら(もう片方の)腕を窓の外に出し、2、3回拭いては腕を引っ込める。見事な手動ワイパーだ。こんなことなら飛行機か列車にすればよかったと思いながら、私の方は運転手がワイパーする度にドキドキしていた。だがいまさら乗り換えるわけにはいかない。このままこの恐いタクシーに乗って空港に行かないと、飛行機に乗り遅れるからだ。

結局、その時は無事空港に到着して飛行機に乗ることができた。一安心だ。日本では考えられないが、インド人は多少のことでは動揺しないのだろうか?道で時々生きているのか死んでいるのかわからないような人が転がっていることもある。

私がいろんな事に寛容になったのも、インドでのいろんな体験のせいかもしれない。  いろんな人がいるのだから、そのようなことでいちいち怒る必要はないとどこかで思うようになったのでしょうか。会社で変な人と言われている人がいても、私からすれば、全然普通レベルに思える。会社で突然カバンからコブラを出し始めて見てくれと言う人もいないし、変わっているといってもある程度の常識の範囲内で行動しているように思うからだ・・・・。

忍耐力をつけたい人今までと違う生活をしたい人時間の止まったかのような国で生きたい人下痢をしたい方カレーを毎日食べたい方自己主張できる(注)ようになりたい方価値観を変えたい人是非インドへ行ってください。ツアーでなく、個人旅行で・・・・。確実に目的は達成するはずです。

 (注)インドで日本人だとわかると10倍から20倍の値段でふっかけられます。インド人の言った値段でなく、必ず値切らなければなりません。日本にいる時のように周りに合わせていると、インドでは大変な目にあいます。値段、何かの交渉する時など、自分の意思をしっかりと伝える訓練ができます。

|

« グラウンディング | トップページ | 白い蟹と第5チャクラ »

インド・旅行・地域」カテゴリの記事

不思議なこと」カテゴリの記事

コメント

いいですねぇ~。この体験!
私も、スロベニアで「???」しか思い浮かばない事件が、
よくあります。(笑)
だからスピリチュアルになれたのかもねぇ。笑

Ai

投稿: Aiめぐみ | 2005年12月29日 (木) 02:53

Aiさんコメントありがとう!手動ワイパー事件の時はびっくりと恐いの両方でしたが、後で思い出す分には楽しい事件です。インドでの経験のお陰で自分の観念で人を判断しないようになってきたのかもしれません。いろんな人がいるので、自分の観念で勝手に人を判断しない練習が出来たのかも。スロベニア事件もいつか聞いてみたいです。(笑)
でも私がスピリチュアルの道に入ったきっかけはインドだったと思いますよぉー!

投稿: あまりん | 2005年12月29日 (木) 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145765/7349238

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議の国、インド:

« グラウンディング | トップページ | 白い蟹と第5チャクラ »