2018年1月 7日 (日)

内なる男性性と女性性のワークのモニターセミナー

2018年1月14日(日)、21日(日)、28日(日)  13:15~15:45 全3回(都内)で内なる男性性と女性性のワークのモニターセミナーを開催します。

人間は自分の内側に男性性と女性性の両方の部分を持っています。 この男性性と女性性のバランスをとることにより、日々の問題を改善して癒し、物事がスムーズに流れるようにしていくワークです。

自分らしさを発揮して表現・行動していくこと、目標に向かって進んでいくこと。
 人生を信頼してくつろぐこと、リラックスして受け取ること。
 自分の中の男性性と女性性のバランスをとり、統合していくことにより、自分の目標や課題に向かって楽に進めるようになっていきます。

内容の詳細

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年1月 6日 (土)

考えたことは現実化する

去年の秋から私は自分の内側の男性性と女性性のワークの癒しをやっています。

思い返してみると、その癒しのワークをやり始めた頃から、急に私が頭の中で考えてたことが急に現実に起こってしまったり、それと関連したことが起こるようになり、実のところ、去年の9月~12月は当惑していました。

強く考えてたこと、それを強く望んでいると思っていたこと。 確かに強く願ったり考えたりしてましたが、叶ってみるとそれは今ここで体験したいことではなかったり、現実に起こってしまうと困る部分があったりで、今後は自分の思考には注意しないといけないと反省しました。

実際に叶って欲しくないことは何度も考えると危険だということが判明しました。

秋から急に自分の考えたことが起こったり、それと関係したことが起こったりしたのは、その自分の内側の男性性と女性性のワークの癒しが順調にいっているせいだと思いました。

癒しが進むと現実化が段々速くなってくるので、今後は自分の言う言葉、考える内容には気をつけます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年1月 2日 (火)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!!

Siba_2


今年の年賀状で最もウケたのは、白戸次郎さん(白戸家のお父さん)からの年賀状でした。
まさか犬から年賀状が届くとは思ってもいませんでした。ソフトバンクさん、ナイスです!!

今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017年11月26日 (日)

自分の内側の女性と男性

長年インナーチャイルドの癒し、子供の頃の自分を癒してきましたが、どうしても癒し切れない何かが残りました。

最近は、自分の内側の女性と男性の癒しのワークをやっています。

それが私にはものすごく効果があるのですね!!

子供の頃の自分、インナーチャイルドとも関連はしているのですけど、そちら方面から癒すのはもう難しかったのが、内側の女性と男性に目を向けて、癒し始めたら、実際に起こる出来事、出会う人などが変化し始めました。

内側の女性と男性がコミュニケーションをして、お互いを受けとめ、満たされてくると、現実でも自分を受けとめてくれ、優しくしてくれる男性やら女性が現れるのです!!

なんとも不思議な話しですよね。

例えば、もしいつも自分に冷たくする男性ばかりと付き合ってしまうなら、不平不満・非難攻撃する女性ばかり周りにいるなら、それはあなたの内側の男性と女性がそうだからです。

実際に周りにいる人たちを変えることは難しいですけれど、自分の内側の男性と女性が変わっていけば、実際に現れる人も次第に変化していきます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

糸かけ曼荼羅

今月25日にMBF会で糸かけ曼荼羅をやります。

2017年11月25日(土) 13時半~16時半
最寄駅 勝どき駅(東京都中央区)
料金 5000円(税込、 事前振込み)、5500円(税込、当日払い)
(※材料費2千円込みのお値段です。) 
糸かけ曼荼羅を作成します。

Mbf17

曼荼羅は円とか輪という意味があります。
円や輪は私たちの周りに存在しています。
例えば台風、丸く渦を巻いて吹きます。
鳥の作る巣も丸です。
太陽が昇って、落ちていくのも輪を描いています。
地球も丸い、月も太陽も丸い。
自然界との結びつきがいかに大きいかを感じさせるものとして曼荼羅があるのではないでしょうか。
古くて、尊くて、近い存在なのだとういうことをとても感じます。
その曼荼羅を簡単に作っていくのが糸かけ曼荼羅です。
糸かけ曼荼羅は板版に釘を打ちその釘に規則正しく糸をかけて模様を作っていくものです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

無理せず、マイペースで

今日の1枚を観音力カードから引いてみました。

「14 胡蝶の夢」のカードでした。

1420170918_2

琴の音色は胡蝶のように舞う
飛天の心の響き。

弦は張りすぎるときれてしまい、弛めると音が出ません。
何事もほどほどが幸せの道。おかげさまの道。

寛容であって辛抱強いなら、愛されないはずがありません。
愛されるための寛容ではありませんが、あなたは慕われるでしょう。
無理する必要のない心には、人を休ませる力があります。

 観音力カードより

「弦は張りすぎるときれてしまい、弛めると音が出ません。」
その通りだな、と思いました。
頑張りすぎも、弛んでグッタリしすぎるのも、ちょうどよい状態ではないのですね。
もちろんたまには頑張りすぎたり、リラックスで脱力もよいと思いますが!!

» 続きを読む

| | コメント (4)

2017年8月16日 (水)

インナーチャイルドを癒すワーク

インナーチャイルドを癒すワークを開催します。

2017年9月7日(木)、14日(木)、28日(木) 10:15~12:45(都内)

Child2_2

相手や周りの人に合わせすぎて疲れたり、自分自身が嫌になったりすることはありませんか?
自信がない項目はありませんか?
今のパターンがどうして出来たのかを理解し、より楽に自然にいられるように、自分らしさを取り戻すワークをしていきます。

[check]限定3名までの少人数制で、それぞれの課題や問題に合わせてワークの内容を構成していきます。

» 続きを読む

| | コメント (3)

2017年7月 6日 (木)

天使の召喚

「次元と空間を突破する叡智を授ける」という本にゲリー・ボーネルさんとKanさんがコラボしたワークショップの内容が書かれてあります。

いろんな人からKanさんのことを聞く機会があり、一度Kanさんにお会いしたいと思っています。残念ながら、なかなかKanさんとお会いできる機会がないのですけれど・・・・。ゲリーとコラボのワークショップ。なんて素敵な企画でしょう!私もそのワークショップは出たかったなあ!!

その本の中に「天使と次元存在の召喚」の方法が書かれています。
天使と繋がり、助けてもらう方法です。

天使や高次元の存在達とわたしたちとの間に信頼の絆を結ぶ儀式の方法が載っているのですね。

儀式は意外にとてもシンプルな内容で、召喚するための言葉を唱えるだけです。

「これを33日間続けるなら、あなたの人生は本当に違ってきます。
 これに対して本当に自信が持てるようになったら、ほかの人にこの儀式をシェアしてもいいです。」

このように書かれています。

今日、初めてこの本に載っている「天使と次元存在の召喚」の方法をやってみました。
とてもパワフルなエネルギーを感じました。

天使と繋がりたい人は、試してみてはいかがでしょうか?

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月 5日 (水)

引き寄せの実験セミナー

豊かな人生を送るには?

なぜ望んでいることが叶わないのでしょうか?

宇宙はとても豊かです。

その源泉とつながり、豊かさを実現していったら楽しいと思いませんか?

皆さんと一緒に楽しくいくつかの引き寄せの実験をやっていきます。

2017年7月16日(日)、23日(日)、30(日)の全3回(都内)

★内容 3回分

☆引き寄せの法則の仕組み
☆振動、波動、エネルギーと引き寄せの関連性
☆あなたにとっての豊かさ、引き寄せたいことは?

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

引き寄せと障害物

引き寄せの法則、現実化、シークレットの本など皆さんも読んだことがありますか?

色々言われていますが、引き寄せや現実化の方法自体はとてもシンプルです。
もう既に起こったことのように振舞い、それを持っているかのようにリアルに感じるというものです。自分の現在の波動やエネルギーと同じものを自分の周りに引き寄せます。

なので、望んでいるものがまだ来ないとガッカリしたり、落ち込んだり、今持っていないことに注目すると、その持ってない状態を更に引き寄せてしまいます。

「〇〇が欲しい!!欲しい!」と強く考えているとそれを引き寄せるタイプの人も中にはいます。念が強い人とかは「欲しい」でも望んでいるものを引き寄せる人もいます。

でも顕在意識で「欲しい、欲しい」と考え、潜在意識では「今は持っていない」ことに注目していると、それがない状態を引き寄せてしまいます。なので難しいのですね。

望んでいることを叶える障害物というのは、現実に色々あると思います。私は望んでいるけど、旦那は望んでいないとか、妨害する人がいるとか、実際にお金がないので無理とか。

でも一番の妨害しているのは自分自身です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ありのままの自分を受け入れる